JK(じゃんけん)(おお)バクチ》 [編集]

JK大バクチ R 火文明 (6)
呪文
相手プレイヤーとジャンケンで勝敗を決める。自分が勝った場合、自分の山札を見る。バトルゾーンにある自分のクリーチャー1体につき、それと同じ名前のクリーチャーを1体、山札からバトルゾーンに出してもよい。その後、山札をシャッフルする。自分がジャンケンで負けた場合、自分のクリーチャーをすべて破壊する。

DM-36で登場した呪文
《JK神星シャバダバドゥー》から間を開けて久々の登場となる、ジャンケン効果を決めるカード

ジャンケンに勝利すれば、既にバトルゾーンに出ている自分のクリーチャーを1体ずつリクルートし、戦力を2倍に出来る。
しかし、ジャンケンで負けてしまうと、自分のクリーチャーがすべて破壊されてしまうという、まさに博打のような能力を持つ。

全滅に備えて、pigでクリーチャーをコスト踏み倒しできるようなカードと組めば、負けてもフィールドアドバンテージを失わずに済む。特に《霊翼の宝アルバトロス》や「次元院」サイクル(但し《次元院のディメンジョン・ホーン》を除く)とは相性が良い。
しかしリスクに対してリターンが大きいとは言えず、コンボを使うにしてもロマンの域を出ず安定性に欠けるため、長年単なるネタカードとして評価されていた。

だが《「拳」の頂 デシブコ・グーチーパ》の登場により評価が若干見直された。絶対にジャンケンに勝てるようになり、確実にリクルートできるようになったためである。
とは言え、超重量級のアタッカーである《グーチーパ》を立てるだけでも戦略としては十分機能する上に、《グーチーパ》のコスト軽減のギミックである【ゲイル・ヴェスパー】とはシナジーしないので、このカードを入れる事でファンデッキ寄りの構築になってしまう。

  • イラストに写っているのは《襲撃者エグゼドライブ》。賭博漫画「カイジ」のワンシーンにも類似しており、ジャンケンでグーを出しているのか、仲間のもとに生還を果たしたのか、崖を飛び越え仲間の元へ生還しようとしているのか、イラストから色々な推測ができる。

収録セット [編集]

参考 [編集]