S(エス)(きゅう)不死(ゾンビ) デッドゾーン》 [編集]

S級不死 デッドゾーン SR 闇文明 (6)
進化クリーチャー:ソニック・コマンド/S級侵略者 12000
進化−自分の闇のクリーチャー1体の上に置く。
S級侵略[不死]−闇のコマンド(自分の闇のコマンドが攻撃する時、自分の手札または墓地にあるこのクリーチャーをその上に重ねてもよい)
T・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、相手のクリーチャーを1体選ぶ。そのターン、そのクリーチャーのパワーを-9000する。

DMR-19で登場した進化ソニック・コマンド/S級侵略者

《轟く侵略 レッドゾーン》が「不死(ゾンビ)」のS級侵略の力により復活した姿。
種族は元となったレッドゾーンと同じくソニック・コマンドだが、文明になったことにより侵略条件がコマンドに変わっている。

になったため既存のソニック・コマンドを用いた侵略はできなくなったが、「不死(ゾンビ)」の力によって墓地からも侵略できるようになっており、墓地肥やしとの相性が良い。
通常の侵略と同じく手札からも侵略できるため、無理に墓地肥やしをせずとも侵略できるという選択肢の広さがS級侵略の魅力。
このクリーチャー破壊されても侵略源となる墓地に送られるだけなので、再侵略も容易。何度破壊されてもゾンビの如く蘇り、しぶとく戦い続けることができる。

cip能力は相手のクリーチャー1体のパワーを−9000するというもの。
《轟く侵略 レッドゾーン》と比べればアンタッチャブルや9000より大きいパワーを持つクリーチャーに対しては本家ほど有効打ではないものの、あちらと違い好きなクリーチャーを選べる。
また、エスケープ持ちや《光器パーフェクト・マドンナ》《超奇天烈 マスターG》等を破壊できるのがあちらにはない利点である。
パワー21000以内ならば殴り返しで倒せるため、半端なファッティならば簡単に薙ぎ倒せる。高パワーを活かしたバトルによって除去する方式のコスト踏み倒しメタにも耐性があり、《デスマッチ・ビートル》ならこのカード1枚分のパワー低下で貫通する。

さらにこのクリーチャーが複数枚墓地にあれば、重複して侵略することでパワー低下を複数回放てる。2枚重ねで出せばパワー低下だけで1万8000、バトルさせたらパワー3万をも打ち倒せるほどの範囲の広さである。また、《超次元ミカド・ホール》と組み合わせることで2万のパワー低下ができ、《豪遊!セイント・シャン・メリー》の破壊置換効果を無効化して破壊することが出来る。リンク解除後もパワー低下は引き継がれるため、場に残った残りの2体もまとめて破壊される。過去のパワー低下手段に比べ格段に手軽なため、【セイント・シャン・メリー】を使うプレイヤーは対策を考えておいた方が良いだろう。

このクリーチャー墓地にストックされているだけでコマンドがいつでも除去能力を持つT・ブレイカーに変貌するため、対処する場合は進化元となるコマンドを常に抑えておく必要があるだろう。

シンプルな効果スペックの高さ、そして墓地からのコスト踏み倒し故に、墓地肥やしを利用するコマンドデッキならばほとんどのデッキに入りうるポテンシャルを持つ強力なクリーチャー
S級侵略者の名に相応しい強さを持ち、汎用性の高さならば《轟く侵略 レッドゾーン》を超えたと言っても過言ではない。

環境において [編集]

効果判明当初、《轟く侵略 レッドゾーン》と異なり相手のパワーによっては除去できないこと、メインデッキに入るスピードアタッカー持ちの侵略元がこれと言って当時のカードプールに存在しないことから、初心者筋には低く評価する者もいた。だが、多くのプレイヤーは【青黒ハンデス超次元】【ドロマー超次元】のフィニッシャーとして注目。実際革命編環境ではそのように使われたが、それらのデッキが【レッドゾーン】に速度負けすることがしばしばであったことからこのカードを見くびるものも中には存在した。

革命ファイナル環境においては【赤黒ドギラゴン剣】に出張することがざらで、主に《蒼き団長 ドギラゴン剣》ファイナル革命によってバトルゾーンに出した《絶叫の悪魔龍 イーヴィル・ヒート》から侵略した。

革命ファイナル環境終期には【ドルマゲドンX】で活躍し、《絶叫の悪魔龍 イーヴィル・ヒート》から《復讐 ブラックサイコ》、このカードに侵略し、《Kの反逆 キル・ザ・ボロフ》に革命チェンジすることで多くのデッキの盤面や手札をしばしば壊滅させた。【緑単ループ】が当時の【ドルマゲドンX】のお客様になると聞けばこの組み合わせの凄さが分かるだろう。

新章デュエル・マスターズ以降は《異端流し オニカマス》に手を焼くようになったため、素出しで《FORBIDDEN STAR〜世界最後の日〜》の封印を外すためのクリーチャーとしての性質が強くなった。新章デュエル・マスターズ環境でトップメタであった【青黒ハンデス超次元】のフィニッシャーとしての印象が強く、当時の【青黒ハンデス超次元】は5マナが貯まったら《超次元リバイヴ・ホール》から走り出す中速ビートダウンの動きをしていた。侵略の天敵である《異端流し オニカマス》《学校男》《Dの博才 サイバーダイス・ベガス》Dスイッチからの《テック団の波壊Go!》でどうとでもなったのである。

双極篇環境のようなギリギリの打点で攻めるデッキが多い環境においては、コスト踏み倒しメタ存在下においてcip除去だけ使って退場しても悪い選択ではなく、禁断爆発によって《終焉の禁断 ドルマゲドンX》を用意すればあちらのT・ブレイカーで遅れを取り戻せる。

ところが超天篇環境になって流行した《超次元ガード・ホール》《龍罠 エスカルデン/マクスカルゴ・トラップ》《怒流牙 サイゾウミスト》などで長期戦を行うことを視野に入れた型の【白黒緑ドルマゲドン】ではこのカードを全抜きするケースが少なくなく、ここに来て侵略コスト踏み倒しメタに引っかかることが重く見られるようになった。通常の【黒緑ドルマゲドン】の方は超天篇環境でもトップメタであるが、こちらの採用枚数が2枚に抑えられることがざらで、サブ扱いになりつつある。

そしてDMBD-10《SSS級天災 デッドダムド》が登場すると立場が一変。侵略の開始点となるゾーンがより広く、封印外しでより器用に動けるあちらに立場を譲り、【青黒緑デッドダムド】でも仲間外れにされる結果となった。DMBD-10発売前は《SSS級天災 デッドダムド》の比較対象にされ、《SSS級天災 デッドダムド》が【超次元デッドゾーン】の強化パーツになるという声もあったが、ここに来てついに環境から死滅してしまった。素出ししやすく《異端流し オニカマス》に強いという旨味も、マッハファイター全盛で対処が容易になったDMBD-09DMBD-10期環境では活かしづらい。

その他 [編集]

  • 《ZEROの侵略 ブラックアウト》を複数体並べるなどして侵略元が余っており、さらにこのカードよりパワーの大きい相手のタップしたクリーチャーがある場合は、そのクリーチャーへのチャンプアタックと墓地からの侵略を繰り返すことで相手の盤面を枯らせるのが1つの手である。

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]


公式Q&A

Q.《希望のジョー星》がバトルゾーンにあると、《S級不死 デッドゾーン》は「侵略」や進化をすることができなくなりますか?
A.はい、バトルゾーンにある闇のコマンドや闇のクリーチャーは文明を失っているので、それに「侵略」や進化をすることはできません。
引用元