T・T・T(ザ・トリプル・スリー) [編集]

T・T・T R 光/水/火文明 (3)
呪文
次のうちいずれか1つを選ぶ。
▶相手のクリーチャーを3体まで選んでタップする。
▶カードを3枚引く。
▶このターン、次に召喚する自分のクリーチャーのコストを最大3少なくする。ただし、コストは0以下にはならない。このターン、そのクリーチャーに「スピードアタッカー」を与える。(「スピードアタッカー」を持つクリーチャーは召喚酔いしない)

DMRP-18で登場した//呪文

3コストの軽さにして、3体タップ、3ドロー、擬似《キリモミ・ヤマアラシ》効果、この3つの内から1つをモードで選べる。

序盤は手札補充ハンドアドバンテージ、中盤からはタップキルフィールドアドバンテージで優位の状態を作り、相手が序盤からビートダウンを仕掛けて来るなら擬似《キリモミ・ヤマアラシ》効果で殴り返しによる反撃ができるなど、コントロールで必要とされる能力が一式揃っていると言える。

ドローによって2枚目以降を引いて持て余しがちになるというドロースペルのジレンマも克服していると言える。

3色かつ色事故防止に優れる自然が含まれていないため、3ターン目に手打ちで唱えるのは難しいが、《ナゾの光・リリアング》《ミラクル1 ドレミ24》踏み倒しできる範囲内のため、デッキビルディングしだいでは手打ちしにくいことはネックになりにくい。

《禁時混成王 ドキンダンテXXII》《Dの博才 サイバーダイス・ベガス》など、相手のターンに唱えることで、3体タップによって相手のアタッカーの足止めができ、防御札としても機能する[1]

登場時の環境を考えると、【5色コントロール】の新戦力として期待できるか。《フェアリー・ミラクル》とのシナジーは当然のこと、手札に抱えた選択肢の数が強さに直結する《ナウ・オア・ネバー》とも相性が良い。劣化《キリモミ・ヤマアラシ》効果も《メガ・マナロック・ドラゴン》アタックトリガーシナジーする。

環境において [編集]

DMRP-18期時点では、【5色コントロール】にピン差しされているケースが散見される。

DMEX-16期に《真邪連結 バウ・M・ロマイオン》などを採用した【白青赤天門】が確立すると、そのパーツとして出世を果たした。ドローが必要ない時にタップ効果を使って《真邪連結 バウ・M・ロマイオン》アタックトリガーの的を作るという使い方もある。

DMBD-16DMBD-17期には【白青赤鬼羅.Star】のパーツとしても流行。

性質について [編集]

他のカード・デッキとの相性 [編集]

その他 [編集]

  • 一度に3つの「S」と名付けられた効果が発動する《S・S・S》とは対照的。
  • 白青赤の呪文だが、イラストには「混成」の特徴であるモザイクではなく、白黒緑である「接続」の特徴であるネジが描かれている。
  • 英単語で書くと《The Triple Three》になり、ちゃんと頭文字でTTTになっている。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]


[1] 同段で収録されている《禁時混成王 ドキンダンテXXII》は色が同じである点でも相性がよく、恐らくデザイナーズコンボだろう
[2] 攻撃ステップコスト軽減を適応して召喚できるのはキリフダッシュのみ。また《モモモスモモモ・ダッシュ》ならチーム切札限定かつSA化なしだが5軽減できる。