TOKKO(トッコー)-BOON(ブーン)!》 [編集]

TOKKO-BOON! R 火文明 (2)
呪文
GR召喚する。このターン、そのGRクリーチャーに「スピードアタッカー」を与える。このターン、そのクリーチャーが攻撃する時、攻撃の後、それを破壊する。(GR召喚:自分の超GRの上から1枚目を、コストを支払ったものとして召喚する)
(「スピードアタッカー」を持つクリーチャーは召喚酔いしない)

DMRP-09で登場した呪文

GR召喚し、そのクリーチャーに、自壊のデメリットと引き換えにスピードアタッカーを与える。

GR召喚なので性能はランダム性が強いが、おおむね《“破舞”チュリス》と同等かそれ以上の性能となる。
デメリットこそあるものの、コスト2で無条件のスピードアタッカーは貴重。
デメリットを気にせず使うか、革命チェンジなどでデメリットを回避したい。

もっとも、自壊攻撃する時に発生するためこの呪文効果GR召喚したGRクリーチャー破壊したくないならあえて攻撃しないという方法もある。

なお、《煌銀河 サヴァクティス》が出た場合、2ターン目にして《時の法皇 ミラダンテXII》《百族の長 プチョヘンザ》などに革命チェンジができてしまう。もちろん、ランダム要素が強いので、狙って行おうとする者は少ない。

あくまで自壊のデメリットは攻撃の後なので、《The ジョギラゴン・アバレガン》《天ニ煌メク龍終ノ裁キ》とのセットで使っても1回目の攻撃で《The ジョギラゴン・アバレガン》が自壊してしまい2度目以降の攻撃ができなくなるため、2ターンキルはまずできない。

環境において [編集]

登場当初は「コストパフォーマンスは良いが環境デッキとのシナジーがない」という点が重くあまり環境で見かけなかったが、DMBD-09DMBD-10期に【赤単ブランド】における実質的な今引きスピードアタッカーとして2枚差されるようになった。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]


公式Q&A

Q.GR召喚したクリーチャーで攻撃しなかった場合どうなりますか?
A.そのままバトルゾーンに残ります。
引用元