The() パーコー(メン) [編集]

The パーコー漢 C 自然文明 (2)
クリーチャー:ジョーカーズ 4000

DMRP-18で登場した自然ジョーカーズ

恒例のシリーズであり、能力を持たないバニラクリーチャー

【漢ジョーカーズ】に入れるならもっとスペックの高いクリーチャーが優先される。同コストにパワーこそ1000低いがキリフダッシュを持つ《The ブレー漢ズ》が居るのも痛い。

このカードが登場する前からすでに《出前百丁 チャル名人》4枚とクリーチャー36枚でメインデッキを埋め尽くすことが出来るようになっているため、わざわざ《出前百丁 チャル名人》デッキで使う意味はない。
強いて言えばクリーチャーでかつ、自然の色を増やしたい場合での採用か。

  • 名前の由来である「パーコー麺(排骨麺)」とは、中華風ポークリブであるパーコー(排骨)を載せた醤油ラーメンのこと。沖縄のソーキそばがイメージに近い。
  • フレーバーテキストの「The コー漢」と「The パー漢」の元ネタは「林家ペー・パー子」。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DMRP-18
    エンドオブランドで時間の概念が消し飛ばされて滅亡の未来が写真のように固定されてしまった!これは、ドキンダンテを倒しても元に戻せないのでは……!! — The コー漢
    そんなことより、揚げた豚肉と麺とのハーモニー!これを味わわずして真のラーメン好きは名乗れませんわ!! ハッハー!! — The パー漢

収録セット [編集]

参考 [編集]