Treasure cruise(七福神の宝船巡り) [編集]

Treasure cruise P 火文明 (5)
クリーチャー:ドリームメイト 1000
As you put this creature into the battle zone,you may put this creature on top of your head and say."shichifukujin is coming!" If you do,let it fall from your head into the battle zone,and when it lands,put all your opponet's cards in the battle zone that this creature is touching into his graveyard.
(このクリーチャーがバトルゾーンに出る時、それを頭の上に乗せて「七福神のお出ましだ!」と言ってもよい。そうしたら、頭の上のこのクリーチャーをバトルゾーンに振り落とし、それに触れている相手のクリーチャーをすべて持ち主の墓地に置く。)

2016年の新年を記念して2015年の年末にデュエル・マスターズの関係者限定で配布され、後にDMX-22で一般販売されたドリームメイト

いわゆるジョークカードの一種である。

もし真面目にこのカードが存在する環境を考えるなら、全てのクリーチャーカード一枚の対角線の長さより広く離してプレイすることが望ましい。

あるいはジョークカードとしての側面に目を向けるなら、触れたカードの下にあるカードは直接触れてはいない事を利用して、どうしても破壊されたくないカードを別のカードで守ってしまうのもいいかもしれない。

破壊するのはクリーチャーのみであるため、重ねる際の上の方にはクロスギアドラグハート・ウエポンドラグハート・フォートレスあたりが使いやすいだろう。特にジャンボカードは強力に働く。

  • 前作・前々作と異なり、左下部に書かれていた「このカードは公式大会では使えません。」の一文が削除されている。後に一般販売もされたため、各地のチャンピオンシップ主催者の頭を悩ますこととなった。主催者権限で使用禁止になるのもやむを得ない能力であるため、大会に参加する際はよくルールを確認しておきたい。
  • カード名の元ネタはMagic:The Gatheringに存在する《宝船の巡航/Treasure Cruise》及び《Shichifukujin Dragon》、能力は同《Chaos Orb》、能力内の台詞は《Infernal Spawn of Evil》が元ネタだろう。それぞれが非常にユニークな逸話や能力を持つカード達である。
  • このカードコンセプトとしたデッキ同士の対戦動画がタカラトミー公式チャンネルにて公開されている。デッドマンによる詳しい使い方や裁定に関する説明もあるので、興味のあるプレイヤーは目を通しておくと良いだろう。
    なお、デッドマン曰く「1時間くらい(頭から落とす)練習した」とのことだったが、動画では全て不発に終わっている
    • 動画では使用宣言後にクリーチャーを卓上で自由に動かしていいと言及されているが、事務局確認によると、使用宣言後にクリーチャーを動かしてはならないと全く正反対の裁定が出されている。どちらに準ずるべきかは各大会のヘッドジャッジの判断に委ねられる。
  • ちなみにこのクリーチャーがcipで「上にカードを置くことができない」能力を持つ《スペリオル・シルキード》の上に乗ってしまった場合、《シルキード》の能力が適応され、このカードは触れていないものとして扱われる。当然破壊することもできないため、《シルキード》はこのクリーチャーの能力に対して事実上の耐性を持つことになる。

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]


公式Q&A

Q.《ボルシャック・ドギラゴン》の「革命0トリガー」で《Treasure cruise》が表向きになった時、《Treasure cruise》が持つ「このクリーチャーがバトルゾーンに出る時」の能力は、《ボルシャック・ドギラゴン》に進化してから処理しますか?
A.いいえ、まず、「このクリーチャーがバトルゾーンに出る時」の能力を処理します。その後、《ボルシャック・ドギラゴン》に進化します。
引用元