U・S・A・BRELLA(ウサブレラ) [編集]

U・S・A・BRELLA UC 火文明 (3)
クリーチャー:ビートジョッキー/チームボンバー 4000
相手のコスト4以下のクリーチャーが、手札以外のどこからでもバトルゾーンに出る時、相手はかわりにそのクリーチャーを墓地に置く。
コスト4以下の呪文の効果によって、相手がクリーチャーを選ぶ時、このクリーチャーは選べない。

DMRP-13で登場したビートジョッキー/チームボンバー

相手のコスト4以下のクリーチャー手札以外のゾーンからバトルゾーンに出る時に着地置換効果として墓地送りにする能力と、コスト4以下の呪文効果で選ばれないアンタッチャブル能力を持つ。

手札以外なので、山札シールドマナゾーン墓地はもちろんのこと、超次元ゾーン超GRゾーンから出るクリーチャーも対象になる。
コスト4以下のクリーチャーの着地(cipの誘発)すら許さないのは、GRクリーチャー、特にマナドライブへのメタを意識したのだろう。
墓地召喚マナ召喚できるクリーチャーも増えてきたため、それらのメタとしても強力。

着地置換効果は相手だけに及ぶという点が重要。自分のバトルゾーンに《U・S・A・BRELLA》がいたとしてもGRクリーチャー等が使えなくなるのは相手だけで、自分は問題なくGR召喚などができる。
また《父なる大地》で相手のマナゾーンからコスト4以下のクリーチャーを選べば、擬似的な破壊になる。

しかし、手札に関しては一切ノータッチなので、ニンジャ・ストライク侵略革命チェンジなどの使用は許してしまう。

コスト4以下の呪文に対するアンタッチャブルは、《知識と流転と時空の決断》《ドンドン吸い込むナウ》などに強いため、役に立つ機会は多いだろう。
しかも、パワーもコスト3に対して4000と標準レベルより上のため、上述のアンタッチャブルも併せて耐性はそこそこ高い。

軽量ビートジョッキーなので【“B-我”ライザ】にもうってつけ。一呼吸置いてこれを出して次のターンから1ショットキルを始動すると安定して動くことができる。

  • 超天篇のテーマだった、GRクリーチャーオーラを主軸としたデッキに刺さる。中でも致命的なのが【黒単ド・ラガンザーク】に代表されるオーラデッキだろう。GRクリーチャーがバトルゾーンに出せなければオーラも使えない。そのため相手の《U・S・A・BRELLA》がいる状態で、自分のGRクリーチャーがいなければ、対処が困難になる。そのため、こうしたデッキタイプが環境から激減することが予想される。
    • ただし、このカードの場合、自分のGRクリーチャーをすべてコスト5以上にする事で対策は可能である。これから、オーラデッキのためのコスト5以上のGRクリーチャーが新たに登場する可能性もあるため、将来性が失われたわけではない。
  • 除去耐性や相手を一方的に行動制限する特性から、自分も相手も《U・S・A・BRELLA》を使っている場合には、いかに相手より早くこのカードを引くかということが重要になる。

ルール [編集]

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DMRP-13
    デモニオの王、ジャオウガと言ったか……奴に迂闊な攻撃を仕掛けるなウサ。鬼タイムとやら、まだまだ底が知れぬウサ。まぁ、どんな攻撃が雨あられと来ても我が傘があれば問題ないウサ。 ― U・S・A・BRELLA

収録セット [編集]

参考 [編集]