U・S・A・ONE(ウサワン) [編集]

U・S・A・ONE UC 火文明 (4)
クリーチャー:ビートジョッキー/チームボンバー 3000
自分の手札が1枚以下でなければ、このクリーチャーは攻撃できない。
<マジボンバー>7(このクリーチャーが攻撃する時、自分の山札の上から1枚目を見る。その後、コスト7以下のクリーチャーを1体、自分の手札または山札の上から、バトルゾーンに出してもよい)

DMRP-14で登場したビートジョッキー/チームボンバー

手札が1枚以下の時しか攻撃できないが、マジボンバー7という、自身のコストを考えれば破格と呼べるコスト踏み倒しを行うことができる。

マジボンバーとはいえ、攻撃できる条件を踏まえると「その手札1枚」か「山札の上から1枚目」からしか踏み倒せないことになる。

単色の展開系のビートジョッキーということで【“B-我”ライザ】の強化パーツとして期待できる1枚。《龍星装者 “B-我”ライザ》本体が引けなくとも、先置きしてサブフィニッシャーの《“罰怒”ブランド》を投げて総攻撃を仕掛けるのに使ってもいい。

コスと4であり《ヘブンズ・フォース》での踏み倒し範囲内なので【赤白GR】にも良さそうである。重量級メタクリーチャーを搭載したこれまでにない型を開拓できそうである。

こちら自身《生命と大地と轟破の決断》で呼び出せる上に《BUNBUN・ヴァイカー》本体がマジボンバーの範囲内なので【BUNBUN・ヴァイカー】にも適している。手札が切れるとフルスペックを発揮するこのカードの性質とマナのリソースさえあれば手札が1枚も無くとも機能する《生命と大地と轟破の決断》シナジーを発揮する。

  • ダイヤモンド状態とは好相性。能力を無視して相手プレイヤーを攻撃できるようになるため、2枚以上手札がある状態でもコスト7以下のクリーチャーを踏み倒しできる。火と光の組み合わせはチームボンバーの色とも合致している。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]