U・S・A・PORISU(ウサポリス) [編集]

U・S・A・PORISU C 光/火文明 (3)
クリーチャー:ビートジョッキー/チームボンバー 2000
<マジボンバー>2(このクリーチャーが攻撃する時、自分の山札の上から1枚目を見る。その後、コスト2以下のクリーチャーを1体、自分の手札または山札の上から、バトルゾーンに出してもよい)
ウルトラ・セイバー:光または火のクリーチャー(自分の光または火のクリーチャーがバトルゾーンを離れる時、かわりにこのクリーチャーを破壊してもよい)

DMEX-11にて登場した/ビートジョッキー/チームボンバー

マジボンバー2とウルトラ・セイバーを併せ持つ。
味方クリーチャーと合わせて突撃する際は真っ先に攻撃してマジボンバーを発動し、相手の除去呪文から後続のクリーチャーを守るといった使い方になるだろう。

しかし、極力生き残ってガシガシ攻撃していきたいマジボンバーと、犠牲を踏まえての使用になるウルトラ・セイバーの利用目的はあまり噛み合ってない。

コストのマジボンバーにはもう少し範囲の広い《U・S・A・ELEKI》がいるので、どちらかと言うとウルトラ・セイバーを目的とした採用になるか。

踏み倒し範囲の割に重いため、もし【赤白GR】で使うなら《ヘブンズ・フォース》《GOOOSOKU・ザボンバ》で踏み倒すことが前提になるだろう。

《蒼き団長 ドギラゴン剣》とは抜群の相性。ファイナル革命によりこのクリーチャーを場に出せ、マジボンバーにより打点を追加出来る上、ウルトラ・セイバー《蒼き団長 ドギラゴン剣》を守ることで後続のスピードアタッカーを消される心配もなくなる。

《龍装の調べ 初不/ホーリー・スパーク》を搭載したタッチ構築の【“B-我”ライザ】にも悪くない。不正メタからそちらを守るのにも使える上に、生き残れば攻撃しながら展開できる。召喚酔いによるタイムラグもデッキ上消しやすい。

  • 名前は警察の英単語「ポリス」から来ていると思われるが、英語で「POLICE」ではなくローマ字で「PORISU」である。

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]