Volzeos(ヴォルゼオス)-()Balamord(バラモルド) [編集]

Volzeos-Balamord KGM 光/水/闇/火/自然文明 (9)
キング・クリーチャー:ディスペクター/ニュー・ワールド・ドラゴン 555555
自分の手札またはマナゾーンに3種のキング・セル《新世界王の権威》《新世界王の思想》《新世界王の闘気》が揃っていれば、合体させ、コストを支払ってこのキング・クリーチャーを召喚してもよい。
エクストラEXライフ(このクリーチャーを出す時、自分の山札の上から2枚をシールド化する。このクリーチャーが離れる時、かわりにそのシールドのうち1つを墓地に置く)
スピードアタッカー
ワールド・ブレイカー
このクリーチャーは、出たターンの間、ブロックされない。
このクリーチャーが攻撃する時、相手は自身の手札をすべて捨てる。
自分が「G・ストライク」を使った時、自分の山札の上から1枚目をマナゾーンに置き、相手のクリーチャーを1体選んでタップしてもよい。
合体前⇒《新世界王の権威》《新世界王の思想》《新世界王の闘気》

DMRP-20で登場した////自然/のキングディスペクター/ニュー・ワールド・ドラゴン

《新世界王の権威》《新世界王の思想》《新世界王の闘気》の3枚が手札マナゾーンに全て揃っている場合、その3枚を《Volzeos-Balamord》として召喚することができる。

合体後と合体前でカードタイプカード名が異なるにもかかわらず両面カードではない。そのため各キング・セルと《Volzeos-Baramord》のスペックテキストが全て同一の面に書かれている。

9マナ555555という圧倒的なパワーとワールド・ブレイカー、出たターンの間アンブロッカブル化、攻撃時のオールハンデス、G・ストライク補助に加え、エクストラEXライフによる強大な除去耐性を持つ。

《終焉の禁断 ドルマゲドンX》に匹敵する超巨大パワーを相手のシールドブレイクに集中させている事が特徴的。ワールド・ブレイカーアンブロッカブルが噛み合い、突破力は極めて高い。また、全体除去やロックを持たないとはいえ、攻撃時のオールハンデスは《百鬼の邪王門》などを潰せるので非常に有効。
これらの能力が合わさる事で、さながら《死神明王 XENOM》《神青輝 P・サファイア》の様に相手を追い詰めていける。

次にG・ストライク補助についてだが、このクリーチャーを構成するパーツはいずれもG・ストライクを持っているので効果を活かしやすい。エクストラEXライフによってブレイクされる為のシールドが用意されているので、発動機会にも優れる。

最後にこのクリーチャーは5色クリーチャーでありながら、マナゾーンでは3色カードとして扱われるので、遠慮なくデッキに複数枚積める。しかし、素のスペックはマナゾーンに置きやすいG・ストライクでしか無い為、入れすぎはデッキの回転速度低下を招く恐れがあるので注意。

  • マナゾーンにあるカードを使う場合は、マナコストの支払いが完了してからどこでもないゾーンに移る(601.1c)ため、マナゾーンにある《新世界王の権威》などをマナコストに充ててもよい。

裁定不明 [編集]

  • 「G・ストライク」による補助効果は、「自分の山札の上から1枚目をマナゾーンに置き」の部分は強制で後半が任意なのか。それとも「自分の山札の上から1枚目をマナゾーンに置き、相手のクリーチャーを1体選んでタップ」が任意なのか。
  • 《とこしえの超人》がいる状態で、手札から出した物が1枚、マナゾーンから出した物が2枚で召喚する場合はそれら3枚がまとめてマナゾーンに置かれるか?それとも2枚だけマナゾーンに戻り、残り1枚は手札に戻るか、もしくは墓地に置かれるか?

背景ストーリー [編集]

  • 原初の世界の支配者であった五龍神、《炎龍神ヴォルジャアク》《天龍神アークゼオス》《地龍神バラフィオル》《黒龍神モルナルク》《海龍神クリス》が《龍魂珠》によって合体させられた「最悪のディスペクター」。
    • ヴォルジャアクをベースにクリスドの首が右肩に縫い付けられ、バラフィオルの首が左肩にビス止めされているのに加えてアジの開きのようになった状態で境目がジッパーで繋がれたモルナルクが背面でモザイク状に繋がり、両手に持つ剣にはアークゼオスの両半身が放電で繋がっている。
      原初の世界の支配者を、さらにそれら全てを合体させるためかこれまでのディスペクターに使用されていた合体方法が全て使われている。

関連カード [編集]

背景ストーリーのラスボス [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]