【オカルトアンダケイン】 [編集]

《不敵怪人アンダケイン》《煉獄の悪魔龍 フォーエバー・オカルト》を使って、《フォール・クロウラー》《追憶人形ラビリピト》を使い回し、相手のマナと手札を枯らしながら、相手のライブラリアウトを狙うデッキタイプ。青黒が中心の構築となる。その発祥は2020年8月頃とされる。

煉獄の悪魔龍 フォーエバー・オカルト R 闇文明 (8)
クリーチャー:デーモン・コマンド・ドラゴン 9000
コストを支払うかわりに自分のクリーチャーを3体破壊して、このクリーチャーを召喚してもよい。
このクリーチャーが攻撃する時、クリーチャーを1体、自分の墓地から手札に戻す。
W・ブレイカー
不敵怪人アンダケイン R 闇文明 (6)
クリーチャー:デビルマスク/不死樹王国 6000
W・ブレイカー(このクリーチャーはシールドを2つブレイクする)
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、コスト4以下のクリーチャーを1体、自分の墓地からバトルゾーンに出す。
<フシギバース>[闇(8)](自分のクリーチャーを1体タップしてマナゾーンに置き、[闇(8)]からそのクリーチャーのコストを引いた数のコストを支払って、このクリーチャーを自分の墓地から召喚してもよい。ただし、コストは[闇(1)]より少なくならない)
腐敗勇騎ドルマークス R 闇/火文明 (4)
クリーチャー:ヒューマノイド/ゴースト 4000
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分のクリーチャー1体を破壊し、カードを1枚自分のマナゾーンから墓地に置く。その後、相手は自身のクリーチャーを1体破壊し、自身のマナゾーンからカードを1枚選んで墓地に置く。
※殿堂入り
フォール・クロウラー R 水文明 (4)
クリーチャー:アースイーター 2000
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、カードを1枚、自分のマナゾーンから手札に戻す。その後、相手もカードを1枚、自分自身のマナゾーンから手札に戻す。
O・ドライブ 闇×2(このクリーチャーを召喚する時、自分のマナゾーンで闇のカードをさらに2枚タップしてもよい。そうした場合、次のOD能力を得る。)
OD−このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、文明を1つ選ぶ。その後、相手の手札を見て、その中から選んだ文明のカードを1枚選び、捨てさせる。
追憶人形ラビリピト UC 闇文明 (4)
クリーチャー:デスパペット 2000
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、相手の手札を1枚見ないで選び、捨てさせる。
自分のターン中に、コスト8以上のクリーチャーを召喚した時またはコスト8以上の呪文を唱えた時、相手は自身の手札をすべて捨てる。

主要カード [編集]

《煉獄の悪魔龍 フォーエバー・オカルト》自分のクリーチャー3体を代替コストにして召喚。《アンダケイン》使い回しの核
《不敵怪人アンダケイン》cipコスト4以下をリアニメイトできるフシギバース
《腐敗勇騎ドルマークス》毎ターンループで相手のマナを枯らし続ける
《フォール・クロウラー》
《シュトラ》
《追憶人形ラビリピト》《フォーエバー・オカルト》や《オブザ08号》を出せば全ハンデス
《滅亡の起源 零無》/《零龍》フィニッシャー。《墓地の儀》のパワー低下や《手札の儀》のGR召喚で相手の妨害も

候補カード [編集]

《戦略のD・H アツト》手札交換墓地肥やしができるクリーチャー
《【問2】ノロン⤴》
《戯具 ドゥゲンダ》
《一なる部隊 イワシン》墓地に落ちればタダで手札交換
《暗黒鎧 ダースシスK》バトルゾーンクリーチャー1体、手札山札の上のカード1枚を代替コストにして召喚
《百万超邪 クロスファイア》《アンダケイン》のとして使い、SA獣としても有用
《盗掘人形モールス》G・ゼロ持ちのコスト5。cip墓地回収
《天災 デドダム》《アンダケイン》でリアニメイトし、手札・墓地・マナを一度に増やす
《龍装鬼 オブザ08号/終焉の開闢》墓地のクリーチャーの数を参照するコスト軽減かつcipでのパワー低下、呪文面で墓地肥やし
《暗黒鎧 ザロスト》シールド焼却で自力でリアニメイト。早期に《復活の儀》を達成させて墓地を肥やす。
《大魔王 ウラギリダムス》墓地のクリーチャーの数を参照するシンパシー。クリーチャー除去ライブラリアウト防止
《蛇手の親分ゴエモンキー!》フシギバース元にした《ダースシスK》や《クロスファイア》、《オカルト》などをマナゾーンから再利用する。

概要 [編集]

構築とプレイ難易度がかなり高い。

基本的にフルパワータイプのデッキで、S・トリガーのような防御札は一切入れない。

最速の動きは以下の通り

  1. 2ターン目に《戦略のD・H アツト》などを出して手札交換。
  2. 3ターン目には、余裕があれば《天災 デドダム》を出して、闇マナを置きながら手札墓地を整える。余裕がなければ、普通に《戦略のD・H アツト》などを召喚。
  3. 《百万超邪 クロスファイア》に、《不敵怪人アンダケイン》フシギバースで召喚し、《追憶人形ラビリピト》リアニメイト
  4. 《戦略のD・H アツト》《天災 デドダム》《不敵怪人アンダケイン》をコストに《煉獄の悪魔龍 フォーエバー・オカルト》を出して《追憶人形ラビリピト》の効果で全ハンデス

この様に最速3ターンで全ハンデスが決まる。実際のゲームでここまで上手く行くのは稀だが、4ターン目には全ハンデスが決まる場合が多い。そこからは《フォール・クロウラー》《零龍》を使い決めに行く。

  1. 上記の流れを行った際、《煉獄の悪魔龍 フォーエバー・オカルト》《破壊の儀》を、《追憶人形ラビリピト》《手札の儀》を、《不敵怪人アンダケイン》《復活の儀》を達成できる。《墓地の儀》は自然と満たせるので、零龍卍誕する。
  2. 《煉獄の悪魔龍 フォーエバー・オカルト》を種に《不敵怪人アンダケイン》を出し、《フォール・クロウラー》リアニメイト
  3. 《フォール・クロウラー》でランデスしながら、マナに行った《煉獄の悪魔龍 フォーエバー・オカルト》を回収
  4. 《零龍》《不敵怪人アンダケイン》《フォール・クロウラー》をコストに《煉獄の悪魔龍 フォーエバー・オカルト》を出す

結果、1マナで1枚ランデスしていくループとなる。後は何らかのデッキ回復手段を取ったあと、相手のデッキ切れを待つだけでいい。そこまでせずとも、マナ0手札0にした状態で、毎ターン1枚づつシールドを割るだけでも十分勝てるだろう。

前身とも言える【アンダケインドルマークス】と比較すると、最速で《ドルマークス》を出してランデスする事を主軸とした彼方に対し、を採用し、デッキに《フォーエバー・オカルト》などの高コストカードを多く採用することで安定性とコントロール性を高めている。また《アンダケイン》と《ドルマークス》のループは1回で2マナ消費するのに対し、《オカルト》と《フォール・クロウラー》のループは1回に1マナしか消費せず、要求されるカード数こそ多いもののループの効率では勝る。

長所 [編集]

最速3ターンで決まるオールハンデスと継続的かつ回数の多いランデスが脅威そのものであり、余程の事がない限り決まれば相手に何もさせず勝利可能。
またオールハンデスとランデスは順序を選ぶ事もでき、デッキによって刺さりの良い妨害で対応できる。

墓地に必要なパーツは基本《不敵怪人アンダケイン》《フォール・クロウラー》or《追憶人形ラビリピト》程度と非常に少なく、半端な墓地リセットでは止められない。手札に溜まっても《戦略のD・H アツト》等で簡単に墓地へ落とせる。
《不敵怪人アンダケイン》の落ちた枚数によっては【アンダケインドルマークス】も可能。

このデッキの強みは上記以外にも《不敵怪人アンダケイン》とその効果で復活させたクリーチャーで攻撃する、《暗黒鎧 ダースシスK》《百万超邪 クロスファイア》速攻を仕掛ける、《零龍》で攻撃するなど、様々な勝ちパターンがある点。また、メタクリーチャーを出されても《墓地の儀》《龍装鬼 オブザ08号》でデッキを回すついでの様に除去できるのでメタも効きにくい。これらが効かない《DG-パルテノン 〜龍の創り出される地〜》などを使われても、今度は《零龍》で殴るなどのプランを取れば良い。

山札回復手段は敗北回避である《大魔王 ウラギリダムス》なため長期戦にも強く、《墓地の儀》達成後も積極的に墓地を肥やしても問題ない。

《天災 デドダム》は基本的に《煉獄の悪魔龍 フォーエバー・オカルト》を場に出した上で初めて機能するカードであり、それでいて《フォール・クロウラー》の方を《不敵怪人アンダケイン》でリアニメイトするケースが多いため、必須ではない。

短所 [編集]

完璧ともいえるロックを形成する反面、前述の通りフルパワーのデッキ。キーとなるカードが多く、デッキ内すべてがキーカードと呼んでも良い位で、そのためそれぞれのカードの枚数の配分にかなり気を使う。

序盤から大量に墓地を肥やすため山札消費が激しく、山札を浪費しないタイプの相手にはデッキ切れを待つ戦法が通用しにくい。
その場合は必然的に並べたクリーチャーで殴り勝つ戦法へ追い込まれ、その際のカウンターによって巻き返されてしまう危険性が付き纏う。

オールハンデスを乱発する関係上、マッドネスの大量発動にも弱い。特に次弾装填できる提督サイクルや、墓地へは行くものの手札だけでなくマナも回復してくる《リュウセイ・ジ・アース》は天敵とも言える。

継続的なハンデスもランデスも基本的にリアニメイトありき。そのためリアニメイト戦術そのものを禁止する《封鎖の誓い 玄渦》&《墓標の封じ 遥典》は非常に危険。
またテンポを崩される事にも弱く、コンボ始動直前に《煉獄の悪魔龍 フォーエバー・オカルト》を手札から落とされると大ダメージである。
(それが《パクリオ》《密かで華麗なるカイタイ》等の盾送り系ならば尚更。)

デッキ単位で危険なのは【零龍ギャスカ】【ドギラゴン閃】系列。どちらも早すぎる速度は勿論の事、【零龍ギャスカ】はマナと手札を両方枯らしても《暗黒鎧 ザロスト》2体以上復活→《ステニャンコ》+《卍∞ ジ・エンデザーク ∞卍》or《偽りの名 ドレッド・ブラッド》と繋がれるとマナも手札も一切使わずに零龍卍誕から一気に潰されてしまう。
というか手札に関しては相手の方から積極的に捨てていくためオールハンデスも単なる利敵行為にしかならない。
【ドギラゴン閃】は先攻3ターン目に《“龍装”チュリス》から革命チェンジでドギラゴンに繋げられるとそのままワンショットキル一直線である。チェンジ先が《蒼き団長 ドギラゴン剣》なら最早負け確定。
頼りの《暗黒鎧 ザロスト》すらも《ボルシャック・サイバーエクス》で除去されておしまいである。

環境において [編集]

2020年9月時点からチャンピオンシップでの優勝報告が上がっていた。

当時環境トップだった【連ドラグナー】相手にもそれなりに高い勝率を保てるほどの強力なデッキであったが、デッキ構築とプレイングの難易度が高いこと、S・トリガーを初めとする防御札も一切入らないことから【速攻】に滅法弱いという先入観もあったのか、なかなか使用率が伸びなかった。

ただ徐々にではあるがその強さが認知され、使用するプレイヤーの習熟度も上がっていった。さらに構築やプレイング論も練り込まれた上で広まっていった。

2020年12月18日の殿堂レギュレーション改訂で、《ヘブンズ・フォース》を失って【連ドラグナー】が弱体化したことで、いよいよ環境トップになった。

対策方法 [編集]

《追憶人形ラビリピト》の全ハンデスが決まる最速3ターンまでに打てる対策を考える必要がある。
この最速3ターン目の全ハンデスを後攻で封じるためには、2コストのメタカードを使う必要がある。

しかし、残念ながら現時点では2コストはおろか、3コストでも決定打となるメタカードは発見されていない。

コスト踏み倒しメタ《不敵怪人アンダケイン》《暗黒鎧 ダースシスK》等を封じてメインの動きは止められるが、《煉獄の悪魔龍 フォーエバー・オカルト》には効かない為オールハンデスは遅らすだけに留まり、《零龍》で殴るプランも止められない。
墓地利用メタも効くが、前述の通り墓地をリセットしても1、2ターンで立て直しされることも。

更にメタクリーチャーを除去する手段も複数有している為、本気で対策しようと思えば複数の種類のメタカードを駆使して戦うか、その前にビートダウンでこちらが先にダイレクトアタックを決めるかが主な対策になる。

幸い【オカルトアンダケイン】はブロッカー《暗黒鎧 ザロスト》以外は防御札が積まれていない場合が多いので、S・トリガーなどで返される心配が少なく、純粋に物量で押し切れる可能性は高い。

《奇石 ミクセル》《制御の翼 オリオティス》 [編集]

多くのプレイヤーが真っ先に思い浮かべるであろうメタ。序盤は、召喚による踏み倒しも防げるため、《暗黒鎧 ダースシスK》《暗黒鎧 ザロスト》などの踏み倒し系は粗方防げる。《墓地の儀》で簡単に破壊されるが、それに至るまで相手は多くのリソースを山札の下に沈められる。しかし、《戦略のD・H アツト》などの通常の召喚は防げず、墓地肥やしも許してしまう上に、3ターン目に《天災 デドダム》マナブーストされると、4ターン目には《暗黒鎧 ザロスト》《暗黒鎧 ダースシスK》がメタの範囲外になるため、そこからクリーチャーを3体以上並べられて、《追憶人形ラビリピト》を普通に召喚され、代替コスト《煉獄の悪魔龍 フォーエバー・オカルト》を召喚されて全ハンデスを食らってしまうことも。《煉獄の悪魔龍 フォーエバー・オカルト》は山札の下に送られるが、全ハンデスを受けてからではもう遅い。そのため、運が悪ければ、最悪1ターン限りの延命手段にしかならない可能性がある。

《異端流し オニカマス》 [編集]

召喚でない踏み倒しに反応するメタ。アンタッチャブルなため、《墓地の儀》でも《龍装鬼 オブザ08号》でも破壊されないのもポイント。しかし、バウンスしてしまうことと召喚による踏み倒しに対処できないことが難点で、《暗黒鎧 ダースシスK》《煉獄の悪魔龍 フォーエバー・オカルト》《不敵怪人アンダケイン》《百万超邪 クロスファイア》とデッキの起点になるカードを軒並み無効にできないのが難点。《追憶人形ラビリピト》の蘇生を防げるのは救いといえる。ただし、手札消費の激しい《暗黒鎧 ダースシスK》代替コストによる召喚を助長し、墓地のリソース確保にも貢献しかねない。運が悪ければ1ターン稼ぎにもならないこともある上に、1ターン稼げても相手は大量のリソースの確保されてしまう。

使うのであれば、入りの3ターンキルを狙うデッキが望ましい。

《DG-パルテノン 〜龍の創り出される地〜》 [編集]

同一ターンに4体以上のクリーチャーの展開を防ぐメタ。こちらも1ターン稼ぎにしかならず、4ターン目には《追憶人形ラビリピト》の全ハンデスを決められてしまうが、《フォール・クロウラー》ランデスが毎ターン1回しか行えなくなるため、デッキの構築しだいでは反撃の隙を作ることは十分できる。さらに何と言っても、【オカルトアンダケイン】はカード指定除去を持たないため、どかされる心配がない。これらの点からビッグマナにおける対策として重宝されやすい。

《リツイーギョ #桜 #満開》 [編集]

同一ターンに3体以上のクリーチャーの展開を防ぐメタ。《DG-パルテノン 〜龍の創り出される地〜》より1体多く牽制できるより強力なロック。しかし、3体目以降のクリーチャーの着地が防げるが、召喚までは防げない。《煉獄の悪魔龍 フォーエバー・オカルト》の召喚時に《リツイーギョ》の置換効果でバトルゾーンに出なくても、《追憶人形ラビリピト》がバトルゾーンに出ていれば全ハンデスされるため、結局《零龍》零龍卍誕して《リツイーギョ》は破壊されてしまうため、これも最悪1ターン稼ぎにしかならない。

《デスマッチ・ビートル》 [編集]

高いパワーを誇る踏み倒しメタ。2コスト帯のメタカードの中ではこのデッキに対して最も強力といっても過言ではない。《墓地の儀》のパワーライン外なのはもちろんのこと、《龍装鬼 オブザ08号》パワー低下で倒すのもなかなか難しい。《暗黒鎧 ダースシスK》《煉獄の悪魔龍 フォーエバー・オカルト》《百万超邪 クロスファイア》とデッキの起点になるカードをことごとく除去できる。もちろん墓地が溜まってくれば《龍装鬼 オブザ08号》パワー低下で倒される点には注意が必要だが、それでも安定して2、3ターンは遅延できるだろう。しかし、《破壊の儀》の手助けをしてしまうことには注意したい。

《封鎖の誓い 玄渦》《墓標の封じ 遥典/六奇怪の三 〜意志を持つ水〜》 [編集]

リアニメイトが防げるため、《不敵怪人アンダケイン》フシギバース《暗黒鎧 ダースシスK》《暗黒鎧 ザロスト》の踏み倒しが防げる上に、パワー3500なので《墓地の儀》の効果で破壊されない。ただし、墓地リセット系統のカードも使えない点は注意が必要。

《絶対の畏れ 防鎧》 [編集]

3コストの中では、最強の【オカルトアンダケイン】メタと言っていい。《墓地の儀》で破壊されないパワーラインで、《追憶人形ラビリピト》のハンデスも利かず、それによって《手札の儀》の効果も防ぎ、さらに《奇石 ミクセル》同様のメタ能力を持っているため、間に合えば相手の動きをかなり封じることができる。

《超次元エクストラ・ホール》 [編集]

相手の墓地をリセットした上で、《その先の未来へ、カミヤ・ミキ・ユア・ナルハ》を出して、《煉獄の悪魔龍 フォーエバー・オカルト》代替コストになる《戦略のD・H アツト》《天災 デドダム》などを狩りに行けるため、これ1枚でかなり高い確率で《追憶人形ラビリピト》の全ハンデスを2ターンも遅らせる。3コストではあるが、呪文なので、2ターン目に《ナゾの光・リリアング》《♪銀河の裁きに勝てるもの無し》で唱えたり、《予言者クルト》《アストラル・リーフ》から《ミラクル1 ドレミ24》革命チェンジしたりするなどで2ターン目から唱えられる。

《ポクチンちん》 [編集]

墓地利用と召喚による踏み倒しも防げる優秀なカード。《墓地の儀》で破壊されるがその《墓地の儀》そのものを妨害できる。さすがにオールハンデスにはノータッチ。

《洗脳センノー》 [編集]

このデッキは召喚による踏み倒しが多いが、唯一《不敵怪人アンダケイン》cipによる《追憶人形ラビリピト》《フォール・クロウラー》の踏み倒しを防げる。《墓地の儀》のパワーラインにも引っかからない。

《滅亡の起源 零無》/《零龍》 [編集]

こちらも《零龍》を用意しておくと、デッキ構築次第では対抗策となる。主にディスカードなどで墓地肥やしを行えるカードで対抗。《ラビリピト》の全ハンデスを受けても、《煉獄の悪魔龍 フォーエバー・オカルト》をトリガーに《破壊の儀》墓地回収を行う事で、相手の《手札の儀》を妨害できる。そのため、相手が完全な制圧をするには+1ターン必要になってくる。また、オカルトアンダケイン側の零龍卍誕された際、返しのターンでこちらも零龍卍誕できる可能性が高い。状況次第で逆転は十分見込める。

《ゼーロJr.&ゲンムエンペラー》 [編集]

《零龍》へのメタカード。単体で採用しても、全ハンデス+零龍卍誕された場合、ムゲンクライムできず、今引きに掛けるしかなくなるので、《零龍》とセットでの採用が望ましい。全ハンデス+零龍卍誕された際、返しのターンこちらも《手札の儀》を満たして零龍卍誕し、次のターンに《手札の儀》でだしたGRクリーチャー《零龍》をコストにこのクリーチャームゲンクライムすれば勝利となる。つまり相手の零龍卍誕をほぼ封じ込めることができる。零龍卍誕せずとも戦えるデッキではあるものの相当厳しくなるのは間違いない。最大の利点は手札にこのカードがあるだけでいいのでメタにリソースを割かなくて済む点である。最大の弱点は汎用性が低い点である。

《お清めトラップ》《お清めシャラップ》 [編集]

相手の墓地リセットにより1ターン稼ぎつつマナブーストができる。マナブーストにより自分の動きを1ターン早めると考えれば、2ターン分の遅延と同じ働きができる。

参考 [編集]