【ターボドルバロム】 [編集]

自然マナブーストから素早く《悪魔神ドルバロム》召喚することを主眼に置いたデッキ。デッキ自体は転生編には既に成立していた。
DMD-33にて《悪魔神バロム・クエイク》《大地と悪魔の神域》が登場したことにより、アーキタイプとしての地位を確立した。

悪魔神ドルバロム SR 闇文明 (10)
進化クリーチャー:デーモン・コマンド 13000
進化-自分のデーモン・コマンド1体の上に置く。
T・ブレイカー
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、闇以外のクリーチャーをすべて破壊する。その後、各プレイヤーは闇以外のカードをすべて、自分自身のマナゾーンから持ち主の墓地に置く。
悪魔神バロム・クエイク P 闇/自然文明 (10)
進化クリーチャー:デーモン・コマンド 13000
マナ進化:デーモン・コマンドを1体自分のマナゾーンから選び、このクリーチャーをその上に重ねつつバトルゾーンに出す。
T・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、デーモン・コマンド以外のクリーチャーをすべて破壊する。
相手のクリーチャーがコストを支払わずにバトルゾーンに出る時、相手はそのクリーチャーをバトルゾーンに置くかわりに自身のマナゾーンに置く。
大地と悪魔の神域 P 闇/自然文明 (10)
呪文
バトルゾーンにある自分のクリーチャーをすべて、マナゾーンに置く。その後、進化ではないデーモン・コマンドと進化デーモン・コマンドを1体ずつ、自分のマナゾーンからバトルゾーンに出す。

各種バロムを出すために、多くのマナを貯める必要があるため、闇と自然を基本カラーに水を混ぜた青黒緑、もしくは更にタッチで光を加えた4色で組まれる場合が多い。

このデッキの特徴 [編集]

《テック団の波壊Go!》《怒流牙 サイゾウミスト》といった豊富な防御カードで時間を稼ぎつつ、《獅子王の遺跡》《ドンドン水撒くナウ》といったカードでマナを貯めて、大型の進化クリーチャーを召喚し盤面を制圧していくデッキ。

対戦相手に合わせて

といった具合にメタカードを選択できるため対応力が高く、バロムの共通能力として登場時に一部の種族文明を除いたバトルゾーンクリーチャーを一掃できるため、クリーチャーを横に並べるデッキには強く出られる点が魅力。

逆にこちらは《「謎」の頂 Z-ファイル》《不死の墓守 シヴァンリンネ》で幾らでも横並びが可能。
圧倒的フィールドアドバンテージによる理不尽を相手に押し付けて、潰す。
メディアでのフィーチャーもあり、使ってみると実に痛快な動きができる。

主要カード [編集]

《悪魔神ドルバロム》コンセプトカード
《悪魔神バロム・クエイク》準コンセプト
《幻緑の双月/母なる星域》手札からマナブースト/マナゾーンから進化を出す。
《大地と悪魔の神域》10マナ払えば何もないところからでも《ドルバロム》を用意可能
《キングダム・オウ禍武斗/轟破天九十九語》《悪魔神バロム・クエイク》踏み倒しメタ効果で一方的に展開できる。サブフィニッシャーとしても優秀。

闇の候補カード [編集]

《悪魔龍 ダークマスターズ》cipで3枚ピーピングハンデス進化元にも
《深淵の悪魔龍 バセオアビス》味方を1体破壊すれば敵全体に3000のパワー低下
《邪霊神官バーロウ》バロム専用のコスト踏み倒しカード。《大地と悪魔の神域》でバロムクエイクと一緒に出せばバロムが二体並ぶ
《威牙の幻ハンゾウ》パワー−6000を放つシノビニンジャ・ストライクで出せるコマンド持ちなのでドルマゲドンの組み合わせで禁断爆発を相手ターンに行える。
《死神明王ガブリエル・XENOM》アタックトリガー墓地肥やし確定除去サルベージ
《悪魔神デスモナーク》pigデーモン・コマンドを一斉リアニメイト
《悪魔神グレイトフル・デッド》cipで大量サルベージ
《魔刻の斬将オルゼキア/訪れる魔の時刻》cipで2体除去呪文では墓地回収
《マッド・デーモン閣下/デーモン・ハンド》サルベージ付きデーモン・コマンド確定除去S・トリガー呪文
《裏切りの魔狼月下城》多色マナ武装で3ハンデスに変貌
《秩序の意志》破壊耐性持ちに対するメタカード。S・バックを持つので防御にも。
《不死の墓守 シヴァンリンネ》《母なる星域》《大地と悪魔の神域》でマナに送り、進化デーモン・コマンド降臨と同時に小型を一斉にリアニメイト

自然の候補カード [編集]

水の候補カード [編集]

《Dの博才 サイバーダイス・ベガス》水のコスト7以下の呪文を踏み倒してカウンター。置きドローにもなる
《超次元ガロウズ・ホール》運用性抜群の超次元呪文
《ドンドン吸い込むナウ》万能サーチ、汎用除去
《ドンドン吹雪くナウ》
《謎帥の艦隊》多色マナ武装で3体バウンス

多色の候補カード [編集]

《天災 デドダム》マナブースト墓地肥やし手札補充を一枚でこなすクリーチャー。デーモン・コマンドではない点に注意。
《悪魔妖精ベラドンナ》自身破壊でマナブーストハンデスを選べるクリーチャー。
《ダーク・ライフ》山札を見て、二枚の中からマナブースト。このカード自体が多色であり、かつ選択できるため《獅子王の遺跡》のマナ武装達成を助ける。
《フェアリー・シャワー》キャントリップ付きマナブースト
《ドンドン水撒くナウ》マナブーストバウンスとマナゾーンからクリーチャー回収と一枚で三役をこなす。S・トリガー付きで防御にも
《飛散する斧 プロメテウス》マナブーストマナ回収
《月の死神ベル・ヘル・デ・スカル》マナゾーン墓地からカードを手札に。S・トリガー付きのデーモン・コマンド
《水晶邪龍 デスティニア》多色マナ武装で手札補充に加えて不確定だがコスト踏み倒しができるクリーチャー。自身がデーモン・コマンド・ドラゴンであるためバロムが選ばれれば、そのまま進化できる。
《偽りの悪魔神王 デス・マリッジ》呪文封じとランデスができる進化クリーチャー。バロムクエイクと並べることで単騎ラフルルとなる
《闇鎧亜クイーン・アルカディアス》進化元の広さと軽さが魅力の呪文メタ。デーモン・コマンドではない点に注意
《怒流牙 サイゾウミスト》ニンジャ・ストライク7でダイレクトアタックを防ぐ手段になる
《テック団の波壊Go!》強力な全体除去。禁断メタ
《FORBIDDEN STAR〜世界最後の日〜》コスト5以上の闇コマンド召喚で封印を外せる最終禁断フィールド。各種バロムで禁断爆発した際はトリガー能力による破壊に巻き込まれるので注意。

無色の候補カード [編集]

《「謎」の頂 Z-ファイル》10マナと重いが、召喚時に大量リアニメイト
《「修羅」の頂 VAN・ベートーベン》バロムの対象にならないクリーチャー対策。エターナル・Ωで全体破壊に巻き込んでトリガー能力の使いまわしも可能。

超次元関係の候補カード [編集]

《超次元リバイヴ・ホール》サルベージ+闇のサイキックを扱う
《超次元ガード・ホール》シールド送りによる除去、またシールド増強+コマンド持ちサイキック・クリーチャーを出す。各種バロムは対象にできないので場を一掃した後に使ってもよい。
《時空の悪魔龍 ディアボロス ZZ》バロムとの相性抜群のデーモン・コマンド・ドラゴン
《時空の凶兵ブラック・ガンヴィート》cipタップされたクリーチャー破壊するデーモン・コマンド
《激天下!シャチホコ・カイザー》《ジャスミン》や《デドダム》を使い回せる

デッキ構築について [編集]

  • 展開補助
    代表的な利点と欠点を下記に挙げる。それぞれ特性が異なるので他のカードとの相性を考えて投入する。
    投入枚数は2〜4枚程度で、複数種類入れてもよい。

《大地と悪魔の神域》 [編集]

利点
バトルゾーン進化元がなくてもバロムを出せる。
・クリーチャーの組み合わせで柔軟な対応ができる。
 →《月の死神ベル・ヘル・デ・スカル》で回収することで次ターンに再度唱える《悪魔龍 ダークマスターズ》で除去呪文をハンデスしながらバロムを出すといった、組み合わせによって様々なプランがとれる。
・闇を含む多色カードのため《悪魔神ドルバロム》の影響を受けず、多色マナ武装に貢献できる。
欠点
・呪文であるため、やや回収しづらい。
・手札に複数枚入ると腐ってしまう。
多色カードのため、マナブースト時はタップイン。そのため自身の動きを阻害する可能性がある。

《キングダム・オウ禍武斗/轟破天九十九語》 [編集]

利点
・一度に複数の大型クリーチャーを展開できる。
 →出すクリーチャーの内容によっては1ショットキルを決めることもできる。
cip効果による全体除去はできないが《悪魔神バロム・クエイク》コスト踏み倒しメタ効果によって、相手はクリーチャーを出せないためバトルゾーンへ一方的にクリーチャーを展開ができる。
ツインパクトカードのためクリーチャーとしても扱われるため回収が容易。
 →デッキに1〜2枚程度入れるだけで済むため、デッキを圧迫しにくい
クリーチャー面も強力でゲームエンドに持っていける。
欠点
自然単色のカードのため、《悪魔神ドルバロム》の影響を受ける。
・マナにあからじめ《バロムクエイク》を用意していないと相手にもクリーチャーを展開されてしまう。
クリーチャー面も呪文面も高コストのため、序盤に来ると腐る。

《幻緑の双月/母なる星域》 [編集]

利点
コストが「3」という圧倒的な軽さ。
 →マナが足りない状態でも《獅子王の遺跡》などのマナブーストを経て、強引に出すことが可能。
クリーチャー面でマナブーストを行えるため初動もこなせる。
ツインパクトカードのためクリーチャーとしても扱われるため回収が容易。
・実質9マナで各種バロムが出せる。
《悪魔神バロム・クエイク》が持つマナ進化との相性が非常に良い。
 →マナに送るクリーチャーだけで済むというのは大きなメリット。下記の欠点も減らせる。
欠点
自然単色のカードのため、《悪魔神ドルバロム》の影響を受ける。
・進化元と効果でマナゾーンに送るクリーチャーの2体を予めバトルゾーンに用意する必要がある。

このデッキの弱点 [編集]

ビッグマナ系デッキ共通の弱点として展開の速いループデッキや特殊勝利デッキは天敵。
比較的グッドスタッフ性が高いデッキなので、環境に合わせてメタカードを積むとよい。

《零龍》をはじめとする破壊に対して耐性のあるクリーチャーを主軸とするデッキも苦手。
その場合は封印したり、プリン効果を与えたりして対処しよう。

が入っているデッキに対しては《悪魔神ドルバロム》が決定打になりにくい。相手のスレイヤーが睨んでいるせいで殴りにいけなかったり、S・トリガー除去されたところで残ったマナから逆転されることもある。
その場合は、高い防御力を活かしてライブラリアウトを狙う。

環境において [編集]

登場当初の転生編環境ではフィニッシャーとして《無双竜機ボルバルザーク》《ボルメテウス・サファイア・ドラゴン》が強力であり、当時は《母なる星域》などなかった状況で【ターボドルバロム】が活躍することはなかった。《サファイア》は不死鳥編環境まで暴れ、その後は《聖鎧亜キング・アルカディアス》極神編環境神化編環境に至るまでコントロールのフィニッシャーとして立場を保っていた。

DM-33で《母なる星域》を獲得するが、その後も超次元ゼニスドラグハートなど運用性やカードパワーの総和で言って《ドルバロム》より大きく優れるカードが増えた。特に革命編以降は環境の高速化によって侵略革命チェンジなどを主軸とするビートダウンのような無理対面が増えた。

DMR-22発売直前のチャンピオンシップでようやく4位入賞を果たしており、ここまで来るのにデッキ成立から11年を要した。

ところが多色マナ武装カードの登場によるグッドスタッフ性の向上、《Dの博才 サイバーダイス・ベガス》《怒流牙 サイゾウミスト》などの獲得によるカウンター性能の増強、《悪魔神バロム・クエイク》という準コンセプトの獲得などからDMRP-04裁期からチャンピオンシップ上位入賞が何件か報告されるなど環境でもそこそこ戦える地雷として存在感を示した。

2018年3月1日に《裏切りの魔狼月下城》《超次元ガロウズ・ホール》殿堂入りしたため、それまでのような活躍を見せることは難しくなった。それでも、程無くして登場した《傀儡将ボルギーズ/ジェニコの知らない世界》などの存在からリペアには成功。

その他 [編集]

参考 [編集]