【ダイヤモンド・カスケード】 [編集]

《ダイヤモンド・カスケード》専用デッキタッチで組まれる。DMEX-12で多くの強化パーツを得たことでソリティアからのエクストラウィンを狙う型が強化された。

ダイヤモンド・カスケード C 自然文明 (5)
進化クリーチャー:スノーフェアリー 5000
マナ進化−自然のクリーチャーを1体自分のマナゾーンから選び、このクリーチャーをその上に重ねつつバトルゾーンに出す。
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、スノーフェアリーをすべて、自分のマナゾーンから手札に戻してもよい。そうした場合、スノーフェアリーをすべて、自分の墓地からマナゾーンに置く。

主要カード [編集]

候補カード [編集]

フィニッシャー [編集]

超GRゾーン [編集]

このデッキの回し方 [編集]

一例としては以下の通りである。

2ターン目に2コスト初動でマナブーストし、3ターン目に《恋愛妖精アジサイ》を立てる。4ターン目に《フィーバー・ナッツ》をバトルゾーンに出し、5ターン目にソリティアを始動。余裕があれば4ターン目までに《虹色妖精ポミリン》《薫風妖精コートニー》を召喚して構わない。

ソリティアの仕方は以下の通りである。
《応援妖精エール》《フィーバー・ナッツ》による1コスト軽減の1マナで出すことによってアンタップマナを1枚増やし、2コストマナブーストスノーフェアリーをやはり1マナで出すことでアンタップマナを減らさないようにする。適宜《ハイドロ・コミューン》で味方をバウンスしてcipの発動と召喚による《アジサイ》でのドローの繰り返しに繋げる。

十分手札が貯まったら《エンドレス・フローズン・カーニバル》で相手を牽制し、頃合いを見て《ダイヤモンド・カスケード》でマナ回収する。《エンドレス・フローズン・カーニバル》代替コスト捨てたスノーフェアリーは《ダイヤモンド・カスケード》でマナゾーンに置けるので無駄がない。

最後に並んだクリーチャーを活かして《BAKUOOON・ミッツァイル》《無限銀河ジ・エンド・オブ・ユニバース》でフィニッシュする。

長所 [編集]

2コスト初動を豊富に取り揃えているのでデッキの再現性が高い。

通常のコスト踏み倒しをほとんど使わないのでコスト踏み倒しメタにも強い。

短所 [編集]

ソリティアに繋げるのにまず《恋愛妖精アジサイ》が絶対不可欠なので、そちらが手札に来ない展開は最悪のパターンの1つ。

《恋愛妖精アジサイ》が出る前にハンデスで落とされるパターンも負けパターンの1つ。特に、相手が先攻を取って3ターン目に《解罪 ジェ霊ニー》などでピーピングハンデスしてくると負けに等しい。

どれだけ理想的な動きをしても1ターンは少なくとも除去を受け付けるタイミングが存在するため、除去の豊富なデッキにも弱い。

参考 [編集]