【トラブルネイチャー】 [編集]

《生命と大地と轟破の決断》によるコンボ始動、《革命類 ネロティウス》による展開、マナブースト《困惑の影トラブル・アルケミスト》による大量マナ回収によりソリティアを行うデッキ。

困惑の影トラブル・アルケミスト R 闇文明 (2)
クリーチャー:ゴースト 3000
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分のマナゾーンにあるカードをすべて自分の手札に戻す。
生命と大地と轟破の決断 SR 自然文明 (5)
呪文
この呪文を自分のマナゾーンから唱えてもよい。そうしたら、唱えた後、墓地に置くかわりに自分の山札の一番下に置く。
次の中から2回選ぶ。(同じものを選んでもよい)
►自分の山札の上から1枚目を、タップしてマナゾーンに置く。
►コスト5以下のクリーチャーを1体、自分のマナゾーンからバトルゾーンに出す。
►このターン、自分のクリーチャー1体はパワー+3000され、タップまたはアンタップしているクリーチャーを攻撃できる。
革命類 ネロティウス VR 自然文明 (5)
クリーチャー:ジュラシック・コマンド・ドラゴン/革命軍 5000
革命2―このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分のシールドが2つ以下なら、自分の山札の上から5枚を表向きにする。その中の進化ではないコスト3以下のクリーチャーをすべてバトルゾーンに出し、その後、残りをタップしてマナゾーンに置く。

主要カード [編集]

候補カード [編集]

このデッキの回し方 [編集]

一例としては以下の通りである。

1ターン目に《トレジャー・マップ》を唱えてサーチ。2ターン目に《桜風妖精ステップル》《再生妖精スズラン》を召喚。3ターン目にG・ゼロ《妖精の裏技ラララ・ライフ》を唱え、《逆転のオーロラ》を続けて唱え、マナが貯まったら《生命と大地と轟破の決断》《革命類 ネロティウス》コスト踏み倒しによってマナゾーンからバトルゾーンへ出す。
この際軽量スノーフェアリーが場に出ることから2ターン目にすぐ《ラララ・ライフ》を唱えても良いが、《マノミ》などのG・ゼロを考慮するとコンボを行うターンまで温存しておくのも手。

《革命類 ネロティウス》2体によって《困惑の影トラブル・アルケミスト》が捲れたらコンボ開始。

《困惑の影トラブル・アルケミスト》マナゾーンからカードを全てマナ回収。呪文をすでに3回唱えているはずなので《超宮兵 マノミ》をG・ゼロで召喚できるだけ召喚し、さらに手札補充を加速。続けて《妖精の裏技ラララ・ライフ》《シンクロ・スパイラル》《トレジャー・マップ》などで詠唱回数を稼いで《次元の嵐 スコーラー》に繋げる。《次元の嵐 スコーラー》を出してからターンエンドするまでの間にアンタップマナを4枚用意して《奇天烈 シャッフ》を立てるのが理想。

《次元の嵐 スコーラー》によるエクストラターンに入るとクリーチャー召喚酔いが解けているはずである。G・ゼロ群と《革命類 ネロティウス》本体、そちらによる踏み倒し先で優に10打点はあることなので、後は《奇天烈 シャッフ》《「本日のラッキーナンバー!」》で安全に1ショットキルするだけである。

長所 [編集]

速度と詰めの確実さが売りである。

コスト踏み倒し主体だがG・ゼロが多いので《異端流し オニカマス》にも意外と強く、最悪《超宮兵 マノミ》《次元の嵐 スコーラー》で6打点作ってフィニッシュに向かうこともできる。

《メガ・マグマ・ドラゴン》などの相手ターン中にプレイされる全体除去を受け付けるタイミングがほぼ無く、除去には強い。

弱点 [編集]

手札以外のゾーンからのコスト4以下の踏み倒しが必須なので、《U・S・A・BRELLA》には極めて脆弱。基本は立てられる前にコンボを始動することになるが、【赤白レッドゾーン】などのように2ターン目に《U・S・A・BRELLA》を早出しするデッキもあるので、そうなると最悪《生命と大地と轟破の決断》の疑似マッハファイター付与で処理するしかない。

《革命類 ネロティウス》によるマナブーストがタップインで行われるため、基本は《生命と大地と轟破の決断》で出した2体のcipで《困惑の影トラブル・アルケミスト》が出ないとソリティアが途切れてしまう。

枠の都合上《ラ・ズーネヨマ・パンツァー/逆転のオーロラ》《逆転のオーロラ》の8枚体制にする余裕はほぼ無く、《ラ・ズーネヨマ・パンツァー》を立ててからの《逆転のオーロラ》は現実的に期待できない。そのため、5マナ域で《逆転のオーロラ》を唱えるだけでは思うようにパーツがマナゾーンに揃わずにコンボが始動できないケースがある。

3ターン目に入ってからでないと唱えず、それまで手札に温存する呪文も多いため、相手が先攻を取って最速で《拷問ロスト・マインド》を唱えるというパターンも不利な展開。

《逆転のオーロラ》《生命と大地と轟破の決断》デッキ共通の弱点だが、速攻等序盤からシールドブレイクするデッキには5マナブーストが狙えず不利が付くのは仕方ない所。

参考 [編集]