【ドリームメイト】 (デュエプレ)  [編集]

概要 [編集]

ドリームメイトを中心にした中速ビートダウンデッキ。

DMPP-07ではドリームメイトの色である赤緑、もしくは《クラウド・メイフライ》も併用した緑単が多かった。

《霊騎幻獣ウルコス》登場以降は、白赤緑白青緑がメジャーとなっている。

《独裁者ケンジ・パンダネルラ将軍》による展開を主軸とするため、端的に【(デッキカラー)パンダ】や【(デッキカラー)ケンジ】と呼んでも意味は伝わる。

独裁者ケンジ・パンダネルラ将軍 SR 自然文明 (5)
進化クリーチャー:ドリームメイト 6000
進化-ドリームメイト
攻撃する時、自分の山札からランダムな進化でないドリームメイト1体をバトルゾーンに出す。その後、山札をシャッフルする。
このクリーチャーが相手クリーチャーの攻撃によってバトルする時、かわりに自分の他のドリームメイトをバトルさせてもよい。
W・ブレイカー

主要カード [編集]

《独裁者ケンジ・パンダネルラ将軍》アタックトリガードリームメイトを山札からコスト踏み倒しで出す
《猛烈元気バンジョー》コストが4→5と繋がる進化元 ドリームメイトの種類を絞れば探索でも高確率で《ケンジ》を入手できる
《霊騎幻獣ウルコス》cipマナ加速 《ヤッタルワン》よりも格段に手札管理が楽に

候補カード [編集]

自然 [編集]

《ジェネラル・クワガタン》《ケンジ》の身代わり役、さらに破壊時の被害軽減も
《大冒犬ヤッタルワン》コスト2→4→5と繋げられる進化元だが、《ケンジ》の効果から出ないように採用しないのもアリ
《自由な旅人ベア子姫》種族が合うS・トリガー 2000以下をマナ送り
《幻獣提督ウー・ワンダフォー》マッドネス、後半の手札補充 《ケンジ》で踏み倒せても強い
《幻緑の双月》《ヤッタルワン》と同じく2→4→5の動きを可能にするが進化元にはならない
《進化の化身》確定で《ケンジ》を探索できるが、自身は進化元にはならない 《大冒犬》込み2→4→5で
《フェアリー・ライフ》打点優先か手札温存優先かを考えて《幻緑の双月》との選択
《フェアリー・ギフト》最速3ターン目に《ケンジ》や《ジェネラル・クワガタン》を出せる

[編集]

《幻獣竜機ボルパンサー》容易にW・ブレイカーになれるスピードアタッカー
《サージェント・クワガタン》スリリング・スリーでブロッカーを破壊
《炎霊甲蟲ジャンガルジャン》自然のコスト軽減 汎用性はマナブーストする《ウルコス》のほうが高い
《衝撃のロウバンレイ》ブロッカーを破壊できるスピードアタッカー デッキ構築への依存度が低く使いやすい

[編集]

《連珠の精霊アガピトス》主に《ウルコス》をリクルート
《ホーリー・スパーク》オールタップ 1ターンの延命や、ブロッカー軍団の無力化などで活躍する
《バリアント・スパーク》メタモーフでオールタップ 軽いため《ケンジ》を出しながらの発動といったことも期待できる
《アポカリプス・デイ》《ジェネラル・クワガタン》がいる場合、相手を全滅させつつ《ジェネラル・クワガタン》が補充される
《予言者リク》DMPP-07のフェニックス等に有効なS・トリガー
《光神龍ベティス》同上 ドラゴンなので《ボルパンサー》とシナジー
《清浄の精霊ウル》《ボルパンサー》をいれないのならこちら マナブーストが多いのでメタモーフは発動しやすい

多色・その他 [編集]

《アクア・サーファー》水S・トリガー ビートダウンの鍔迫り合いに これ1体で試合を変えることも
《アクア・リバイバー》光/水S・トリガー 除去に強い攻撃出来るブロッカー
《血風神官フンヌー》《アガピトス》採用時の選択肢 スピードアタッカーかつブロッカーであり、攻守両面で活躍できる
《剛勇王機フルメタル・レモン》《アガピトス》採用時の選択肢 敗北回避能力により強引に敗北を先延ばしにできる

長所 [編集]

《独裁者ケンジ・パンダネルラ将軍》から毎ターンコスト踏み倒しができるため、《ケンジ》本体を除去しない限りビートダウンを止めるのは困難。

使用済みの小型から進化できるコスト5パワー6000のクリーチャーはビートダウン性能が高い。
《大冒犬ヤッタルワン》採用時は6マナから、《霊騎幻獣ウルコス》《炎霊甲蟲ジャンガルジャン》採用時は7マナから進化速攻で召喚酔いしない2打点を繰り出せる。

《独裁者ケンジ・パンダネルラ将軍》《紅神龍バルガゲイザー》とは異なり、デッキそのものをドリームメイト一色にする必要はない。
極端な話、汎用性の高い《霊騎幻獣ウルコス》と踏み倒し前提で《ジェネラル・クワガタン》、あとは《独裁者ケンジ・パンダネルラ将軍》の合計12枚だけドリームメイトを採用し、残り28枚をグッドスタッフにした構築でも戦うことができる。

短所 [編集]

《パンダネルラ将軍》で殴ることがコンセプトのため、ワンショットは基本できない。必ず相手の手札が潤う瞬間が存在する。
そしてシールドを定期的に殴っていくという関係上、S・トリガーで反撃を食らう危険性と常に隣り合わせであることも考慮しなければならない。
【グレートメカオー】などと異なりS・トリガーを回避する手段が皆無であるため尚更である。

ほとんどのドリームメイトのパワーが6000以下と低い。パンプアップ手段がないと《白虎の剣皇ダーク・サラマンダス》がいるときの《ヘリオス・ティガ・ドラゴン》《ジェネラル・クワガタン》以外は全滅させられてしまう。
【ヘブンズ・ゲート】に至っては殆どのブロッカーを対面で突破できず、《血風聖霊ザーディア》の割り振り火力を貰いやすいため、いかに《サージェント・クワガタン》を引けるかにかかっている。

【青単ツヴァイランサー】G・ゼロを妨害する札にも乏しい。
潤った手札で《ツヴァイランサー》+《超神星マーキュリー・ギガブリザード》の布陣を完成されたらS・トリガー呪文での逆転勝利はほぼ不可能になる。

同様に、【アポロヌス・ドラゲリオン】も殺るか殺られるかの関係となる。
こちらも《ホーリー・スパーク》では貫通され敗北を防げず、《アポカリプス・デイ》を採用したとしても、進化GVの都合上6体未満で不発に終わりやすい。

攻撃手段が人海戦術なので《アポカリプス・デイ》に引っかかりやすく、手札補充も少ないためその後の立て直しも難しい。
【グレートメカオー】はこれをよく積むので踏まないよう祈りたい。

  • 《ジェネラル・クワガタン》の登場によってある程度被害が緩和されたとはいえ、《ジェネラル・クワガタン》以外のクリーチャーを出せなくなってしまうことからリカバリーは依然として難しい。にもかかわらずドリームメイト側から《アポカリプス・デイ》を仕掛けていくことも増えてきている。

DMPP-08で登場した《超竜騎神ボルガウルジャック》は天敵である。《ケンジ》の6000という高めなパワーも、相手からのバトル対象の移し替えも、《ボルガウルジャック》のアタックトリガーの前では刺さらない。

主要カードや候補カードを見てわかる通り、防御札がS・トリガーに依存している。ドリームメイトのパワーの足りなさも相まって、《ボルメテウス・サファイア・ドラゴン》を早い段階で出されてもなすすべなく敗北してしまう。この点に関しては、《連珠の精霊アガピトス》《剛勇王機フルメタル・レモン》などで多少改善されている。

その他 [編集]

《サージェント・クワガタン》のことを考えるとドリームメイトで固めたくなる気持ちもわかるが、役割の薄いドリームメイトは極力抜き、デッキ全体を見た場合の総合力を高めたほうがよい。
特にS・トリガーの採択は重要で、守りが薄いデッキに仕上げると、一般的に互角とされている【グレートメカオー】でも《転倒専機コロビナー》《アクア・サーファー》などを踏んでそのまま撃ち合いで負けてしまうことも。

《サージェント・クワガタン》はカード自体は確かに1枚で多くのアドバンテージを稼げるカードだが、「相手のデッキにブロッカーがいないと腐ること」「ドリームメイトのヒット率を上げると、デッキの総合力が低くなること」というカード以外の欠点が存在する。

BATTLE ARENA 3rdでは、使用率が4.6%であった。赤を入れないタイプも決して珍しくなく、ベスト8進出者に関しては白青緑(白緑タッチ青)でS・トリガーを多めに採用したデッキだった。

DMPP-07期には、《デーモン・ハンド》の採用率が大きく落ち込んだことが見た目以上の強さを発揮できた理由だろう。
《デーモン・ハンド》はDMPP-07の3体のフェニックスどれにも効果が薄い。《ボルメテウス・サファイア・ドラゴン》シールド焼却なのでS・トリガーが意味を成さず、手打ちで唱えて破壊しても《インフェルノ・ゲート》リアニメイトされてしまう。

序盤から自然文明のカードでマナ加速する戦術は一般的にハンデスで瓦解しがちだが、DMPP-07期のNew Divisionでは《ゴースト・タッチ》が使えないため、先攻4ターン目の《パンダネルラ将軍》が手札から落とされる可能性は現実的にはゼロ[1]であることも追い風だった。

DMPP-07cipでリソースを稼げるドリームメイトは《猛烈元気バンジョー》《幻獣提督ウー・ワンダフォー》しかいなかったが、DMPP-08では《霊騎幻獣ウルコス》《ジェネラル・クワガタン》(後のアップデートで出た時の能力は削除)が追加された。
これらによりS・トリガーで出た瞬間に除去されたとしても後続の糧にできる可能性が高まり、デッキのバリューも高くなった。

参考 [編集]


[1] 例外として、後手が2ターン目にマナ加速、3ターン目に《解体人形ジェニー》を使った場合はハンデスされる可能性がある。また、こちらが先攻3ターン目に攻撃しS・トリガー《汽車男》、返しのターンで《騒乱の影ウエスタン・バレル》《スカル・チェーンソー》された場合もセルフハンデスだけで手札が0枚になる。