【バビロニアドッカンデイヤー】 [編集]

【メルゲドッカンデイヤー】リペアであり、プレミアム殿堂となった《アクア・メルゲ》の枠を《蒼神龍ヴェール・バビロニア》がそのまま埋めたデッキ。青緑タッチで組まれる。

蒼神龍ヴェール・バビロニア R 水文明 (5)
クリーチャー:ポセイディア・ドラゴン/オリジン 4000
自分がカードを1枚引く時、1枚のかわりに2枚引いてもよい。そうした場合、自分の手札を1枚捨てる。
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、相手の手札を見て、その中から1枚選ぶ。相手はそれを自身の山札の一番下に戻した後、カードを1枚引く。
MEGATOON・ドッカンデイヤー VR 火文明 (5)
クリーチャー:ビートジョッキー/ワンダフォース 5000
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の手札をすべて捨てる。
自分の手札を1枚捨てた時、GR召喚する。(GR召喚:自分の超GRの上から1枚目を、コストを支払ったものとして召喚する)

主要カード [編集]

【メルゲドッカンデイヤー】との共通パーツについてはそちらを参照されたい。

候補カード [編集]

超GRゾーン [編集]

このデッキの回し方 [編集]

【メルゲドッカンデイヤー】とほぼ同じ。

強いて言えばそちらのデッキの存在当時すでに殿堂入りであった《アクア・メルゲ》と異なり《蒼神龍ヴェール・バビロニア》は無制限なので、サーチへの依存度が低い。そのため、相手の呪文ロックを行う呪文を《奇天烈 シャッフ》で防ぐ余裕がある。

ループの手順 [編集]

【メルゲドッカンデイヤー】と同一。ただし、「DMGP-9th」当時とは異なり《シャギーII》の枠が《クリスマIII》に置き換えられている。また、《蒼神龍ヴェール・バビロニア》を活かしたソリティアは厳密には有限なので、ループに必要なGR召喚のストックは手札を溜め込んでから《永遠の少女 ワカメチャ》による山札回復を挟んで手動で行う必要がある。

無限GR召喚 [編集]

バトルゾーンに《蒼神龍ヴェール・バビロニア》が1体、《MEGATOON・ドッカンデイヤー》が1体、手札《永遠の少女 ワカメチャ》《一なる部隊 イワシン》が1体ずつあり、山札が《永遠の少女 ワカメチャ》《一なる部隊 イワシン》2枚ずつ(2ドローしてこの2種類のセットが必ず加わるように順番が調整されてある事)だけであり、墓地に何もなく、解決待ちの《一なる部隊 イワシン》墓地送り能力が1枚分以上あるなら、無限にGR召喚のストックを貯めることが可能。

長所 [編集]

大筋で【メルゲドッカンデイヤー】と共通する。

【メルゲドッカンデイヤー】が「DMGP-9th」で活躍した当時と比べると自壊GRクリーチャーに恵まれるため、デッキの循環はある意味ではしやすい。

短所 [編集]

《蒼神龍ヴェール・バビロニア》の「ソリティア始動時の手札の枚数分GR召喚してドローソースとなるクリーチャーが捲れない場合、その時点でソリティアが途切れる」という弱点を補うために超GR操作を増やしているため、1ショットキル手段は超GRに積むことができないに等しい。

メインデッキに純粋なドローソースを入れる枠が殆どなく、せいぜい《マリゴルドIII》経由で《雷鳴の守護者ミスト・リエス》踏み倒しによって出される程度である。

参考 [編集]