【バーンメアジョーカーズ】 [編集]

《バーンメア・ザ・シルバー/オラオラ・スラッシュ》を主軸としたGR召喚主体の【ジョーカーズ】

バーンメア・ザ・シルバー SR 火文明 (6)
クリーチャー:ジョーカーズ/ワンダフォース 6000
W・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、GR召喚を2回する。このターン、それらのGRクリーチャーに「スピードアタッカー」を与える。
オラオラ・スラッシュ SR 自然文明 (3)
呪文
S・トリガー
次の自分のターンのはじめまで、相手のクリーチャーが攻撃する時、可能ならクリーチャーを攻撃する。

主要カード [編集]

候補カード [編集]

《フェアリー・ライフ》S・トリガー付き2コスト初動マナブースト
《ジョラゴン・オーバーロード》マナや盤面さえ伸びればGR召喚が付く2コスト初動マナブースト
《霞み妖精ジャスミン》このデッキでは9枚目以降となるマナブースト
《κβバライフ》S・トリガー付き4コストオーラ
《ムシ無視のんのん/灰になるほどヒート》《グレープ》Jチェンジでバトルして盤面補強/《ダンダルダBB》踏み倒して盤面補強
《BAKUOOON・ミッツァイル》大量GR召喚手段
《U・S・A・CAPTEEEN》展開力補強
《洗脳センノー》召喚以外のコスト踏み倒しを許さない。

超GRゾーン [編集]

《無限合体 ダンダルダBB》呪文踏み倒しの要
《マリゴルドIII》マナゾーンからクリーチャーオーラ踏み倒し
《ジェイ-SHOCKER》カウンター封じ
《ダダダチッコ・ダッチー》山札の上から踏み倒し
《全能ゼンノー》足止め
《ポクタマたま》墓地利用メタ
《せんすいカンちゃん》Jトルネードしたクリーチャーのcipを使う 《バーンメア》を戻して更なる展開を行う動きが強力

【青赤緑バーンメアジョーカーズ】 [編集]

【青赤緑ミッツァイル】をベースにしつつ、デッキ《バーンメア・ザ・シルバー/オラオラ・スラッシュ》を始めとしてジョーカーズ中心に仕上げたアーキタイプ。「シータバーンメア」とも呼ばれる。《BAKUOOON・ミッツァイル》リペアである《MEGATOON・ドッカンデイヤー》は使われず、《BAKUOOON・ミッツァイル》そのものも「引けたら便利」という立ち位置で投入される程度。

候補カード [編集]

超GRゾーン [編集]

《天啓 CX-20》大量ドロー

このデッキの回し方 [編集]

マナブーストとサーチで準備を整えつつ《奇天烈 シャッフ》のロックや《グレープ・ダール》のマッハファイターで相手に干渉して時間を稼ぐ。

予め《エモG》を立てるなどして準備ができたら《バーンメア・ザ・シルバー》を場に出して展開。十分盤面が整ったらロック手段と《エモG》によるスピードアタッカー化を活かして1ショットキルする。

1ショットキルの際に《無限合体 ダンダルダBB》Jトルネードを使って《バーンメア・ザ・シルバー》を回収して《灰になるほどヒート》で再利用したり、《グレープ・ダール》から《エモG》にJチェンジするとさらに盤面を広げることができる。

ミラーマッチでは《奇天烈 シャッフ》を不用意に早出しすることは裏目になる。なぜなら《グレープ・ダール》マッハファイターの的になってしまうためである。ミラーマッチではクリーチャーを出すなら《エモG》を優先して出し、それが出せないなら何も出さずにターンを返してマッハファイターの起点を作らないようにすると良い。《エモG》を出すと本体と出したGRクリーチャーのどちらを処理するかの択を迫ることができ、どちらが処理されずに残っても挽回のチャンスが残る。

長所 [編集]

初動2コストマナブーストを9枚前後積むので安定して4ターン目に動き出すことができる。

スピードアタッカー化手段が豊富なので、見切り発車的に1ショットキルすることも難しくはない。

ほぼ6コスト以下のクリーチャーでまとまっておりマナブーストも豊富なので、除去が必要最低限しかないにもかかわらず《奇石 ミクセル》方式のコスト踏み倒しメタには強い。

実際はフィニッシュに5ターン程度かかることがざらだが、各種ロックコスト踏み倒しメタ、足止め手段で牽制しながらビートダウンできると考えると寧ろ十分速いと言える程である。

《奇天烈 シャッフ》で事前に刻んだり《ウマキン☆プロジェクト》を先置きしたりするとソリティアが続かなくとも案外打点が足りてしまう。

1ショットキルに必要な打点が揃わない時でさえも《奇天烈 シャッフ》が刺さる相手ならごり押しして勝ててしまうこともある。

除去が必要最小限といっても、そのほとんどがパワー6000以上のクリーチャーによるバトルでの除去なので、ウィニーで盤面を取るビートダウンデッキに対しては除去を受け付けるタイミングがある限り有利。

短所 [編集]

除去が必要最低限しかないので、《ドンドン吸い込むナウ》を握っていないと《全能ゼンノー》《ドンジャングルS7》などの足止めの類に苦しむことも。

デッキ掘削能力はそれほど高くなく、超GRを空にするほどの展開力は流石にないので、《機術士ディール/「本日のラッキーナンバー!」》《BAKUOOON・ミッツァイル》を引くことは運次第になる。そのため、詰めの性能は無制限である《奇天烈 シャッフ》の刺さり具合次第である。

《無修羅デジルムカデ》が刺さるのも弱点。先攻4ターン目に殴り切るでもしない限り相手の《無修羅デジルムカデ》が間に合ってしまうのである。それでも、自分の方があらかじめシールドを何枚かブレイクしており、尚且つ【青黒緑デッドダムド】側が《SSS級天災 デッドダムド》への侵略を行う見通しが立っていない場合は、ひたすら展開することによりタップキルを掻い潜って生き残ったクリーチャーでダイレクトアタックまで持って行けることがある。

環境において [編集]

2020年1月1日の殿堂レギュレーション改訂を機に周知され、環境入りを果たした。

ビートダウンに対してS・トリガーで受けることができ、ループに対して《奇天烈 シャッフ》《洗脳センノー》が刺さることから、DMEX-08期には環境トップメタの座を【4色ドッカンデイヤー】から奪った。この頃、《洗脳センノー》同様に通常のコスト踏み倒しに強い上に耐性も付いている《異端流し オニカマス》を投入した型もチャンピオンシップ4位以内入賞を果たした。

DMEX-09DMEX-10期には《超次元ムシャ・ホール》《激沸騰!オンセン・ガロウズ》リクルートして《奇天烈 シャッフ》のcipをおかわりできるようにする型が登場。

2020年7月1日殿堂レギュレーション改訂の影響で【赤白レッドゾーン】やミラーマッチの割合が増えたため、DMRP-14期には《ジェイ-SHOCKER》《バーンメア・ザ・シルバー》Jトルネードして「6」をロックするだけでそのままダイレクトアタックまで持って行けるケースがまま見られるように。

DMEX-12期に【青黒緑デッドダムド】が環境に復帰したことで、殴り切る前にそちらに入る《無修羅デジルムカデ》ロックされる恐れが大幅に増した。

【黒赤緑バーンメアジョーカーズ】 [編集]

デッキからロックGR召喚を担当するを抜き、ハンデスができるオーラ、優秀な除去の闇を代わりに入れた構築。DMEX-08期のチャンピオンシップを優勝して周知された。主に双・超マーク2ブロック構築環境に存在する。

主要カード [編集]

超GRゾーン [編集]

このデッキの回し方 [編集]

マナブーストで一刻も早くハンデスオーラに繋ぐ。それ以外は大筋で【青赤緑バーンメアジョーカーズ】と同じ。

長所・短所 [編集]

ハンデスがあるためコントロールへの対応力が高く、除去があるためコスト踏み倒しメタにも強固。

呪文比率の高いデッキには《拷問ロスト・マインド》が刺さり、除去の少ないデッキは《無修羅デジルムカデ》で制圧できる。

ただ、《奇天烈 シャッフ》をデッキカラーの都合上どうしても入れられないので呪文ロックは不得手で、呪文のS・トリガーを増やされるとキツイ。《スゴ腕プロジューサー/りんご娘はさんにんっ娘》も入らないので《マリゴルドIII》を使っての盤面補強も比較的弱い。

【赤緑バーンメアジョーカーズ】 [編集]

デッキからを抜いてジョーカーズに寄せた型。

主要カード [編集]

超・十マーク2ブロック構築での候補カード [編集]

2コストマナブーストから《ドンドド・ドラ息子》に繋ぎ、《バーンメア・ザ・シルバー》で展開する。《ジェイ-SHOCKER》が捲れたら《ドンドド・ドラ息子》Jトルネード元にして相手の動きを封じる。もしくは2→4→5と《アイアン・マンハッタン》に繋ぎ、雑に1ショットキルしながら《アイアン・マンハッタン》の能力で大量展開に備える。

DMRP-13期のチャンピオンシップ(2ブロック構築)準優勝を果たした構築には《ホアート・サケビーJr.》《シロイヌムサシ》《バンオク・ロック》が投入されていた。

DMRP-14期には《U・S・A・BRELLA》に引っ掛からない《The ジョギラゴン・アバレガン》を採用した型が頭角を現した。《U・S・A・BRELLA》が立っている中で《The ジョギラゴン・アバレガン》が捲れるまで無理やりGR召喚を続けてフィニッシュに必要な打点を作るのがこの型の使い方。勿論展開系S・トリガー呪文《The ジョギラゴン・アバレガン》暴発して打点をさらに伸ばす動きも取る。

2020年7月1日の殿堂レギュレーション改訂により《マリゴルドIII》プレミアム殿堂に指定された影響で重量級マナドライブへの依存度が下がった。そのため、2ターン目の《ヤッタレマン》召喚→3ターン目のキリフダッシュによる《熊四駆 ベアシガラ》召喚から4ターン目の《バーンメア・ザ・シルバー》早出しに繋げる前のめりな構築も考察された。

【青黒赤緑バーンメアジョーカーズ】 [編集]

ハンデス除去ロック、GR召喚を余すところなく利用した型。DMEX-08発売から約1ヶ月が経過した頃のチャンピオンシップで優勝が報告されて周知された。

の管理がギリギリなので多色が多く積まれる。

主要カード [編集]

【白赤緑バーンメアジョーカーズ】 [編集]

マジボンバーの展開力を取り入れたアーキタイプ。

主要カード [編集]

超GRゾーン [編集]

環境において [編集]

2020年7月1日の殿堂レギュレーション改訂を機に十王篇環境に進出した。

DMBD-13DMBD-14期には【ラララヴァイカー】折衷型がチャンピオンシップ優勝を果たした。

【旅路バーンメアジョーカーズ】 [編集]

【赤緑バーンメアジョーカーズ】に《ジョギラゴン&ジョニー 〜Jの旅路〜》《ジョット・ガン・ジョラゴン》を投入して展開力を増強した型。

主要カード [編集]

《ジョギラゴン&ジョニー 〜Jの旅路〜》ソリティアの要
《ジョット・ガン・ジョラゴン》

環境において [編集]

DMRP-15期には【連ドラグナー】対策の《サイコロプス》を採用した型が流行。

【ツインパクトバーンメアジョーカーズ】 [編集]

通常よりもツインパクトを重用した【青赤緑バーンメアジョーカーズ】。超次元呪文が多めなので【超次元バーンメアジョーカーズ】とも呼ぶ。メインデッキの8割から9割がツインパクトという構築となっており、全てツインパクトという構築も珍しくない。防御S・トリガーが付いたツインパクトを採用しているので受けが通常の型よりも厚いく、ツインパクトだけでなく超次元呪文を採用しているため対応力も高め。

主要カード [編集]

超次元ゾーン [編集]

その他 [編集]

2020年7月1日に《マリゴルドIII》プレミアム殿堂に指定されたが、《U・S・A・CAPTEEEN》《爆龍皇 ダイナボルト》などのマジボンバー群がリペアパーツとして加わった。

参考 [編集]