【マジ・スマーンループ】 [編集]

《友斬のマジ・スマーン》を利用したループデッキ黒緑で組まれる。

友斬のマジ・スマーン R 闇文明 (1)
クリーチャー:デーモン・コマンド/ハンター 6000
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分のサイキック・クリーチャーを1体破壊する。破壊できない場合、このクリーチャーを破壊する。
W・ブレイカー
凶星王ダーク・ヒドラ SR 闇文明 (6)
クリーチャー:ダークロード 6000
自分のクリーチャーがバトルゾーンに出た時、そのクリーチャーと同じ種族をひとつでも持つクリーチャーを1体、自分の墓地から手札に戻してもよい。
W・ブレイカー
※殿堂入り

主要カード [編集]

候補カード [編集]

このデッキの回し方 [編集]

2コストマナブーストとサーチで準備を整え、《Dの花道 ズンドコ晴れ舞台》を立ててからDスイッチマナゾーンから《凶星王ダーク・ヒドラ》を出す。

《逆転のオーロラ》でマナゾーンのリソースを稼いでから《生命と大地と轟破の決断》《ファッション・ナスオ》《薫風妖精コートニー》コスト踏み倒しによってバトルゾーンに出す。そこからコンボに移行する。

ループの手順 [編集]

バトルゾーンに《Dの花道 ズンドコ晴れ舞台》《凶星王ダーク・ヒドラ》《ファッション・ナスオ》《薫風妖精コートニー》が各1体、手札に《友斬のマジ・スマーン》が1枚必要。

  1. 《友斬のマジ・スマーン》を召喚すると、《Dの花道 ズンドコ晴れ舞台》《ファッション・ナスオ》によって合計2マナブースト1セルフランデスが行われ、自身の召喚によって減った分を差し引きアンタップマナが1枚増える。しかも出してすぐ破壊された自身は《凶星王ダーク・ヒドラ》によって手札に戻るため、無限マナブーストが成立する。
  2. 無限マナブーストの途中で適宜2枚目の《生命と大地と轟破の決断》を唱え、2枚目の《ファッション・ナスオ》《始虹帝 ミノガミ》を踏み倒す。
  3. 適当なところで3枚目の《生命と大地と轟破の決断》を唱え、《黒神龍ザルバ》《百発人形マグナム》の順で出す。
  4. さらに無限マナブーストを続け、途中で《ファッション・ナスオ》のセルフランデスで《永遠の少女 ワカメチャ》を墓地に置き、山札回復する。《百発人形マグナム》のストックが1回あるはずなので、《黒神龍ザルバ》を破壊する。
  5. その後、山札の《永遠の少女 ワカメチャ》《ファッション・ナスオ》のセルフランデスで墓地に置くまでマナブーストを続け、山札回復により《黒神龍ザルバ》を山札に戻す。
  6. 山札に戻った《黒神龍ザルバ》がマナゾーンに置かれるまでマナブーストを続ける。
  7. 3.に戻る。以降は3.で《黒神龍ザルバ》のみを出すこと。
    これを繰り返すことにより、相手の山札だけが尽きる。
    《Dの花道 ズンドコ晴れ舞台》の強制マナブーストで途中で山札切れとなるので、適宜無敵虹帝を使うこと。

弱点 [編集]

順当なところで5ターンでフィニッシュとなるため、速攻ビートダウンは苦手で、環境ループ系統と比べても特別速いということはない。

コスト踏み倒しへの依存度が高い上に、コスト踏み倒しメタの解決権を与えるデッキとなっている。《生命と大地と轟破の決断》によるマッハファイター付与を考慮しなければコンボパーツの着地には困ることがしばしば。

《Dの花道 ズンドコ晴れ舞台》Dスイッチを利用しないと《凶星王ダーク・ヒドラ》踏み倒しには困るのでカード指定除去には脆い。

一見すると《逆転のオーロラ》があるので《凶星王ダーク・ヒドラ》シールド落ちには強そうだが、《逆転のオーロラ》を唱えた後のタイミングで《Dの花道 ズンドコ晴れ舞台》を立てて相手にターンを渡すのはダイレクトアタックさせる隙を与えることになり無謀であり、基本はシールド落ちをケアする手段はない。

参考 [編集]