【モヤシ化ゾンビループ】 節を編集

モヤシにした《ゾンビポンの助》を繰り返し召喚して《アクア・ティーチャー》で無限ドローすることによるコンボデッキの総称。
どれだけ早く《五連の精霊オファニス》、もしくは《救済のサトリ ミルク》を用意できるかがカギとなっている。

ここでは《水上第九院 シャコガイル》で締めるデッキを中心に挙げるが、《魚籠びっくん》《音奏 ジュリドゥ》で大量に展開するパターンもある。

ゾンビポンの助 P 無色[ジョーカーズ] (0)
クリーチャー:ジョーカーズ -5000
アクア・ティーチャー C 水文明 (1)
クリーチャー:リキッド・ピープル/ハンター 1000
ブロッカー
このクリーチャーは攻撃できない。
カードに能力が書かれていないクリーチャーを召喚した時、カードを1枚引いてもよい。

共通主要カード 節を編集

《ゾンビポンの助》基礎パワーが0以下なので、出したらすぐ自壊するバニラ
《アクア・ティーチャー》《ゾンビポンの助》はあくまでバニラな為、このカードのサポートが受けられる
《水上第九院 シャコガイル》フィニッシャー

オファニス型 節を編集

五連の精霊オファニス SR 光文明 (5)
クリーチャー:エンジェル・コマンド 5000
G・ゼロ−バトルゾーンに5文明すべてのカードがそろっていれば、このクリーチャーをコストを支払わずに召喚してもよい。
自分のクリーチャーが破壊される時、バトルゾーンに5文明すべてのカードが揃っていれば、そのクリーチャーを墓地に置くかわりに自分の手札に戻す。

G・ゼロで早期召喚が可能な《五連の精霊オファニス》を使った型。
現在《友情の誓い》型と《FORBIDDEN STAR〜世界最後の日〜》型が考案されており、どれだけ早く5色揃えるかがカギとなっている。
他にも《超越男》《愛魂憎男》などがあるので考慮しておきたい。

オファニス型の共通主要カード 節を編集

《五連の精霊オファニス》G・ゼロ《ゾンビポンの助》モヤシ化して無限に召喚する
《巡霊者ウェビウス》G・ゼロ。楯落ち対策も踏まえて少しは欲しい
《エメスレム・ルミナリエ》《参角》をコスト踏み倒し。G・ゼロを4体並べて代替コストを満たそう
《鬼の轟き 参角》手札が10枚用意出来れば《シャコガイル》をコスト踏み倒しできる

【ゾンビオファニスループ1ターンキル】 節を編集

1ターン目に《友情の誓い》コスト踏み倒し展開し、そのまま《五連の精霊オファニス》《アクア・ティーチャー》《ゾンビポンの助》の組み合わせで無限ドローすることによって1ターンキルを目指すループ

友情の誓い P 光/水/闇/火/自然文明 (5)
DMフィールド
自分の最初のターンのはじめに、このフィールドが自分の手札にあれば、自分の手札にある他の多色カードを1枚、相手に見せてもよい。そうしたら、このDMフィールドをバトルゾーンに出す。
多色カードを自分のマナゾーンに置いた時、そのカードをアンタップする。
自分のマナゾーンにある多色カードのマナの数字を1にする。

主要カード 節を編集

《友情の誓い》初手でこのカードと他の多色カードが手札にあれば、タダで出せる
1ターン目にいきなり5色揃う

候補カード 節を編集

このデッキの回し方 節を編集

1ターンキル方法 節を編集

初手に《友情の誓い》《五連の精霊オファニス》《アクア・ティーチャー》《ゾンビポンの助》《友情の誓い》見せる多色カードがあれば、そのままコンボを始動できる。

  1. 《友情の誓い》で多色カードを見せて自身をコスト踏み倒し
  2. 見せた多色カードをマナチャージ(《友情の誓い》の効果でアンタップイン)し、《アクア・ティーチャー》を召喚。
  3. 《友情の誓い》によりG・ゼロ条件が満たされているので《五連の精霊オファニス》G・ゼロで召喚。
  4. 《ゾンビポンの助》を召喚。《ゾンビポンの助》は基礎パワー0未満なので即座に自壊するが、《五連の精霊オファニス》の能力で手札に戻る。あくまでも《ゾンビポンの助》はバニラなので《アクア・ティーチャー》の能力でドローできる。山札が残り5枚以下になって必要パーツが揃うまで《ゾンビポンの助》の召喚→自壊→モヤシ発動とドローを繰り返す。
  5. 流れで手札に加えた2枚目以降の《五連の精霊オファニス》《巡霊者ウェビウス》をG・ゼロで並べていき、光のクリーチャーを計4体用意する。
  6. G・ゼロクリーチャーで《エメスレム・ルミナリエ》を唱え、《鬼の轟き 参角》コスト踏み倒し
  7. 《鬼の轟き 参角》で参照するための手札は十分あるはずなのでそこからターンエンド時に《水上第九院 シャコガイル》をコスト踏み倒し。
  8. 相手にターンが返ってきたらそのまま《水上第九院 シャコガイル》のエクストラウィンが発動。

1ターンキルできない場合 節を編集

《薫風妖精コートニー》を立ててからキャントリップマナブーストでリソースを稼ぎ、《友情の誓い》《アクア・ティーチャー》を素出しして上述のルートと同じようにコンボを行う。

長所 節を編集

上手く回れば1ターンキルが達成できる。先攻1ターン目に回れば相手のあらゆるメタを機能させないまま安全に勝ちに行くことができる。
ギャンブル性が高く、決まった時の爽快感は格別。

短所 節を編集

単体では役に立たないカードが多いため手札事故が怖く、1ターンキルを逃すと6ターン目にようやく始動という悲惨な状況になりがち。
《友情の誓い》を見せるために多色を多く積む必要がある。
コンボパーツが揃う前に《アッカン・ペロケット》などで《友情の誓い》を破壊されると危険。

基本は赤抜き4色で闇の配分が著しく少ないため、《友情の誓い》の素出しルートの場合は《薫風妖精コートニー》を立てないととてもゲームにならない。

【ドルマゲドンゾンビオファニスループ】 節を編集

《五連の精霊オファニス》G・ゼロ条件として《FORBIDDEN STAR〜世界最後の日〜》を、2コストオレガ・オーラで自然を、GRクリーチャーで光を、《アクア・ティーチャー》で水を用意するデッキ。1ターンキル特化型と異なりサーチやドローなどを重視した型。

FORBIDDEN STAR(フォービドゥンスター)〜世界最後の日〜 FFLC 闇/火文明 (マナコストなし)
最終禁断フィールド
この最終禁断フィールドは、ゲーム開始時、四隅に封印を1つずつ付けてリンクしたフィールドとしてバトルゾーンに置く。(カードを封印するには、自分の山札の上から1枚目を裏向きのままそのカードの上に置く)
バトルゾーンにある自分の封印は、各ターンに1つだけ、闇または火のコスト5以上のコマンドを召喚または「侵略ZERO」を使ってバトルゾーンに出すことによってのみ、外すことができる。(外した封印は墓地に置く)
自分は、コマンド、イニシャルズ、あるいは名前に《禁断》とあるクリーチャーでしか攻撃できない。
この最終禁断フィールドはバトルゾーンを離れない。
(左上)α:このカードから封印が外された時、相手のパワー1111以下のクリーチャーを1体、破壊する。(右上)δ:このカードから封印が外された時、このターン、自分のクリーチャー1体に「スレイヤー」を与える。
(左下)β:このカードから封印が外された時、このターン、自分のクリーチャー1体に「パワーアタッカー+2222」を与える。(右下)γ:禁断爆発:このカードから封印が外された時、この最終禁断フィールドに封印が1つもなければ、裏返し、1体のクリーチャーとして合体させる。
禁断爆発後⇒《終焉の禁断 ドルマゲドンX》
※殿堂入り

主要カード 節を編集

《FORBIDDEN STAR〜世界最後の日〜》無条件でゲーム開始時に2色確保できるカード。構成上禁断爆発は出来ない。
《ジャッジCREWニー》を立てられた場合は《オファニス》でしか攻撃できなくなるので注意

候補カード 節を編集

《トレジャー・ナスカ》1マナ限定だがより早くサーチできる
《ガガガン・ジョーカーズ》1コスでクリーチャーサーチできる、いわば小さい《未来設計図》
《未来設計図》山札の上6枚からクリーチャーなら何でも1枚サーチ
《シークレット・クロックタワー》山札の上3枚からカードを1枚サーチし、残りは1枚ずつトップボトム
《海底鬼面城》ターン1枚追加ドロー
《ρρ ブロロッコ》2マナのオーラ。《オファニス》のG・ゼロ条件を満たすために
《στ ボテグッタ》

超GRゾーン 節を編集

※超GRは全て光のクリーチャーで固めること

このデッキの回し方 節を編集

1ターン目に《海底鬼面城》を要塞化し、2ターン目に2コスト自然オーラを素出しする。手札が良ければ1ターン目の行動を《アクア・ティーチャー》素出しに置き換えても良い。パーツが足りなければサーチで集める。早ければ2ターン目に、順当なところで3ターン目から4ターン目に【ゾンビオファニスループ1ターンキル】同様のコンボが始動する。

長所 節を編集

【ゾンビオファニスループ1ターンキル】より事故率は低い。最速はともかく、3ターン目からコンボが決まることはザラ。
サーチ手札補充が多いので主要カードが揃いやすい。

短所 節を編集

5色カードを積まないとはいえ、やはりマナの扱いがシビア。
最速にこだわる場合、1ターン目に水の単色カード、2ターン目に自然の単色カードをマナゾーンに置く必要がある。

最速パターン以外はコスト踏み倒しメタに狙われやすい。
《ジャッジCREWニー》を立てられると攻撃を《オファニス》に頼るよりなくなってしまう。

ミルク型 節を編集

救済のサトリ ミルク UC 水文明 (6)
クリーチャー:オラクル 6000
W・ブレイカー
自分の無色クリーチャーが破壊される時、墓地に置くかわりに手札に戻す。

こちらは《救済のサトリ ミルク》を使った型。
最低無色があればデッキを構築出来るので安定性は高く、デッキパターンも緩い。

しかし《ミルク》のコストが重いため、まずは自然マナ加速をしよう。
普通に考えれば2ターン目に《フェアリー・ライフ》→3ターン目《フェアリー・シャワー》とつなぎ、4ターン目から《ミルク》でループが始まる。
《アクア・ティーチャー》は1ターン目に出すか、マナ加速の余剰を使って、事前に出しておきたい。

こうして手札を増やしたらフィニッシュパターンは色々ある。
一例をあげるなら《ルナ・コスモビュー》《ビーチボーイズ》《天災超邪 クロスファイア 2nd》を一気に並べて1ショットキルだろうか。
《偽りの名 iFormulaX》《シンクロ・スパイラル》のコンボや、《魚籠びっくん》GRクリーチャーを並べて《無限銀河ジ・エンド・オブ・ユニバース》に任せるパターンもある。

参考 節を編集