【赤白GR】 節を編集

【赤白“轟轟轟”ブランド】【赤白ミッツァイル】に使われていた良質なウィニーGR召喚手段を取り入れたデッキタイプ。2020年1月1日の殿堂レギュレーション改訂以降環境に広まり、【赤白ビートダウン】の呼び名で周知された。

主要カード 節を編集

候補カード 節を編集

超次元ゾーン 節を編集

超GRゾーン 節を編集

このデッキの回し方 節を編集

基本的に2コストメタクリーチャーで牽制してから3コストGR召喚呪文を唱え、そのままビートダウンする。4ターン目に《MANGANO-CASTLE!》を唱えたらそのまま押し切ろう。必要に応じて《ジェイ-SHOCKER》でカウンター封じを行ったり、《無限合体 ダンダルダBB》《MANGANO-CASTLE!》などのGR召喚呪文を再利用して打点を追加したりする。

相手が呪文主体のデッキの場合はとにかく呪文メタを並べて動きを止める。

《DROROOON・バックラスター》を立ててからGR召喚で盤面を取り、最後に《ジャミング・チャフ》で詰めるパターンもある。

長所 節を編集

呪文メタが多いため、呪文主体のデッキには非常に有利。

除去がそこそこあるためコスト踏み倒しメタなどシステムクリーチャーに対しては比較的強固。

殿堂入りカードの《BAKUOOON・ミッツァイル》《“轟轟轟”ブランド》を引き当てた時の上振れは相当なものがある。

短所 節を編集

パワーが低いクリーチャーが多いので除去には弱め。

呪文比率がメインデッキの3分の1程度なので《DROROOON・バックラスター》を引けないと呪文メタに難儀する。

順当なところで4ターン程度で殴り切るので、メタカードが間に合わないと【零龍墓地ソース】には《暴走龍 5000GT》を早出しされてしまう。

参考 節を編集