【赤青ヴァイカー】 [編集]

【BUNBUN・ヴァイカー】の型の1つ。【赤青覇道】をベースにした構築でもある。
DMRP-16期には既に成立していた。

BUNBUN・ヴァイカー R 火文明 (5)
クリーチャー:ビートジョッキー/ソニック・コマンド/ワンダフォース 5000
スピードアタッカー(このクリーチャーは召喚酔いしない)
自分のクリーチャーの攻撃の終わりに、その攻撃中にそのクリーチャーがシールドを1枚以上ブレイクしていれば、GR召喚する。(GR召喚:自分の超GRの上から1枚目を、コストを支払ったものとして召喚する)
自分のターンの終わりに、バトルゾーンに自分のGRクリーチャーが3体以上あれば、自分の手札をすべて捨ててもよい。そうしたら、カードを3枚引く。
ワナビーワラビー UC 水文明 (2)
クリーチャー:トリックス/チームウェイブ 2000
相手のコスト4以下のクリーチャーが、手札以外のどこからでもバトルゾーンに出る時、相手はかわりにそのクリーチャーを手札に加える。

主要カード [編集]

《BUNBUN・ヴァイカー》コンセプト 1ショットキルの要
《DROROOON・バックラスター》cipでGR召喚を行い、自分のGR召喚が行われる度強制バトル
《ワナビーワラビー》GR召喚メタ。赤青で組む理由の1つ

候補カード [編集]

超次元ゾーン [編集]

超GRゾーン [編集]

このデッキの回し方 [編集]

2ターン目、3ターン目とテンポよくメタクリーチャーをバトルゾーンに出して相手の行動をロック。
あるいは《*/弐幻サンドロニア/*》で手札交換を行ったり《“乱振”舞神 G・W・D》で除去しつつドローしたりしてリソースを稼ぐ。
そうして素直にマナを溜めて5ターン目の《BUNBUN・ヴァイカー》で一気に勝負を決めにかかる。

相手をシステムクリーチャーで十分縛っていると確信した場合は、5ターン目にダイレクトアタックを決められるように事前に刻んでシールドを削っておくのも1つの手。

《時空の戦猫シンカイヤヌス》を先置きしてから《お騒がせチューザ》を出し、《時空の戦猫ヤヌスグレンオー》へのループ覚醒によりタイムラグなしに呪文ロックを決めるという妨害を行うパターンもある。

長所 [編集]

【赤白ヴァイカー】と異なり《異端流し オニカマス》を使えるのが大きな利点。無対策の相手はこれ1枚で「詰み」に等しい状況に追い込むことが可能。

殴り返しさえ気を付ければ場持ちする《異端流し オニカマス》で序盤から相手のシールドを削れるため、場合によっては終盤に《BUNBUN・ヴァイカー》本体を着地させてGR召喚を繰り返す際に、長期戦に備えるために自壊マナドライブを遠慮なく自壊させる余裕が生まれる。

《U・S・A・BRELLA》《ワナビーワラビー》のおかげでGR召喚主体のデッキには滅法強く、【オカルトアンダケイン】にも十分対抗できる。

短所 [編集]

手札からの召喚のみによって3ターンキルを狙うことができるデッキには弱く、【赤単ブランド】などには《こたつむり》が引けるかどうか次第になる。

軽量除去の連打、大量展開メタも厳しい。

防御S・トリガー《終末の時計 ザ・クロック》4枚に依存しがち。

【赤青ヴァイカー覇道】 [編集]

【赤青覇道】との折衷型であり、《勝利龍装 クラッシュ“覇道”》というもう1つのコンセプトを持っている。超GRゾーン【BUNBUN・ヴァイカー】仕様となっている。

主要カード [編集]

《勝利龍装 クラッシュ“覇道”》サブフィニッシャー
《“必駆”蛮触礼亞》《“覇道”》を早出し
《海底鬼面城》ドローしてよし、ブレイクを誘って手札を増やしてよしの定番置きドロー
《伝説演者 カメヲロォル》2枚目以降の《海底鬼面城》
《龍装者 バルチュリス》タダ出し打点。《ヴァイカー》のGR召喚能力の試行回数稼ぎに

環境において [編集]

2021年3月の非公式対戦ツール環境(アドバンス)で流行。

3月22日より新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言が解除され、王来篇環境が始まると、爆発的に環境に増加。

参考 [編集]

タグ: デッキ