【赤黒ジャオウガ】 [編集]

黒赤で組まれた中速寄りのビートダウン。かつては《鬼ヶ覇王 ジャオウガ》を主なフィニッシャーとしていたが、《鬼ヶ王魔 エンド・ジャオウガ》が登場してからはそちらをフィニッシャーにしたタイプも増え、その影響から【赤黒エンド・ジャオウガ】とも呼ばれるようになった。

鬼ヶ覇王 ジャオウガ KGM 闇/火文明 (10)
クリーチャー:デモニオ/鬼札王国 17000
<鬼タイム>自分と相手のシールドの数が合計6つ以下なら、このクリーチャーの召喚コストを5少なくする。
スピードアタッカー
T・ブレイカー
このクリーチャーは、召喚されたターン、バトルゾーンを離れない。
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、クリーチャーをすべて破壊する。
鬼ヶ王魔 エンド・ジャオウガ KGM 闇/火文明 (12)
クリーチャー:デモニオ/鬼札王国 17000
スピードアタッカー
T・ブレイカー
<鬼タイム>自分と相手のシールドの数が合計6つ以下なら、このクリーチャーの召喚コストを6少なくする。
<鬼エンド>このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、シールドが1つもないプレイヤーがいて、追加ターン中でなければ、このターンの後にもう一度自分のターンを行ってもよい。そうしたら、そのターンの終わりに自分のクリーチャーをすべて破壊する。
「非道」の鬼 ゴウケン齋 SR 闇文明 (5)
クリーチャー:デモニオ/鬼札王国 6000
W・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンを離れる時、かわりに自分の手札を1枚捨ててもよい。
<鬼タイム>自分と相手のシールドの数が合計6つ以下なら、相手のクリーチャーはタップしてバトルゾーンに出る。

主要カード [編集]

《鬼ヶ覇王 ジャオウガ》核。cip全体除去し、このクリーチャーに除去耐性を付与
《「非道」の鬼 ゴウケン齋》離れる時、ディスカードで場に留まる。
鬼タイムで相手のクリーチャータップイン
《「陰陽」の鬼 ヨミノ晴明》破壊される時、山札を5枚削れば場に留まる。
鬼タイムで自分のターンの初めに墓地からコスト5以下をスピードアタッカーコスト踏み倒し

候補クリーチャー [編集]

《斬斬人形コダマンマ》自身のシールドを減らす
《福腹人形コダマンマ》
《花美師ハナコ》
《堕魔 ドゥンブレ》
《「大蛇」の鬼 ジャドク丸》cipで自身のシールドを減らしつつ、アンタップ状態の相手クリーチャー除去
《キズグイ変怪》アタックトリガーで自身のシールドを減らす。鬼タイム下ではフィニッシャーにも
《「貪」の鬼 バクロ法師》自身のシールドを2枚も減らせるSA鬼タイムT・ブレイカーに。
ヘタするとこのカードで3ターンキル達成も
《「影斬」の鬼 ドクガン竜》アタックトリガーで相手のパワーを-5000。
鬼タイムで全てのクリーチャーブロッカースレイヤー付与
《「是空」の鬼 ゲドウ権現》鬼タイム時に2コストまで軽減できるSAW・ブレイカー敗北回避能力も持つ。
《鬼ヶ王魔 エンド・ジャオウガ》鬼タイム時に6マナで召喚でき、鬼エンド追加ターン
《鬼ヶ鬼 ジャオウガ》アタックトリガーまたはコスト7以下クリーチャーリアニメイト
《鬼ヶ大王 ジャオウガ》cipで全てシールド回収し、鬼タイム鬼エンドを達成
《コクヨウ童子》鬼タイムで自身のターン中、破壊されない
《虹彩奪取 ブラッドギア》初めて召喚するクリーチャーコスト1軽減
《一王二命三眼槍》敗北回避能力持ち。鬼エンド山札の下からコスト5以下踏み倒し

候補呪文 [編集]

《デモニオ八金棒 黒縄棍》自身のシールドを減らすことで全体火力
《鬼札ヶ島 百鬼夜城》パワー低下4000を2回 鬼タイム下なら更に2回
《襲来、鬼札王国!》除去リアニメイトが選択できる。鬼タイムで両方選択可能
《モモダチパワー!!!》キリフダッシュ1を持つ単体6000火力
《フレイムランス・トラップ》S・バックを持つ単体5000火力
《鬼寄せの術》コスト軽減および鬼タイム発動の補助。
《瞬閃と疾駆と双撃の決断》メタクリーチャーの展開、打点補強、SA付与
《百鬼の邪王門》ダイレクトアタック防ぎ

デッキの回し方 [編集]

コンセプトは、自分や相手のシールドを減らしていって鬼タイムを発動させ、耐性を持ちタップイン能力で相手の後続の侵攻を防げる《「非道」の鬼 ゴウケン齋》を立てた後に、《鬼ヶ覇王 ジャオウガ》を召喚し全体除去を行い、一気にダイレクトアタックまで持ち込むこと。

序盤は《斬斬人形コダマンマ》《キズグイ変怪》《「貪」の鬼 バクロ法師》で自分のシールドを減らしつつ、ビートダウンで相手のシールド減らしていって鬼タイムを狙っていこう。

環境において [編集]

DMRP-13期に誕生した時は、《鬼ヶ覇王 ジャオウガ》フィニッシャーとしていたが、残念ながら環境での目覚ましい活躍がほとんどみられなかった。というよりは、フィニッシャーである《鬼ヶ覇王 ジャオウガ》がほとんど活躍していない。

一応、このデッキのチャンピオンシップ優勝報告は上がったことはあるが、《鬼ヶ覇王 ジャオウガ》が出るまでもなく、《「貪」の鬼 バクロ法師》などの4コスト軍だけで十分フィニッシャーが務まってしまうことがほとんどだった。《鬼ヶ覇王 ジャオウガ》はおろか、《「非道」の鬼 ゴウケン齋》すら出ずに勝ててしまうこともあった。そのため、《鬼ヶ覇王 ジャオウガ》を抜いて速攻に特化した【赤黒バクロ法師】が構築され、鬼タイムデッキとしての主流をすぐにそちらに譲った。

そもそも、クリーチャーを並べてビートダウンを仕掛けていくデッキで、自軍をも全滅させる全体除去を放つ《鬼ヶ覇王 ジャオウガ》が合っているとは言い難い。《「非道」の鬼 ゴウケン齋》がいなければフィニッシャーとして機能しにくいのは大きな問題点と言わざるを得なく、自分のシールドも削っていく鬼タイムデッキで、支払いコストが5もかかるカードを2種も出すというのは、あまりにも悠長。
ましてや、環境の高速化が進んでいる十王篇において、鬼タイムを発動させて《「非道」の鬼 ゴウケン齋》のような耐性持ちのクリーチャーを展開し、《鬼ヶ覇王 ジャオウガ》をさせて召喚のは、あまりにものんびりと言わざるを得ないだろう。

《百鬼の邪王門》が登場してからも、攻撃にも特化した【赤黒バクロ法師】のそれを上手く使いこなすことができ、《百鬼の邪王門》《鬼ヶ覇王 ジャオウガ》を出せないこともあって、ますます立場がなくなっていく。

DMRP-16では、鬼エンド追加ターンを獲得できる《鬼ヶ王魔 エンド・ジャオウガ》が登場し、《鬼ヶ覇王 ジャオウガ》に代わってそちらをフィニッシャーにした型の活躍が期待されたが、蓋を開けてみればそちらも環境で大した活躍をしていない。
まず、《鬼ヶ王魔 エンド・ジャオウガ》鬼タイムが発動しても支払いコストが6と重く、出る前に決着がついてしまう。《鬼寄せの術》を使えば、4ターン目に4コストで召喚できるが、今度は鬼エンドの発動に間に合わせることが難しいという問題が発生する。鬼エンドが発動していなければ、《鬼ヶ王魔 エンド・ジャオウガ》はただのスピードアタッカーT・ブレイカーのアタッカーに過ぎず、結局《「貪」の鬼 バクロ法師》で十分ということになってしまう。2021年1月に《鬼ヶ王魔 エンド・ジャオウガ》を投入した型が非公認大会を優勝したが、優勝者は「《エンド・ジャオウガ》をあまり活躍させられなかった」と語っている始末である。

参考 [編集]