【除去サファイア】(デュエル・マスターズ プレイス) [編集]

概要 [編集]

DMPP-06での《ボルメテウス・サファイア・ドラゴン》の収録に伴い成立したデッキタイプ。各種除去カードやハンデスで主導権を握って《サファイア》の召喚に繋げ、勝利を目指す。TCG版では現在も殿堂入りしているカードを4枚まで採用でき、そのフィニッシュ性能は折り紙付き。

青黒赤で組まれることが多いが、を足して4色にする構築もまま見られる。DMPP-01から存在した【ボルメテウスコントロール】や、DMPP-04以降の【白抜き除去ボルバルザーク】に構築やコンセプトは似通っており、それらの系譜を継ぐデッキとも言える。

ボルメテウス・サファイア・ドラゴン SR 火文明 (10)
クリーチャー:アーマード・ドラゴン 11000+
スピードアタッカー
パワーアタッカー+3000
T・ブレイカー
このクリーチャーがシールドをブレイクする時、相手はそのシールドを自身の手札に加えるかわりに墓地に置く。

主要カード [編集]

カード名役割
《ボルメテウス・サファイア・ドラゴン》コンセプト。非常に強力なフィニッシャー

候補カード [編集]

《腐敗電脳アクアポインター》cipハンデス&ドローが非常に優秀
《腐敗勇騎ガレック》cipでハンデス&ブロッカー破壊
《解体人形ジェニー》相手の温存したいカードをピンポイントでハンデスできる可能性がある
《エクストリーム・クロウラー》cip持ちクリーチャーを使い回す。相手のビートダウンに対する防御としても優秀
《腐敗勇騎マルドゥクス》呪文メタに引っかからない選ばせ除去。スピードアタッカーを生かすことも
《エナジー・ライト》定番の手札補充呪文
《ブレイン・チャージャー》10マナまで繋げるために重宝される
《リバース・チャージャー》墓地回収チャージャー呪文
《クリムゾン・チャージャー》ウィニー破壊のチャージャー呪文
《ロスト・ソウル》2枚以上採用されることが多い
《炎槍と水剣の裁》優秀な除去&ドロー呪文
《サウザンド・スピア》パワー3500、4000を意識するなら
《地獄スクラッパー》ウィニーを並べてくる相手に刺さる割り振り火力呪文
《ファントム・バイツ》軽量除去
《デーモン・ハンド》定番の確定除去呪文
《デス・チェイサー》5枚目以降の《デーモン・ハンド》として
《バキューム・ジェル》クセはあるが環境次第では《デス・チェイサー》より扱いやすい
《ロスト・チャージャー》軽量チャージャー呪文。落とした《サファイア》を《リバース・チャージャー》で回収するギミックがある
《コメット・チャージャー》軽量チャージャー呪文。対【ヘブンズ・ゲート】で優秀

光を入れる場合の候補 [編集]

《魂と記憶の盾》非常に扱いやすい軽量除去呪文
《アクア・リバイバー》相手の《サファイア》に対する防御として優れる
《新星の精霊アルシア》墓地から呪文回収。相互互換《暁の守護者ファル・イーガ》でも可
《アポカリプス・デイ》主導権を握られた時に盤面をリセットする
《結界の守護者クレス・ドーベル》不利対面である【ダイヤモンド・ブリザード】への対策として

プレイング [編集]

  • 基本的にマナカーブに忠実にプレイを続け、ドローハンデス除去を織り交ぜて《サファイア》の着地へとつなげる。各種チャージャー呪文を使えば10マナ到達はさほど難しくないため、その分水嶺にいかに到達できるかがプレイングの肝となる。
  • ミラーマッチでは、先に《サファイア》を出してしまうと返しのターンに相手の《サファイア》で殴り返しされるリスクがある。他の《サファイア》を採用しているデッキに対しても同じ悩みを抱えながらプレイする必要があり、どう対処するかは腕が問われる部分だろう。

長所 [編集]

  • 採用するカードの種類や枚数の選択肢に幅があり、環境に合わせて柔軟な構築を取れるのも強みの一つ。

短所 [編集]

公式大会 [編集]

2020年11月21日に行われた公式大会「第2回バトルアリーナ」では、全2048人の参加者のうち12.7%のプレイヤーが【除去サファイア】を使用。20.9%の【ヘブンズ・ゲート】、13.4%の【アウゼスコントロール】に次ぐ3番目の使用率であった。8名での決勝トーナメントにも1名が進出し、準優勝を果たしている。

参考 [編集]