青黒退化(あおくろたいか) [編集]

軽量墓地進化で大型クリーチャーを進化元にし、《龍脈術 落城の計》等で退化させて大型クリーチャーをバトルゾーンに残すコンボデッキ。墓地進化の手札交換と退化を行うの2色で組まれる。「【墓地退化】」と呼ばれるデッキは大抵これを指す。

龍脈術 落城の計 C 水文明 (3)
呪文
S・トリガー
バトルゾーンにあるコスト6以下のカードを1枚選び、持ち主の手札に戻す。
死神術士デスマーチ UC 闇文明 (1)
進化クリーチャー:デスパペット 1000
ブロッカー
墓地進化−闇のクリーチャーを1体自分の墓地から選び、このクリーチャーをその上に重ねつつバトルゾーンに出す。
このクリーチャーがバトルする時、そのバトルの終わりまで、バトルしている相手クリーチャーのパワーは-4000される。(パワー0以下のクリーチャーは破壊される)
竜魔神王バルカディア・NEX P 光/闇/火文明 (15)
進化クリーチャー:エンジェル・コマンド/デーモン・コマンド/アーマード・ドラゴン 25000
進化GV−自分のエンジェル・コマンド、デーモン・コマンド、アーマード・ドラゴンのいずれか3体を重ねた上に置く。
相手は呪文を唱える事ができない。
このクリーチャーが攻撃する時、相手のクリーチャーを1体破壊し、自分の山札を見る。その中からドラゴンまたはコマンドを1体選び、バトルゾーンに出してもよい。その後、山札をシャッフルする。
ワールド・ブレイカー

このデッキの動かし方 [編集]

序盤に《エマージェンシー・タイフーン》《戦略のD・H アツト》でパーツを集めつつ進化元を落とす。
その後、《死神術士デスマーチ》または《鬼面妖蟲ワーム・ゴワルスキー》に墓地進化。
その後、デスマーチまたはゴワルスキーに《龍脈術 落城の計》を撃ち、退化して攻撃してシールドを全部割って、ダイレクトアタックする。
退化先には《竜魔神王バルカディア・NEX》《第七神帝サハスラーラ》があげられる。
基本的には前者で事足りるが、後者は1体でダイレクトアタックまで持ち込め、安価なため試験運用にも適する。

主要カード [編集]

《龍脈術 落城の計》コンセプト
《死神術士デスマーチ》退化元
《竜魔神王バルカディア・NEX》退化先。強力な呪文ロック効果に加えて、攻撃時にクリーチャーの除去や《∞龍 ゲンムエンペラー》などの本来退化させて出すはずの大型クリーチャーを踏み倒せる
《異端流し オニカマス》大抵のコスト踏み倒しを防ぐアンタッチャブルダイレクトアタック要員としても非常に優秀

候補退化元・退化先 [編集]

《鬼面妖蟲ワーム・ゴワルスキー》pigランダムハンデス
《死神竜凰ドルゲドス》ブロックを封じる
《第七神帝サハスラーラ》1体でダイレクトアタックまで持ち込める
《超絶の名 シャーロック》疑似的な超次元封じ。除去耐性が高い
《血塗られた奈落 スクリーム》相手の攻撃をシャットアウト。効果で墓地も肥やすので相性がいい。【速攻】、ビート受けにも向いている
《破壊龍神ヘヴィ・デス・メタル GS》フィニッシャーとしては力不足だが、退化先の中では唯一受け札として使える
《FORBIDDEN 〜禁断の星〜》スピードアタッカー。攻撃時に除去リアニメイト

その他候補カード [編集]

《エマージェンシー・タイフーン》墓地肥やし
《サイバー・チューン》
《超魔導書グリモア第I章》
《シンカイタイフーン》
《戦略のD・H アツト》
《【問2】ノロン⤴》
《戯具 ドゥゲンダ》
《ネ申・マニフェスト》
《斬隠蒼頭龍バイケン》《エマージェンシー・タイフーン》らをバウンスに変換
《海底鬼面城》ドローソース
《終末の時計 ザ・クロック》最も簡便な防御方法
《地獄門デス・ゲート》
《冥王の牙》
《センジュ・スプラッシュ》5枚目の落城の計
《堕呪 エアヴォ》
《チューン・アゲイン》一般的には5枚目だとしても《センジュ・スプラッシュ》が優先されるが、S・トリガーを重視するのであれば選択肢に入る
《ロスト・ウォーターゲイト》多色の退化先を持ってくる
《奈落の葬儀人デス・シュテロン》《バルカディア・NEX》の踏み倒し先。毎ターンオールハンデス、離れると場をリセット。コンボデッキに大ダメージを与える
《∞龍 ゲンムエンペラー》《バルカディア・NEX》の踏み倒し先。ほとんどの踏み倒しメタを貫通し、《終末の時計 ザ・クロック》《光牙忍ハヤブサマル》を無効化する
《ボルシャック・クロス・NEX》《バルカディア・NEX》の踏み倒し先。《クロック》や《ハヤブサマル》を対策できるスピードアタッカー
《ボルシャック・クロス・NEX/ボルシャック英雄譚》
《悪魔神バロム・クエイク》《バルカディア・NEX》の踏み倒し先。枠が厳しいが、制圧力は絶大
《聖魔連結王 バロディアス》《バルカディア・NEX》の踏み倒し先。EXライフで踏み倒しメタを貫通できる単色呪文限定のアンタッチャブル
《聖魔連結王 ドルファディロム》《バルカディア・NEX》の踏み倒し先。EXライフで踏み倒しメタを貫通しつつ単色限定の全体除去を放つスピードアタッカー
《FORBIDDEN STAR〜世界最後の日〜》コマンド《FORBIDDEN 〜禁断の星〜》のみをフィニッシャーに据えている場合限定
《零龍》《デス・シュテロン》で《手札の儀》《破壊の儀》を、また墓地肥やしのついでに《墓地の儀》を狙える。基本的に《復活の儀》並びに零龍卍誕は狙えない。

このデッキの弱点 [編集]

基本的に墓地に退化先を用意した上でターンを明け渡すため、《ポクチンちん》等で墓地をリセットされると辛い。
1体の打点にかけていることもあり、ブロッカーを1体出されるだけで時間を稼がられることが多い。墓地経由で退化、という特殊な方法でバトルゾーンに出しているのでバウンス《オリオティス・ジャッジ》などで墓地以外に戻されると次に出すまで非常に苦労する事になる。
手札交換は多いものの純粋な手札補充手段は少なく、手札も枯渇しやすい。貴重な《バイケン》を攻め手の補充のために泣く泣く捨てざるを得ない場面はしょっちゅうである。

また、デッキ構成と手札の枚数の都合上、マナゾーンマナを1枚しか用意できない場面は多く、そこをランデスで執拗に狙われると墓地進化そのものが不可能になり、機能不全を起こす危険性がある。

多くのデッキと同じく、《希望のジョー星》がいると機能しないデッキコンセプト。《龍脈術 落城の計》で除去はできるものの、次のターンにはまた出されてしまうため、先行3ターン目で《デス・シュテロン》に退化し、手札をすべて捨てさせる必要がある。《ミラクル1 ドレミ24》を使えば可能だが、初期手札の要求値が高すぎるため現実的ではない。

山札全体からカードを探す手段が《伊達人形ナスロスチャ》程度しかなく、手札交換があるといっても意外と事故を起こしやすい。【速攻】に対してはコスト踏み倒しメタなどのメタカードで妨害しないと準備をしている間に殴り切られてしまうことも。

また、退化に成功したとしても《ボルシャック・ドギラゴン》で止められるケースも多く、《竜魔神王バルカディア・NEX》でダイレクトアタック要員を出す際にコスト踏み倒しメタに引っ掛かる点も痛い。バトルゾーンにでさえすれば事実上コスト踏み倒しメタを貫通する《∞龍 ゲンムエンペラー》ですらも、着地置換効果持ちや出ることそのものができないようにするものには無力。ターンを返したら《ボルシャック・サイバーエクス》による除去も怖い。

その他 [編集]

DMデッキ開発部SAGEのVol.09にてこのデッキが紹介されているので参考にするといいだろう。

零龍との相性は抜群。十王編で登場した《不敵怪人アンダケイン》を《デス・シュテロン》と合わせるとフシギバース1回で場合によっては《破壊の儀》《墓地の儀》《復活の儀》が達成できる。《デス・シュテロン》単体で《手札の儀》も達成できるため【零龍墓地退化】?の場合はこの動きを前提にデッキが組まれることが多い

参考 [編集]