【5色グレンモルト】 [編集]

【5色コントロール】《最終龍覇 グレンモルト》に寄せたもの。王来篇環境到来と共に流行。

5色にまたがるカードプールを味方に付けて無数の構築を擁するため、以下に説明するレシピもその一例に過ぎない。
特に《FORBIDDEN STAR〜世界最後の日〜》に寄せたものは【5色ドルマゲドン】とも呼ばれる。
《聖魔連結王 ドルファディロム》が登場してからは、【5色ドルファディロム】と呼ばれるようにもなる。

ただ単に【5色蒼龍】《最終龍覇 グレンモルト》を足したものを指すこともあるが、それはここでは扱わない。

最終龍覇 グレンモルト P 光/闇/火文明 (7)
クリーチャー:ガイアール・コマンド・ドラゴン/ヒューマノイド爆/ドラグナー 6000+
スピードアタッカー
パワード・ブレイカー
バトルゾーンにある自分のドラグハート1枚につき、このクリーチャーのパワーを+3000する。
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、または自分のターンのはじめに、自分のマナゾーンにあるカードと同じ文明を持つコスト5以下のドラグハート・ウエポンを1枚、自分の超次元ゾーンからバトルゾーンに出す。(このクリーチャーに装備する)
このクリーチャーがバトルゾーンを離れる時、かわりに自分のドラグハートを1枚、超次元ゾーンに戻してもよい。

主要カード [編集]

候補単色カード [編集]

《フェアリー・ミラクル》【5色コントロール】定番のマナブースト。下記の《獅子王》より1コスト軽いのが強み。
《獅子王の遺跡》こちらも定番のマナブースト。ブースト量が多くS・トリガーを持つのが強み。
《闘争類拳嘩目 ステゴロ・カイザー/お清めシャラップ》呪文面は初動マナブーストと墓地利用メタ。上面は除去とマナ回収持ちコマンド・ドラゴン
《とこしえの超人》わずか1コストで、更に受けにもなれるメタカード。《FORBIDDEN STAR〜世界最後の日〜》入りの場合は禁断爆発前に場から離しておくこと
《DG-パルテノン 〜龍の創り出される地〜》コンボデッキソリティア対策。後者は《邪帝斧 ボアロアックス》で出せる
《リツイーギョ #桜 #満開》
《解罪 ジェ霊ニー》GR召喚付きピーピングハンデス
《裏切りの魔狼月下城》殿堂入り大量ハンデス呪文。
《悪魔龍 ダークマスターズ》大量ハンデス枠。コマンド・ドラゴンのため《FORBIDDEN STAR〜世界最後の日〜》入りの場合は《ニコル》より優先。
《絶望と反魂と滅殺の決断》2枚ハンデスも単純に強力だが、墓地に落ちた《デドダム》復活や相手の《とこしえ》等を除去したりと万能。《零龍》型の場合は最優先
《残虐覇王デスカール/ロスト・ソウル》呪文面で手札を消し飛ばす。その後上面をリアニメイトして継続的に2ハンデスする
《龍素記号Xf クローチェ・フオーコ》墓地利用メタ
《威牙の幻ハンゾウ》禁断爆発専用機
《界王類邪龍目 ザ=デッドブラッキオ》受け札。《サイゾウ》より早く使用可能であり、特に龍解禁止能力がミラーマッチで重宝する
《知識と流転と時空の決断》GR召喚2回でリソース確保。受け札にもなる。GR召喚を止められてもドローorバウンスと無駄にならない
《フェアリー・ギフト》《最終龍覇 グレンモルト》等を早出し
《ドラゴンズ・サイン》《最終龍覇 グレンモルト》や《龍風混成 ザーディクリカ》を踏み倒せるS・トリガー
《呪紋のカルマ インカ》《邪帝斧 ボアロアックス》で出せる召喚メタ。詰めに使う
《オールデリート》自陣に《最終龍覇 グレンモルト》等の除去耐性持ちのクリーチャーがいれば勝利できる
《聖霊王アルファディオス GS》一部のデッキは出すだけで詰む。G・ストライク持ち。進化元が《ドルファディロム》・《ザーディクリカ》と場持ちが良い者ばかりなのも追い風
《希望のジョー星》《ドルファディロム》、《アルファディオス》の範囲を広げる。自分の《グレンモルト》や《FORBIDDEN STAR》も機能停止するため、基本は終盤の詰めとして出す

候補多色カード [編集]

《ウマキン☆プロジェクト》コマンドが付いた生ける《フェアリー・シャワー》
《ドンドン水撒くナウ》リソース確保、除去防御札を一手に引き受ける。中盤の繋ぎにも
《ドンドン火噴くナウ》マナ回収できる《水撒く》とは選択。こちらは破壊と墓地肥やしができる。
《ニコル・ボーラス》ビッグマナおなじみの大量ハンデスドラゴン
《灰燼と天門の儀式》《最終龍覇 グレンモルト》等をリアニメイトしつつ除去とブロッカー付与を行うS・トリガー呪文。
《襲来、鬼札王国!》上記の《灰燼》と選択。こちらはリアニメイトできなくとも除去はできるのが強み。
《マグヌマ・ダンベガルー》《邪帝斧 ボアロアックス》から投げて一気に手札補充
《月の死神ベル・ヘル・デ・スカル》S・トリガーつきのコマンドで、墓地マナゾーンからカードを回収。
《禁断V キザム》ほぼS・トリガー前提のカウンター札。《~世界最後の日〜》シナジー抜群
《S・S・S》破壊バウンスオールタップを行うS・トリガー。制圧力は最強クラス
《轟牙忍 ハヤブサリュウ》コマンドサポートが受けられる上にSAも持ったブロッカーNS
《怒流牙 サイゾウミスト》原則確実に1回攻撃を凌げるNS
《切札勝太&カツキング -熱血の物語-》《ドンドン吸い込むナウ》cipで撃てる。革命2でS・トリガー化、革命0でスピードアタッカー化&パンプアップ
《禁断竜秘伝エターナルプレミアムズ》マナを減らさずに5コスト以下をマナから展開できる。効果バトルと味方全員のアンブロッカブル化も
《音卿の精霊龍 ラフルル・ラブ/「未来から来る、だからミラクル」》クリーチャー面で呪文を封じて安全に詰めたり、呪文面を《龍風混成 ザーディクリカ》で撃ったりとユーティリティな動きができる

ゲーム開始時にバトルゾーンに存在出来るカード [編集]

《滅亡の起源 零無》/《零龍》《FORBIDDEN STAR》と違い自軍の攻撃制限がない。零龍卍誕は無理に狙う必要はないが、意外と卍誕まで行ける
《手札の儀》《墓地の儀》と併せてハンデス対策。リソースが尽きた時の保険にもなる
《墓地の儀》《手札の儀》と併せてハンデス対策。《ドンドン火噴くナウ》等を使っているといつの間にか達成圏内にある事も
《復活の儀》各種リアニメイトで達成可能。同時に《墓地の儀》を達成できる場合も多い
《破壊の儀》《ドルファディロム》の大量除去のついでに達成。《灰燼と天門の儀式》《裏切りの魔狼月下城》を回収してさらに相手と差を着ける

超次元ゾーン [編集]

超GRゾーン [編集]

このデッキの回し方 [編集]

一例としては以下の通りである。

《フェアリー・ミラクル》《天災 デドダム》から《ドンドン水撒くナウ》《ドンドン火噴くナウ》に繋げ、バトルゾーン手札マナゾーンのリソースを稼ぐ。その上で、適宜メタカードを相手にぶつけたり除去で盤面を取ったりする。

準備ができ次第《最終龍覇 グレンモルト》《銀河大剣 ガイハート》《銀河剣 プロトハート》を装備させ、ワンショットを行う。ワンショット失敗時に備え、ニンジャ・ストライクも蓄えておこう。

長所 [編集]

《最終龍覇 グレンモルト》《聖魔連結王 ドルファディロム》にフィニッシュ枠を最小化しているおかげで、10枚前後の豊富なブーストカードに加えて、メタカードの枠を7、8枚程度取れる。王来篇環境最初期で言うと、【オカルトアンダケイン】4枚積み《DG-パルテノン 〜龍の創り出される地〜》《とこしえの超人》、3枚投入の《龍素記号Xf クローチェ・フオーコ》で包囲できる。同様にフィニッシュ枠を削減していることから、受け札の枠も10枚前後取ることができる。

防御に関してもニンジャ・ストライク禁断爆発零龍卍誕があるので、他の【5色コントロール】より呪文メタにも比較的強い。

フィニッシャー《最終龍覇 グレンモルト》《聖魔連結王 ドルファディロム》白黒赤であることも大きい。初動札や防御札青緑が多く、それらの文明を完全に補完できる。特に、《フェアリー・ミラクル》を使う型なら、2ブーストの条件を容易に達成できるようになる。

【5色コントロール】としては珍しく4枚積みのカードが多く、メインデッキが4枚×10種類に近い構築もざら。そのため、【5色コントロール】の中では再現性が高く、事故率が低い。また、《聖魔連結王 ドルファディロム》登場以降は《希望のジョー星》への実質的な耐性までも獲得している。

耐性持ちで雑殴りするだけで勝てる場合も少なくなく、《聖魔連結王 ドルファディロム》呪文ロックへの依存度は低い。EXライフによるシールド追加ニンジャ・ストライクのおかげでワンショット失敗時の保険も充分であり、相手が【速攻】レベルの打点形成能力なら心配ない。

リアニメイト《絶望と反魂と滅殺の決断》などの墓地戦術もあるので、ハンデスにもある程度強い。手札が溜まりやすいので《零龍》型であれば下手なハンデスは逆利用する事さえ可能。

短所 [編集]

手札以外からカードを出すことが多いため、手札以外から出すことを規制するメタカードには弱い。相手の《とこしえの超人》もそこそこ刺さる。

メタカードが刺さらない相手には好き勝手に動かれやすい。3ターンキルを目指す速攻に対しては、受け札の枚数と刺さり方次第。

また、《獅子王の遺跡》が入らない構築の場合、カウンターでマナを伸ばす方法に乏しく、速攻には意外と押しきられてしまいやすい。

《銀河大剣 ガイハート》龍解を狙うのがメインなので、《ドルファディロム》で封じることのできないS・トリガーに対しては何らかのロック手段を持っていない限り弱い。また、カウンターで《界王類邪龍目 ザ=デッドブラッキオ》を出されると龍解を禁止され、大幅な失速を余儀なくされる。

また、《FORBIDDEN STAR〜世界最後の日〜》《とこしえの超人》を同時に採用する場合は注意したい。禁断爆発した時に自陣に《とこしえ》がいると封印マナに送られてしまい、相手クリーチャーを封印できなくなってしまう。《FORBIDDEN STAR〜世界最後の日〜》の制限によって《とこしえ》を自爆特攻させることもできないため、《滅殺刃 ゴー・トゥ・ヘル》を採用する等して《とこしえ》を場から離す手段を別途用意しておく必要がある。

  • スレイヤー付与のみを当てにするなら、先に右下の封印を外して禁断爆発を不発にする手もある。

《零龍》型の場合でも、相手に1枚多く手札を与えてしまう点に注意。相手の《とこしえ》によるダメージも少し増加する。

環境において [編集]

《聖魔連結王 ドルファディロム》が登場して【5色ドルファディロム】が成立すると王来篇環境の中心となった。

だがDMEX-16期になると【ゼロ・ルピアループ】の台頭によって相対数が減少。この頃になると、《最終龍覇 グレンモルト》フィニッシャーというよりリソース要員として使うケースが目立つようになった。極端な例では、《最終龍覇 グレンモルト》を中継点に《砕慄接続 グレイトフル・ベン》での大量マナブーストに繋げ、最後に《水上第九院 シャコガイル》でフィニッシュする型、《最終龍覇 グレンモルト》を活かして《天災 デドダム》《龍風混成 ザーディクリカ》を大量に並べ、《S級宇宙 アダムスキー》で安全に勝ちに行く方も見られた。

DMBD-16DMBD-17期には、《切札勝太&カツキング -熱血の物語-》革命チェンジ元に《蒼き団長 ドギラゴン剣》《時の法皇 ミラダンテXII》での上振れを狙ったり、《天災 デドダム》侵略元に《SSS級天災 デッドダムド》で打点補強を狙った型も結果を残した。同デッキは《奇石 ミクセル/ジャミング・チャフ》も採用しており、6打点を揃えてから《ジャミング・チャフ》を唱えて雑にワンショットする場面も実際の対戦では多かった。《超GR・チャージャー》自壊マナドライブでのアドバンテージを狙う型も上位入賞した。

参考 [編集]