どこでもないゾーン [編集]

プレイされたカードが解決、または処理されるまで置かれる領域。

デュエル・マスターズ総合ゲームルールが制定されて以降、カードをプレイする場合はどのカードタイプでも必ず一旦経由することになった。

ルール [編集]

その他 [編集]

  • 俗に「解決領域」や「スタック」、「グレーゾーン」と呼ばれることがある。ただし、Magic:The Gatheringの「スタック」に関するルールとは大きく異なるので注意。
  • ゾーンというよりは8つのゾーンに当てはまらない「ゾーンではない場所・状態」を指している、といった方が実態に近い。
    • 一方で、「ゾーン」として存在するかのような表記がされている箇所もあり、ルール中で矛盾が起きている。
    • 数学レベルでは、「どこでもないゾーン」というゾーン名は自己言及のパラドックスを孕んでいる。
  • デュエル・マスターズ総合ゲームルールで制定された。公式のかなり堅い文章内に突如間延びしたような名称が登場したため、プレイヤーの間で一時話題となった。制定した真木氏にいたるまでネタにするほどである。

参考 [編集]