アバレチェーン [編集]

<アバレチェーン>自分のクリーチャーが攻撃する時、それがこのターン最初の攻撃なら、~。

DMRP-15で登場した能力語

自分のそのターン最初の攻撃クリーチャーに能力の付与アタックトリガーの疑似付与をする。

荒舞の鎖 ナマケイラ VR 光/自然文明 (6)
クリーチャー:ビーストフォーク/暴拳王国 7500
ブロッカー
W・ブレイカー
<アバレチェーン>自分のクリーチャーが攻撃する時、それがこのターン最初の攻撃なら、自分の山札の上から2枚見てもよい。そうしたら、そのうちの1枚を裏向きにして、新しいシールドとしてシールドゾーンに置き、もう1枚をマナゾーンに置く。
このクリーチャーが破壊された時、相手のクリーチャーを1体選び、持ち主のマナゾーンに置く。
我怒の鎖 パンサーベア SR 光/自然文明 (8)
クリーチャー:ビーストフォーク/暴拳王国 14000
マッハファイター(このクリーチャーは、バトルゾーンに出たターンの間、タップまたはアンタップしているクリーチャーを攻撃できる)
T・ブレイカー
<アバレチェーン>自分のクリーチャーが攻撃する時、それがこのターン最初の攻撃なら、このターン、そのクリーチャーのパワーを+20000し、「ワールド・ブレイカー」を与える。(「ワールド・ブレイカー」を持つクリーチャーは相手のシールドをすべてブレイクする)
相手は、自身のターンにクリーチャーを召喚するか呪文を唱えたら、そのターンの間、召喚も唱えることもできない。

性質上、基本的には後続のクリーチャーには何の恩恵も与えられない。

《剛力羅王 ゴリオ・ブゴリ》があれば、以下の能力により1ターンに2回アバレチェーンを使うことができる。

自分のクリーチャーの「アバレチェーン」のテキストにある「それがこのターン最初の攻撃なら」を「それがこのターン最初または2度目の攻撃なら」に変える。
  • タップ能力を使用した時、攻撃はしておらず、「攻撃する時」のタイミングも来ないため、アバレチェーンの効果は受けない。
  • 味方全体に効果を付与するので、アバレチェーンクリーチャーが並べば並ぶほど、その一撃がまさに鎖のように連なり、強烈になってゆく。
  • 攻撃が発動条件なので、光文明を含む能力にしては攻撃的。
  • 能力としてはDMR-19の「煽動」サイクルと酷似しているが、必殺技ということもありこちらの方が付与される能力は強力。
  • 名前の由来は「暴れる」と「鎖(チェーン)」。

「アバレチェーン」に関連する能力を持つカード [編集]

参考 [編集]


公式Q&A

Q.「アバレチェーン」はどういう能力ですか?
A.自分のクリーチャー攻撃する時、それがこのターン最初の攻撃ならトリガーする能力です。「アバレチェーン能力を持つクリーチャーが3体いた場合、最初の攻撃で3体の「アバレチェーン能力トリガーして、それらを好きな順番で解決できます。
(総合ルール 506.3a 506.3c)
引用元