カード名を選ぶ [編集]

プレイヤーがカードの効果でカード名を指定すること。

永刻のクイーン・メイデン UC 水/自然文明 (3)
進化クリーチャー:スピリット・クォーツ 6000
進化−自分のスピリット・クォーツ1体の上に置く。
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、カード名を1つ選んで言う。自分の山札の上から1枚目を表向きにする。それが選んだカードであれば、自分の手札に加える。それ以外のカードであれば、自分のマナゾーンに置く。
W・ブレイカー
神聖龍 エモーショナル・ハードコア SR 光文明 (7)
クリーチャー:オラクル・ドラゴン/オラクリオン 9500
ブロッカー
W・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、《神聖龍 エモーショナル・ハードコア》以外のクリーチャーの名前を1つ選ぶ。
選んだ名前を持つクリーチャーの能力をすべて無視する。
相手がクリーチャーを選ぶ時、バトルゾーンに自分の他のオラクルがあれば、このクリーチャーは選ばれない。(ただし、このクリーチャーを攻撃またはブロックしてもよい)

ルール [編集]

202.2. 効果によってプレイヤーが「カード名を1つ指定する」場合、そのプレイヤーは実際に存在するカード名を選ばなければなりません。同じカード名部分を持ち、バリエーションの存在するカードの場合、それを含めて宣言する必要があります。(ただし、実際のゲームプレイにおいては双方のプレイヤーが認識できる呼び方でかまいません。)

  • 選んだカードが1種類に特定できるだけの情報があれば、言うカード名が不正確であってもよい。
    • たとえば「ブロンズ・アーム・ライブ」のような言い間違いであれば、《青銅の鎧》を指していることは明確であるため、許容される。
    • 相手に伝わるのであれば略称で言ってもよい。ただし、その略称だけでカード名が1種類に特定できる必要がある。
    • 言われた略称だけでカード名が特定できない場合、言われた側はカード名を特定できるよう情報の追加を求めなければならず、カード名を言う側はそれに応じなければならない。
      わざとカード名を不明瞭なままにしておき、後から指定したカード名が違うとごねるなどの行為は非紳士的行為・不正行為として罰則の対象になることもあり得る。
    • とは言え、不正確なカード名や略称は相手に通じない、あるいは違うカード名と認識されてしまう恐れがある。
      特に、あまり親しくない相手と対戦する場合は、正確なカード名がわからない、カード名が長すぎるなどの事情が無い限り、正確なカード名を相手に伝えるのが望ましい。

参考 [編集]