カード指定除去 [編集]

カード」を対象にする除去のこと。

通常の除去クリーチャーを○体、クロスギアを○枚などと対象のカードタイプが指定されている。
しかしカード指定除去はその条件がなく、クリーチャーだけでなくフォートレスウエポンも対象にすることができる。

龍脈術 落城の計 C 水文明 (3)
呪文
S・トリガー
バトルゾーンにあるコスト6以下のカードを1枚選び、持ち主の手札に戻す。

カード指定除去はカードタイプの指定がない分、通常の除去よりも格段に汎用性が高い。
クリーチャーだけでなく、クロスギアフォートレスも選べるので、幅広いカードに対処できる。

特にフォートレス除去できる点は非常に重要である。ドラゴン・サーガ以前の多くの除去では対処することができないため、それらのメタカードとして注目されることとなった。

もちろん既存の除去が完全に退いたわけではなく、カード指定除去でないカードにも十分に居場所はある。スペックの違いに合わせて使い分けていくことが大切である。

カード指定除去の難点としては、ゲームでの実用性云々よりもルールの難解さが挙げられる。進化クリーチャーG・リンクしたゴッドサイキック・スーパー・クリーチャーのような「複数枚のカードで構成されたオブジェクト」を狙った場合の処理が従来の除去とは異なるため、その点に注意する必要がある。

以下のルールを熟読し、ゲームの進行に支障を来たすことのないように心がけたい。

ルール [編集]

  • 2014/01/17の裁定変更に伴い、テキスト中における「カードを○○枚」の扱いが変更された。バトルゾーンシールドゾーンにおけるオブジェクトを指定し、移動を強要した場合、まるまるそのオブジェクトすべてを移動させるのではなく、そのオブジェクトを構成するカードから直接カードを指定枚数選んで移動させることになった。
  • 2015/7/15の裁定変更に伴い、複数枚数で構成されるクリーチャーの扱いが変更された。変更前は、複数枚数で構成されるクリーチャーの一部のカードだけがカード指定除去によって移動した場合、いかなる場合でもクリーチャーとして離れたとは扱われなかった。変更後は以下のとおりである。
  • 非常にややこしいが、「複数枚で構成された対象はそれぞれのカードを別個に数える」「進化元とサイキック・セルはクリーチャー扱いでない」というのが原則である。この2点を覚えておきたい。

バトルゾーン以外のカード指定除去 [編集]

バトルゾーンのほかには、シールドゾーンにおいてカード指定の除去とそうでない除去が区別される。
それ以外のゾーンでは、カード単位での除去しか存在しない。

その他 [編集]

代表的なカード指定除去 [編集]

無色

自然

多色

参考 [編集]


公式Q&A

Q.2枚の進化元を持つ《暗黒凰ゼロ・フェニックス》に、2枚のオレガ・オーラが付いています。《トンギヌスの槍》など、カードを対象とする効果によって《暗黒凰ゼロ・フェニックス》のみがバトルゾーンから移動し、進化元のクリーチャー2体が再構築される時、付いていたオレガ・オーラはどうなりますか?
A.再構築を行う際、残した2体のクリーチャーのうち、いずれかに2枚のオレガ・オーラが付いた状態でバトルゾーンに残します。オレガ・オーラのみをクリーチャーに付けずに墓地へ送ることは出来ません。
引用元

Q《龍脈術 落城の計》《唯我独尊ガイアール・オレドラゴン》のサイキック・セル1枚を選び、手札に戻せますか?
A.はい、サイキック・セルのコストは0なので、選ぶことができます。この場合、選ばれたカードはクリーチャーとしてではなく、サイキック・セルとしてバトルゾーンを離れるので「リンク解除」を行うことができず、結果として残りの2枚も超次元ゾーンに置かれます。
引用元

Q.封印の付いた《Black Lotus》《龍脈術 落城の計》などのカードを選ぶ効果により手札に戻しました。この場合、《Black Lotus》に付いていた封印はどうなりますか?
A.墓地に置かれます。《Black Lotus》のみが手札に戻り、封印は単体でバトルゾーンに存在できないため、状況起因処理によって墓地に置かれます。《Black Lotus》が他のゾーンへ移動した場合も同じで、封印は墓地に置かれます。
引用元

Q.《不夜城艦 クランヴィア》の下に呪文が置かれている状態で、《不夜城艦 クランヴィア》が封印された場合、《龍脈術 落城の計》などのカード指定の効果によって、《不夜城艦 クランヴィア》の下に置かれている呪文は選ぶことができますか?
A.いいえ、選べません。《不夜城艦 クランヴィア》の下にある呪文も無視されている状態です。
引用元