キラ 節を編集

漫画・アニメ「デュエル・マスターズ(2017)」及びアニメ「VSRF」で登場するキャラクター

CV:豊永利行

本名は「(きら) ヒカル」。切札 ジョーの1つ年上の親友でありライバル。首元のスカーフは幼少時代にジョーと交換したもの。口癖は「正義」「キラめく」。

ジョーとは離れ離れになっていたが、帰国した時にジョーの学校に転校する。
2年ぶりに再会後もジョーとの友情は変わっておらず、ジョーカーズを作ってから連勝していたジョーデュエマで勝利した。

ジョーには秘密にしているが、「正義」のためとしてクリーチャー世界を監視し、侵入者を「真のデュエル」で撃退している他、デュエル・ウォーリアの退治もしている。
一度目のボルツとのデュエマでは「マナチャージのみでの進行」という試練を乗り越える事で《オヴ・シディア》とのマスター契約を果たし、デュエルマスター候補となる。

正義の執行者となっている間は専用のコスチュームを装着する。
はじめは真のデュエルで敗北したボルツの命を見逃すなど情けを見せていたが、次第に相手を殺す事も厭わない非情さと決意を身に着けていく。
これにはキラの母が深く関わっており、プランDGに自らの力を尽くしているほか、情けを捨てるためにジョーとの関係を断ち切るように言われている。
キラ本人は正義の為の非情とジョーとの友情の間で葛藤し、非情に徹していた筈のボルツとの二戦目も、ボルツジョーの友達である事を知って命は奪えずにいた。

使用デッキ白単メタリカ。攻めながら守る「ラビリンスデュエル」を得意とする。
ボルツとの二度目のデュエマでは《隻眼ノ裁キ》《オヴ・シディアDG》を生み出し、《DG 〜ヒトノ造リシモノ〜》も絡めて相手に抵抗不能のロックを仕掛ける「ジャッジメント・ラビリンスデュエル」を展開した。
ゲジスキーとの戦いで《サッヴァークDG》が真の姿《煌龍 サッヴァーク》になったことにより、先述のラビリンスデュエルを「ドラゴンラビリンス」へと昇華させた。

「デュエル・マスターズ(2017)」ではラスボスも務め、ジョーと対峙することになる。

その後、伝説の剣を手に入れたことで《煌世主 サッヴァーク†》を獲得。
「!」30話では闇の手先であると勘違いしたハニーQと対決。

そして「‼」第35話では、《零龍》卍誕させたゼーロによって体を塵にされ、ジョーに正義の意志とスカーフを託し死んでしまうが、その後記憶が消滅した状態で復活した。

戦績 節を編集

  • 通算戦績:29戦21勝6敗2中断

デュエル・マスターズ2017 節を編集

デュエル・マスターズ! 節を編集

デュエル・マスターズ!! 節を編集

  • 通算成績:4戦1勝2敗1中断
    話数対戦相手勝敗デッキ名
    5話川守田ジュニア勝利奏でよ!煌銀河の旋律!
    28話ギリ中断正義に響け!煌銀河の旋律!
    29話ボルツ敗北(不明)
    33-34話ゼーロ正義に響け!煌銀河最終形態!

使用カード 節を編集

関連デッキ 節を編集

VSRF期 節を編集

小学3年生。ジョーとはスカーフ繋がりで知り合った親友。
デュエマに限らずジョーとの遊びでは無敗であり、連戦連勝していた。

ジョーとの勝負が100戦目を迎えるころ、親の都合で海外に行く事をジョーに告白し、ジョーとと初めて出会った公園で100戦目の最後の勝負としてデュエマで対決する。

使用デッキ白単【サザン・ルネッサンス】。「VSRF」の放映当時には環境でも見られた所謂ガチデッキである。

ジョーとの最後のデュエマでは《月の輝き 夢幻》を使った、攻めながら守る「ラビリンスデュエル」を披露したが《ジョリー・ザ・ジョニー Joe》全体除去の前に敗れる。
デュエマの後、友情の証としてジョーと自分のスカーフを交換し、空港で見送られながら日本を去った。

戦績 節を編集

アニメ「デュエル・マスターズVSRF」 節を編集

  • 通算戦績:6戦5勝1敗
    話数対戦相手勝敗デッキ名
    45話切札 ジョー勝利キラめく正義!
    46話
    47話
    48話
    49話
    50話敗北

使用カード 節を編集

参考 節を編集

タグ 節を編集


[1] 他のバトルロワイヤルの相手はジョー、シャチョー、プリ人、ハンター、ラビット大佐、カバまろ