コスト加重(かじゅう) [編集]

クリーチャーのを召喚するためのマナコストや、呪文唱えるマナコストを重くすること。また、そのような効果を生成する能力。

相手にかけるコスト加重はメリットとなるが、逆に味方にかかるコスト加重はデメリットとなる。

牢黒の伝道師ミリエス UC 光文明 (5)
クリーチャー:バーサーカー 2500
ブロッカー
このクリーチャーがバトルゾーンにある間、闇のクリーチャーを召喚するコストと闇の呪文を唱えるコストは、それぞれ+2される。
封魔ゴーゴンシャック UC 水文明 (3)
クリーチャー:グランド・デビル 2000
呪文を唱えるコストは2多くなる。
奇石 タスリク C 光文明 (3)
クリーチャー:メタリカ 3000
相手の呪文を唱えるコストはすべて2多くなる。

マナコストを増やされたカードは、本来必要なマナの数を揃えただけでは使えなくなる。増やされたコスト分のマナを用意できても、それだけ本来使えたマナが使えなくなる。
性質上、マナカーブを意識して組まれたデッキには特によく効く。

強力である分、相手と自分の双方にかかる能力である場合が多い。
自分にもかかる場合は対象カードデッキに採用しないという対策法がある。

また、対象となるカード文明が限られている、呪文にしかかからないなど範囲が限定的なことが多く、相手のデッキタイプによっては全く通用しない事がしばしばある。
このため、大抵のものはメタカードとして扱われる。

  • 対となる能力コスト軽減
    • なお、「軽減」の対義語は「加重」だが、「加重」には同音異義語が多いためか、あえて「コスト増加」という表現が用いられることが多い。言葉としては微妙に違っているがわかりやすさはそちらが上回る。

参考 [編集]


公式Q&A

Q.バトルゾーンに自分の《至宝を奪う月のロンリネス》が1体います。相手が「S・トリガー」能力を持つ呪文を「S・トリガー」で使用する場合、コストは1支払いますか?
A.いいえ、「コストを支払わずに」と能力にある場合、コストの増減に関係なく使用できます。
引用元