ゴッド(種族) [編集]

DM-24で登場した特殊種族

複数体のゴッドG・リンクによって合体し、真の力を発揮するという特徴がある。

極神編ゴッドは、ヒンドゥー教やギリシア神話などの多神教の神を元ネタとするものが多い。

命名ルールとして、原則名前には「神」がつく。

竜極神ゲキ VR 闇文明 (7)
クリーチャー:ゴッド/ドラゴン・ゾンビ 7000+
このクリーチャーがブロックされた時、相手は手札をすべて捨てる。
W・ブレイカー
G・リンク《竜極神メツ》の左横 (バトルゾーンに自分の指定ゴッドがあれば、このカードをリンクしてもよい。リンクしたゴッドは、各ゴッドの特性(パワーや能力)を持つ1体のクリーチャーとなる。バトルゾーンを離れる時はどちらか1枚を選ぶ)
このクリーチャーは、リンクしている時「Q・ブレイカー」を得る。
竜極神メツ VR 火文明 (7)
クリーチャー:ゴッド/アーマード・ドラゴン 7000+
このクリーチャーが相手を攻撃してブロックされなかった時、相手のパワー3000以下のクリーチャーを1体破壊してもよい。
W・ブレイカー
G・リンク《竜極神ゲキ》の右横 (バトルゾーンに自分の指定ゴッドがあれば、このカードをリンクしてもよい。リンクしたゴッドは、各ゴッドの特性(パワーや能力)を持つ1体のクリーチャーとなる。バトルゾーンを離れる時はどちらか1枚を選ぶ)
このクリーチャーがリンクしていて攻撃する時、相手のマナゾーンからカードを2枚まで選び、持ち主の墓地に置いてもよい。

ゴッドバトルゾーンに出す際、G・リンクの対象となるゴッドバトルゾーンに既に存在すれば、そのゴッドリンクさせつつバトルゾーンに出すG・リンクしたゴッドはそれぞれの特性を併せ持つ1体のクリーチャーとなる。
例えば、上述の2体が合体した時の能力は次の通りとなる。

竜極神ゲキ/竜極神メツ VR 闇/火文明 (7+7)
クリーチャー:ゴッド/ドラゴン・ゾンビ/アーマード・ドラゴン 14000
このクリーチャーがブロックされた時、相手は手札をすべて捨てる。
このクリーチャーが相手を攻撃してブロックされなかった時、相手のパワー3000以下のクリーチャーを1体破壊してもよい。
Q・ブレイカー
W・ブレイカー
バトルゾーンを離れる時、持ち主は《竜極神ゲキ》か《竜極神メツ》のどちらか1枚を選んで場を離れさせる。
このクリーチャーが攻撃する時、相手のマナゾーンからカードを2枚まで選び、持ち主の墓地に置いてもよい。

種族としての特徴は何と言ってもG・リンクであり、2体以上のゴッドを合体させることができる。
多くのゴッドが2体または3体で横並びに合体するが、条件が整えば無限にリンクできる五元神や、縦横にリンクする神化編なども存在する。
カードフレームなどもリンク状態を前提にデザインされており、G・リンクすることでカードイラストが繋がり1枚絵になる様になっている。
特に縦横にリンクする場合、リンクしている部分をよく見せるためにカード名や種族などの欄が横側や下側に移動している場合もある。

リンクすることが前提のカードデザインであり、リンクすると非常に強力なクリーチャーとして完成し、中にはオーバーキルな程の強さを発揮するものも存在するが、リンクしていない単体の状態だとあまり強いクリーチャーでないことも多い。
《超絶神ゼン》などはその例で、単体では多色ブロッカーに過ぎないが、《究極神アク》リンクするとモヤシアタックトリガー確定除去警戒を持つQ・ブレイカーという非常に強力なフィニッシャーと化す。
単体では弱くリンクするまでは大変だがリンクすると非常に強力になるという両極端なスペックであるため、総じてデッキビルディングの腕が問われる難しい種族と言える。

なお、G・リンクしたゴッドがバトルゾーンを離れる時は、リンクしている内のどれか1枚だけを離れさせる事ができる。そのため、通常のクリーチャーより除去に耐性がある。
完成までに別のクリーチャーを要するという点では進化クリーチャーと同じだが、そちらに比べると組み合わせるカードの名前が完全に決まっているという欠点がある。しかし、上記のG・リンク特有の耐性によってある程度除去にも強い上、リンクサポート能力ゴッド自身が有していることも多いので、一概にどちらが強いかは決めることはできない。

その他G・リンク能力及びリンク状態に関するルールは各項を参照のこと。

  • 漫画ではゴッド自体が使用する者を選ぶという、まさに強大で「神」的な存在として描かれている。
  • デザインの原型はMagic:The Gatheringのジョークエキスパンション生まれである《B.F.M.(Big Furry Monster)》だとされる。2枚のカードを繋げることで1枚となるカードだが、左右のカードが独立しておらず同時に出す必要がある点でゴッドと異なる。

ルールに当てはまらないゴッド [編集]

多くのゴッド名前能力にここまでで述べた特徴を持つが、一部に例外がある。本項ではそのような「例外」をまとめる。
ゴッドと似た命名ルールを有するゴッド・ノヴァゴッド・ノヴァ OMGも併せてまとめている。
なお、王来篇以降に登場したディスペクター複合のゴッドはその多くが上記の特徴を満たさないため、この項では省略する。

背景ストーリーにおいて [編集]

背景ストーリーでは、G・リンクによって溢れる生命力により、世界を創造し支配することもできるかに思えるほど強大な力を有するという複合生命体。その力から、文字通り「神」として扱われている。
他の特殊種族と比較してもクローズアップされる機会が多く、デュエル・マスターズ背景ストーリーを語る上で欠かせない種族と言える。

極神編 [編集]

絶望希望不死鳥が対消滅した後、突如「永き眠りから覚める」という形で初登場。荒廃した世界を修復し支配すべく、ロスト・クルセイダーを伴って活動を開始した。
世界を癒すべく活動し平和をもたらしたゴッドに対し、の反乱を皮切りに各文明クリーチャー達が抵抗を開始、後に「極神戦争」と称される「ゴッドvsその他種族」の戦争が勃発する。

  • このような経緯から「ゴッドは世界を修復するために現れた味方種族」として扱われることも多いが、実際のところゴッドは「混沌を憎み秩序を好む」という性質に従い世界を再創造していたに過ぎない。その過程でハイブリッド種族の大半を滅ぼすなどしており、完全な味方種族とは言い難い。

神化編 [編集]

オリジン達の本拠オリジナル・ハートより、究極進化達によって大きく拡げられた「時空の裂け目」を通して襲来。
「惑星を征服し、オリジンの星を築く」という目的の元にその強大な力を振るい、NEXと幾度となく激突した。

エピソード3 [編集]

オラクル教団の最上位ヨミによってゼロの魂を吹き込まれ、真の神「ゴッド・ノヴァ」として登場。
秩序と停滞の名の元に平和を求めるオラクルの神として君臨し、自由を求めるアウトレイジと敵対した。

《神人類 ヨミ》アウトレイジに討たれた後、復讐のため力を蓄えた《イズモ》によっての感情の力に目覚めゴッド・ノヴァ OMGへと覚醒。
世界を揺るがす二つの秘宝、オラクルジュエルレイジクリスタルもまた《極限右神 オメガ》《極大左神 マックス》へと変化し、イズモリンクカツドン率いる「チーム・エグザイル」と最後の決戦を繰り広げた。

王来篇 [編集]

超獣世界の歴史に刻まれし12の「王」、そしてそれらの名が記された書物超獣王来列伝
そこに名を連ねる「破壊王」と「黒月王」という2体のの力もまた、それぞれディスペクターによって奪われているのだという。

関連カード [編集]

G・リンク一覧 [編集]

ゴッドに関連する効果を持つカード [編集]

クリーチャー

ゴッドを進化元とするカード [編集]

参考 [編集]

ゴッド(種族カテゴリ) [編集]

テキストに登場する「ゴッド」という語は、名前に「ゴッド」とつく種族全体を指す。元々は「ゴッド」という種族のみを指す用語だったが、アウトレイジエラッタの影響とゴッド・ノヴァの登場によりカテゴライズされ、新たな概念として生じた。

「ゴッド」とある種族 [編集]

参考 [編集]

ゴッド (デュエプレ) [編集]

TCG版とは大きく異なるため「ゴッド・カード」に記載。

参考 [編集]