スペース [編集]

デッキビルディングにおいて、作成途中のデッキカードを入れることができる枚数的余裕のこと。「スロット」、「自由枠」(単に「枠」)とも。
デッキにこのカードを入れたいが、スロットが無い」、「このデッキはキーカードが少ない分自由枠が多い」等の表現をされる。

デュエル・マスターズではデッキカード枚数は過不足なく40枚で固定されているため、一つのデッキに様々な戦略を持たせることは難しい。
そのため、デッキに入れるカードの取捨選択は非常に重要である。

デッキに入れたいカードが多くてスペースが不足するという事は多いが、逆に主要カードが十分入るがためにスペースが余るというケースも存在する。この場合はS・トリガーを投入してターンを凌いだり、サーチ山札圧縮の役割を持ったカードを投入して主要カードが回ってくるのを早めたりするのが定石。

1枚で複数の役割を持てるカードはデッキスペースの確保に貢献する。モードを持つカードツインパクトがその例。ただし、複数の役割を持てるカードの多くは、一つの役割しか持てないカードに比べると個々の効果のスペックが低いものが多い(《轟速 ザ・レッド》《スチーム・ハエタタキ》に対する《暴走 ザバイク/ブンブン・バースト》など)。

  • 『そのデッキにとって重要ではないが使えなくもないカード』を余ったスペースに入れることを俗に「穴埋め」「枠埋め」と呼ぶ。これらのカードは、カードプールカード資産が拡充してよりそのデッキに合ったカードができた場合、優先的に差し替えられる。
  • メインデッキのみならず、超次元ゾーン超GRについてもスペースの考え方は存在する。
    超次元ゾーンからはカードを選んで出せるため、スペースが余って困ることはまずない。8枚『まで』なので開いたスペースにそもそもカードを入れなくていいのはもちろん、あえて癖の強いカードで埋めて相手にブラフを仕掛けることもできる。
  • 他のカードゲームではサイドデッキ(先に二勝したほうが最終的に勝利、などのルールで戦うカードゲームにおいて、デュエルごとにデッキと交換できるカードのこと)があったり枚数制限が緩かったりするため、デュエマに比べてスペースの重要性は相対的に低くなっていることがある。

参考 [編集]