ゼーロ [編集]

漫画・アニメ「デュエル・マスターズ(2017)」・「デュエル・マスターズ!」・「デュエル・マスターズ!!」に登場するキャラクター

声は「BLEACH」の黒崎一護や「デュエル・マスターズクロス」にてV(バベル)役を演じていた森田成一氏が担当。

文明のデュエルマスター候補。黒羽で覆われたマントを纏った、長身の青年の姿をしている。人間ではないようで肉体を持たず、物体をすり抜けることができるのでダメージを基本的に受けない。

格好こそ青年だが、誕生したばかりのためか、幼い素振りを見せていたこともあった。一人称は「ゼーロ」。名前の由来は「ゼロ」だと思われる。

「デュエル・マスターズ(2017)」と「デュエル・マスターズ!」の序盤では 無月の門を軸にした魔導具ドルスザク黒単デッキを、「デュエル・マスターズ!」の終盤からは無月の門を軸にした魔導具ドルスザク青黒デッキを、「デュエル・マスターズ!!」では無月の大罪を軸としたオレガ・オーラ黒単デッキを使用する。

活躍 [編集]

デュエル・マスターズ(2017) [編集]

第44話で初登場。この時点ではほとんど言葉をしゃべることができず、デュエマのルールすら理解していなかった。

闇執事のギニョールに導くままに闇の城に迷い込んだキラとのデュエルに挑む。デュエルを進める内に片言ながら簡単な言葉を発し、短期間で《卍 デ・スザーク 卍》無月の門の複雑なルールも完全に理解するという驚異的な学習能力を発揮。そのままキラに勝利した。

その異質な存在はキラに恐怖を与え、遠く離れたジョニーにも胸騒ぎを与えるほどであった。

デュエル・マスターズ! [編集]

場数を踏むために数多くのデュエル・ウォーリアを倒して力をつけていたが、並のデュエリストとの戦いでは成長が得られないと判断したギニョールによってトンボと戦って勝利。さらに自然文明に、触れたものを文明へと誘い込む黒い流星を送り、ガイアハザードの1人のミノマルとの戦いの中で《卍 デ・スザーク 卍》《卍月 ガ・リュザーク 卍/卍・獄・殺》に進化させて、ミノマルに勝利した。

《メガロ・デストロイト》の汚染によって自然文明で《天地命動 バラギアラ》 が復活すると混乱に乗じて自然文明に侵攻したが、キラの妨害で足止めされているうちに切札 ジョーミノガミを倒し、『生の力』が溢れだしたことで撤退した。

その後、闇の城に突然やってきた文明のデュエルマスター候補のキャップと対峙。彼の超GRオレガ・オーラの力、そして切り札の《ア・ストラ・ゼーレ》によって初の敗北を喫する。しかし、キャップが闇の城を訪れた理由が闇文明と協力関係になることであったため、彼と「ブラザー」になり、超GRオレガ・オーラの力を手に入れた。また、オレガ・オーラに触れることで知能を一気に拡大させた。

デュエル・マスターズ!! [編集]

キャップの意向から水文明の汚染を本格的に開始。以前のおぼつかない面影は一切なく、流暢に自分の意思を伝えられるようになっている。

キャップに招かれて水文明を訪れた際にに同じ名前の双子の弟がいるのを知り、区別のために彼をギャップと名付けた。
さらに、偶然にも同じく水文明を訪れていた切札 ジョーと対決。初めて人造ではないドラゴンを目にしたことで興奮し、新たな切り札の《大卍罪 ド・ラガンザーク 卍》を使って勝利した。その後、《The ジョラゴン・ガンマスター》を強奪しようとするが、彼の抵抗による反撃を受けて一時的に消滅。小さい炎のような姿となってしまった。

ギャップによって培養されたことで逞しい新たな姿を手に入れたが、それも束の間に闇の卵が出現。その声に呼ばれて「ドラゴンズ・ゼロ」に突入して彼と戦い、追い詰められたものの勝利。ドラゴンのために自らの命を惜しまない姿勢から闇の卵に認められて、彼の所有者となり、ゼーロのドラゴンを由来に「ゼーロン」と名付けた[1]。それ以降、闇の卵の影響で徐々に過去の記憶が蘇っている。

過去

龍頭星雲から生まれた闇の王。宇宙の多くの生物を喰らい、ギニョールプラネッタに闇の王として認められたことで彼らと共に行動することとなる。成長して今の姿となっていたある日、キラの父と光の軍勢と戦い、キラの父を消滅させるも彼の最後の一撃で力と記憶を封印されてしまう。弱体化したところを光の軍勢に攻撃されるもプラネッタに庇われて彼女の命を犠牲に生き延びた。

《The ジョラゴン・ガンマスター》の肉の一部を食らってまもなく闇の卵が孵るという時に、因縁を知って再び訪れたキラと対決し、《零龍》零龍卍誕させて勝利。彼を消滅させて切札 ジョーの心に傷を残した。

決意を新たに立ち上がったジョーとの最終決戦では《零龍》の力で圧倒。そのまま他の文明を滅ぼそうとするもボルツキャップガイアハザードの必死の抵抗で足止めされ、最後はジョーの放った《ジョギライド・ファイナルフィーバー》《零龍》を破壊されて敗北。《零龍》を庇うように消滅した。

余談 [編集]

  • 背景ストーリーやメディア作品において「新章デュエル・マスターズ」に決まった敵勢力や敵組織が存在しないこともあって、終盤に突然の登場でファンを驚かせた。登場間近まで情報は全くなく、初公開のDMRP-04魔のCMですら詳細が明らかにされなかったので、文字通り謎に包まれた存在だった。
  • 《卍 デ・スザーク 卍》などの切り札の多くの名前に「卍」が使われているが、担当声優の森田氏が主人公を演じる「BLEACH」の「卍解」を狙ってのネーミングなのかは不明。また、オレガ・オーラの多くの名前に使われる「シン(罪)」も森田氏が初めて主人公を演じた「FF10」に関連深い言葉だがこちらも狙ってのネーミングなのかは不明。
  • 『デュエル・マスターズ(2017)』での使用デッキ名が「無月の魔風」と読めるが恐らく「無月の魔凰」の誤植と思われる。
  • 肉体を持たない故に真のデュエルでも基本的にダメージを受けない[2]。が、彼の『死の力』に相反する『生の力』を持つミノガミのみダメージを与えられる。
  • ジョーとの最終決戦の際、ジョーはゼーロに対し「命までは取らない」と発言しているが、《零龍》《ジョギライド・ファイナルフィーバー》破壊された際のダメージで、ゼーロの魂はあっけなく消滅している。ちなみにこの描写に対してジョーは何も反応していないので、発言がなかったことになったのか、ゼーロの消滅に気づいていないのか、単に然るべき反応を描写し忘れた製作ミスであるのかは定かでない。

戦績 [編集]

  • 通算成績:10戦6勝2敗2中断

デュエル・マスターズ(2017) [編集]

  • 通算成績:1戦1勝0敗
    話数対戦相手勝敗デッキ名
    44話キラ勝利無月の魔風

デュエル・マスターズ! [編集]

デュエル・マスターズ!! [編集]

主な切り札 [編集]

関連キャラクター [編集]

関連デッキ [編集]

参考 [編集]


[1] ジョードラゴンを由来に名付けられたジョラゴンとは対比になっている
[2] オレガ・オーラを入手した後はホログラムに当たったような描写になった