タッチ [編集]

デッキに少しだけ、メインの文明と別の文明のカードを入れること。

デッキの回転に関わる文明でなければ、中盤以降にマナゾーンに1枚埋まっていればいいので、タッチでも問題なく使用できる。

もしくはS・トリガーニンジャ・ストライクなどコスト踏み倒しで使用できるカードがタッチで入れられる場合がある。

多くの文明を採用することは、それだけデッキの柔軟性を高めてくれる。デッキビルディングに慣れてきた中級者以上のプレイヤーならば試してみたいところである。

  • プレイスにおいては極端なタッチは公式から好ましく思われない構築であるようであり、事実《無双竜機ボルバルザーク》は「デッキ内の火と自然が《ボルバル》4枚だけ」という構築が横行していた結果DP殿堂の第1号に指定された。

参考 [編集]