ダブルビクトリー [編集]

レアリティの一つ。ビクトリーのさらに上位のレアリティである。このwikiでは「WVC」と表記する。
DMR-13《熱血星龍 ガイギンガ》で登場した。
カードの仕様はビクトリーとほとんど変わらないが、カードの≡V≡のマークの中にデュエルマスターズのシンボルであるドラゴンのマークが埋め込まれており、通常クリーチャーでは本来マナの数字が描かれている部分にある≡V≡のマークに稲妻が走っている。現時点ではすべてのダブルビクトリーにシークレットカード版が存在する。

  • 王来篇からは、≡V≡の表記がなくなり、右下にこのwikiでも使われている「WVC」と表記されるようになった。《サイチェン・ピッピー》のように「≡V≡」を参照する能力で参照されるかは不明。
  • ビクトリーでもあるのでビクトリーを指定する専用のサポートを受けられる。詳しくはそちらの記事を参照してもらいたい。
  • ただでさえ高いビクトリーのさらに上をゆくレアリティを持つカードということもあり、シングルが価格が非常に高い。《熱血星龍 ガイギンガ》の場合は初動価格が暴騰した。現在は落ち着いたが、それでもプロモーション・カードを除くデュエルマスターズのカードの中ではトップレベルの高さである。
  • 封入率は1カートンに1〜2枚程度。つまり、12ボックス(360パック)に1〜2枚となる。
  • アニメ「VS」における世界では、ダブルビクトリーカードはべんちゃん曰く「この世に二つとない幻のカード」。実力者のべんちゃんですら見たこともない程貴重なカードである模様。しかし最終的には全てが勝太のもとに集まるあたり、流石は切札家の一人と言わざるを得ない。

ダブルビクトリーの一覧 [編集]

参考 [編集]