チャージ [編集]

マナゾーンカードを置くこと。「マナをチャージする」などと使う。「マナチャージ」とも。
一般にはチャージステップにおいて1枚手札からマナゾーンカードを置く行為を指す。カードの能力によってマナゾーンカードを置く場合は、「加速」という意味合いからマナブーストという別の用語を用いて区別される。

メインステップの前に行われるので、例えばクリーチャー召喚したりしてからチャージを行うということはできない。またマナチャージは一ターンに一枚までである。デュエル・マスターズのゲームの根幹を構成するルールの一つ。

  • 一般に、手札にあったカードマナゾーンに1枚表向きにして置いた時点でマナチャージは成立した扱いになる。以降は勝手に手札に回収することはできない。一度マナチャージしてから「待った」をかけて手札に戻すのはルール違反であり、チャンピオンシップなど競技性の高い大会でこれは認められない。逆に言えば、手札に裏向きにした状態でマナゾーンに伏せて置いた場合はまだマナチャージが成立していないので、マナチャージするかどうか考えているそのカードを手札に戻しても問題ない。

参考 [編集]