ディスペクター [編集]

DMSD-18にて登場した特殊種族。5つの勢力があり、それぞれに王がいる。[1]
背景ストーリーにおいてレクスターズと敵対関係にある。

聖魔連結王 バロディアス KGM 光/闇/火文明 (8)
クリーチャー:ディスペクター/デーモン・コマンド/エンジェル・コマンド 13000
EXライフ(このクリーチャーを出す時、自分の山札の上から1枚目をシールド化する。このクリーチャーが離れる時、かわりにそのシールドを墓地に置く)
T・ブレイカー
多色ではない呪文の効果によって、相手がクリーチャーを選ぶ時、このクリーチャーは選ばれない。
このクリーチャーが出た時、またはこのクリーチャーの「EXライフ」シールドが自分のシールドゾーンを離れた時、相手のクリーチャーを1体破壊する。
滅将連結 パギャラダイダ SR 光/闇文明 (7)
クリーチャー:ディスペクター/デーモン・コマンド/エンジェル・コマンド 9000
EXライフ(このクリーチャーを出す時、自分の山札の上から1枚目をシールド化する。このクリーチャーが離れる時、かわりにそのシールドを墓地に置く)
W・ブレイカー
このクリーチャーが出た時、コスト4以下のクリーチャーを1体、自分の墓地から出す。

既存のクリーチャーが「合体」したような容姿とカード名が特徴。
命名ルールは、冠詞が「◯◇+(所属勢力ごとの冠詞) 」となっており、「王」と呼ばれるクリーチャーのみ「◯◇+(所属勢力ごとの冠詞)王」となる。◯と◇にはそれぞれ元となったクリーチャーを想起させる文字が入る。
単色多色いずれも存在し、勢力によって決まった敵対3色の中から割り振られている模様。
種族全体の固有能力としてEXライフを持っている他、勢力ごとに決まった傾向の能力が設定されており、特に3色クリーチャーはその傾向に準じた能力を必ず持っている。

各勢力の有する文明および固有の冠詞と王の名前、そして勢力ごとの能力の傾向は以下のように推測されている。[2]
なお、表中の「使用者」はアニメや漫画においてその勢力を主に使うキャラクターを示しているが、ジェンドルのみ例外で、対戦ごとにデッキカラーを変更し、キングマスターカードや大型ディスペクターを勢力を問わず使用している。

冠詞文明フレーバーテキストでの表現接合部の様子勢力としての能力の傾向対応アタック・チャンス主な使用者(アニメ)
連結光/闇/火《聖魔連結王 バロディアス》/《聖魔連結王 ドルファディロム》相食んで連結されたジッパーで繋げている[3]EXライフシールドが離れた時に誘発する能力《聖魔王秘伝ロストパラダイスワルツ》ジェンドル/ジェレミー
電融水/火/自然《勝災電融王 ギュカウツ・マグル》[4]/《禁断竜王 Vol-Val-8》[5]我欲の電磁で引き合わされた放電が起きている、あるいは放電で繋がっているスピードアタッカー,マッハファイター,ジャストダイバーのいずれかを保有、または付与《禁断竜秘伝エターナルプレミアムズ》ハイド
接続光/闇/自然《零獄接続王 ロマノグリラ0世》支配の鉄鋲で留められたビス止めされているクリーチャー手札以外から場に出す、ディスタスを踏み倒す《零獄王秘伝 ZERO×STRIKE》マスオ部長
混成光/水/火《禁時混成王 ドキンダンテXXII》同位体へと収斂し混ぜられたモザイク状にバグって繋がっている[6]呪文に関連した能力[7]《禁時王秘伝エンドオブランド》ジェンドル/エスパー・マギ
縫合水/闇/自然邪帝縫合王悪意の糸で縫合された太い糸で縫い合わされている、または包帯で束ねられているドローディスカードハンデスに関する能力《邪帝王秘伝》ヒミコ
  • 「合体」と言っても、クリーチャーを綺麗に合体させるのではなく、それぞれの体の一部分をもいで上記のように無理矢理繋げて合成したような、どちらかと言えば「フランケンシュタインの怪物」や「キメラ」を思わせる歪なものである。首や手足を整合性を顧みず継ぎ接ぎしたかのような有様であり、見方によってはかなりグロテスクな施術を受けていると言える。
    • 今までにも、既存のクリーチャー同士を合体させた(ような)クリーチャーは少なからず存在していた。しかし、《超聖竜シデン・ギャラクシー》《悪魔神王バルカディアス》などに代表されるそれらが、元となったクリーチャーの要素を上手く取り込み新たな1体のクリーチャーとして成立させていたのに対し、ディスペクターは改造痕などを隠すつもりのない歪な外観となっている。
    • 味方種族であるレクスターズが行うスター進化も、別々のクリーチャーの合体という点では似ている。しかし、あちらは英雄の魂と対話し彼らから力を託されるという憑依に近い方法で合体するため、第三者によって好き勝手に改造されているこちらとは根本から異なる。
    • なお、アニメやデュエチューブなどではもっぱら「合体」と表現されているが、コロコロコミックの一部解説や《無頼 ブロンズ-1》フレーバーテキストのみ「合成」と表現されている。単なる表記揺れか、初期のテキストが残っていたのかは不明。
      +  「合体」と「合成」
    • 基本的に、ディスペクターにされたクリーチャーの肉体は、それぞれ合成元及び接合用の素材のみで構成されている。しかし「王」のみ、合成元のどちらにも見られないパーツが大きく配置されたり、片方が原形を推し量ることも困難な程変貌させられていたりするなど、単純に2体のクリーチャーを合成するだけでは到底作り得ないような外観になる。
    • DMRP-19ではクリーチャー同士ではなく、クリーチャードラグハート・フォートレスの合成である《魔素縫合 アモデゴラス》が登場した。
  • コロコロコミックでは「デュエマの歴史をディスりまくる…だからディスペクター!伝説獣を自分勝手にツギハギ合成するのが、ヤツらの手口だ!」、デュエチューブでは「違法合体」「リスペクトのない合体だからディスペクター」とそれぞれ解説されている。
    • このことから、種族名の「ディスペクター」の語源は、「ディスる[8]」と「specter(幽霊・恐ろしいもの)」を組み合わせた合体語だと思われる。
    • また、「despect(軽蔑する)」という単語に行為者を現す「er」を付けた造語の「despecter(軽蔑する者)」にも掛かっているようでもある。
      クリーチャー達の歴史や生命を軽蔑し軽んじる怪物、あるいはそうした意志によって生み出された化け物といったところか。
  • DMRP-19ドラゴン・オーブによって作り出された存在だと判明した。
    • アニメや漫画ではジェンドルが《ドルファディロム》や《ドキンダンテ》を合成しているが、彼が「ディスペクターのマスター[10]」に相当する存在であるのか、他のディスペクターも同様に彼が合成したのかなどは不明である。しかし、漫画においてハイドが「ジェンドルから借りた宝玉で合体させる」旨の発言をしているため、その宝玉がドラゴン・オーブである可能性は高い。
    • DMRP-18フレーバーテキストなどから、合成元にされたクリーチャー達は、その意志を奪われた状態で魂を肉体の中に幽閉されていることがわかる。とはいえ、ディスペクター達がより上位の存在に従う意志なき戦闘マシーンなのか、それとも合成体に何者かが憑依して操っているのかは不明。ただし、ドラゴン・オーブのコントロールから外れると暴走するらしい。

ディスペクターに関連する効果を持つカード及び能力 [編集]

参考 [編集]


[1] 《滅将連結 パギャラダイダ》フレーバーテキストなどで判明している。
[2] 勢力ごとの文明や能力はDMRP-18までのカードリストおよびフレーバーテキストからの推測。
[3] デュエチューブにて、最初に決定した繋ぎ方だと明かされた
[4] ただし、「王」ではあるがキングマスターカードではない
[5] 《マグル》から電融王の座を奪った
[6] デュエチューブにて、『連結』に次いで2番目に決定した繋ぎ方だと明かされた
[7] デュエチューブにて、「『混成』は呪文戦略」と明言された
[8] 「disrespect(軽蔑)」を略した俗語
[9] 前シリーズである十王篇2色を中心としたシリーズだったことから、その続編となる王来篇では3色に焦点を合わせている、ということがデュエチューブで明かされている
[10] 新章デュエル・マスターズの初期に見られた設定。クリーチャー世界の住人と契約している現実世界の住人のこと
[11] 禁断」という種族自体が、ディスペクターへの合成時に種族として継承するために作られたとデュエチューブで語られている