デッキカラー [編集]

デッキカラーとは、あるデッキに含まれるカード文明のことである。
デッキタイプに名前を付けるとき、おおまかにデッキ名の最初にそのデッキのデッキカラーを付けることがある。(白青黒赤ライブラリアウト】など)

コントロールや、やや遅めのビートダウンにおいては、勝ち筋(フィニッシャー)の選択がそのままデッキの特色となることが多く、デッキタイプ名にはその勝ち筋の名前が尊重されることが多い。(ボルバルブルー】など)
逆に、【速攻】ライブラリアウトなど汎用的な戦略を扱ったデッキの場合、デッキカラーがそのまま尊重されることが多い(赤単など)

特殊な例 [編集]

文明の組み合わせの呼称 [編集]

詳しくはその項を参照
MTG由来の俗称はこちらを参照

2色 [編集]

友好色

対抗色敵対色)系

3 [編集]

友好色系(「弧」)

対抗色敵対色)系(「楔」)

その他 [編集]

参考 [編集]


[1] tは「touch(タッチ)」の頭文字である。