デッキ・カードプールの変遷(へんせん) (デュエル・マスターズ プレイス) [編集]

DMPP-01 第1弾「超獣の始動 -MASTER OF DUEL-」 [編集]

カードプールは第1弾220種に加えベーシックカード70種の計290種。
《ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン》をキャンペーンで入手できた事から【ボルメテウスコントロール】が流行した。他には《ツインキャノン・ワイバーン》《大勇者「ふたつ牙」》等のスーパーレアやベリーレアのパワーカードをふんだんに使用した【青赤緑ビートダウン】 、おなじみの【赤単速攻】【リキッド・ピープル】など、【速攻】や【ビートダウン】が多く見られた。

速攻ビートダウンに強く、ビートダウンはコントロールに強く、コントロールは速攻に強い」という基本的な三すくみが成立しており、バランスが取れていた時期と言える。

《ミラージュ・マーメイド》は条件を満たせば3枚ドローという強烈なアドバンテージに加え、cipが無条件となり強化されたサイバーロード《ペコタン》と組み合わせやすいという点から水入りデッキで多く使われた。

《聖霊王アルカディアス》は一度出されると対抗手段が乏しく制圧力が高かった。特に呪文を多用する【ボルメテウスコントロール】に強烈に刺さり、一定の成果を出していた。【ターボバロム】も地雷として活躍した。

《二角の超人》は若干の弱体化を受けたが、マナ回収による手札補充のメリットが大きく、コントロールで広く採用された。

【赤単ヴァルボーグ】を除く【赤単速攻】青単ベリーレア以上のカードの必要枚数が少なく、課金をしなくてもデッキを作りやすかった。

ベーシックカードやレア以下のカードでも《アクア・ハルカス》《光輪の精霊 ピカリエ》などの有用なカードも多く存在し、ベリーレア以上のカードに頼らずとも基本的なデッキを構築することが可能であった。
プレイヤーの中には無課金・微課金で楽しむ層もおり、カードを集めやすい・デッキを組みやすいという事情はTCG版以上に大きな影響を及ぼしている。

この時期に活躍したカード・アーキタイプ [編集]

DMPP-02 第2弾「伝説の再誕 -RETURN OF LEGENDS-」 [編集]

全85種が追加。《アストラル・リーフ》《アクアン》《超竜バジュラ》といったTCG版で活躍したパワーカードが調整され参入した。

《アストラル・リーフ》を入れた【速攻】青単青赤青緑と細分化して登場。《アクアン》系のデッキは【アクアンブラック】【アクアンホワイト】【アクアンホワイトブラック】といった形で環境に介入する。
ただし《アストラル・リーフ》はパワーが3000に変更になったことと、《マリン・フラワー》が不在であり最速2ターンでの召喚が不可能になる弱体化を受けた。《アクアン》も手札に加える最大数が5枚から3枚に下方修正された。
依然としてカードパワーが高いことは間違いないが、両者ともにTCG版ほどの猛威は振るっていない。
環境ドローソースが増えた事で、パンプアップがしやすくなった《レベリオン・クワキリ》メタカードとして活躍した。

《守護聖天グレナ・ビューレ》《聖天使クラウゼ・バルキューラ》の参戦により、【イニシエート】【ガーディアン】が環境上位に進出した。《光器ペトローバ》はこうした種族デッキの強化に一役買った。

《超竜バジュラ》はほとんど弱体化を受けず、除去cipを持つ《緑神龍ジオブリード》S・トリガー持ちの《ボルテール・ドラゴン》cip墓地回収ができる低コストドラゴンの《黒神龍ゾルヴェール》等の獲得、《幻想妖精カチュア》の強化など追い風も受けていたが、環境を支配するほどではなかった[1]
上述のカードに加え《龍の呼び声》やキーカードの《紅神龍バルガゲイザー》を獲得した【連ドラ】もこの弾で成立した。

【ボルメテウスコントロール】チャージャー呪文や小型を一掃できる《サウザンド・スピア》を獲得して強化された。

青単リキッド・ピープル主体のものから、《アストラル・リーフ》を筆頭に強化されたサイバードローソースに採用したものにシフトした。

また、《傀儡将ボルギーズ》《凶骨の邪将クエイクス》の登場でデーモン・コマンドも大きく強化され、【アクアンブラック】などで猛威を振るった。

この時期に活躍したカード・アーキタイプ [編集]

参考 [編集]


[1] TCG版でも登場した闘魂編では結果を残せておらず、環境に進出したのは《緑神龍ミルドガルムス》《母なる紋章》《龍仙ロマネスク》などの登場がきっかけである。