ドラグハート 節を編集

ドラグハートとは、特殊タイプの一つである。

ドラグハートが付くカードタイプにはウエポンクリーチャーフォートレスセルの4種類があり、いずれも超次元ゾーンに用意しておく。

銀河剣 プロトハート P 火文明 (4)
ドラグハート・ウエポン
これを装備したクリーチャーが各ターンはじめてタップした時、アンタップする。
龍解:自分のターンの終わりに、そのターン、これを装備したクリーチャーが2度攻撃していた場合、このドラグハートをクリーチャー側に裏返し、アンタップする。(ゲーム開始時、ドラグハートは自身の超次元ゾーンに置き、ドラグハートまたはそれを装備したクリーチャーがバトルゾーンを離れた場合、そこに戻す)
龍解後⇒《星龍解 ガイギンガ・ソウル》
星龍解 ガイギンガ・ソウル P 火文明 (7)
ドラグハート・クリーチャー:ガイアール・コマンド・ドラゴン 8000
各ターン、このクリーチャーがはじめてタップした時、アンタップする。
W・ブレイカー
龍解前⇒《銀河剣 プロトハート》
大いなる銀河 巨星城 P 火文明 (4)
ドラグハート・フォートレス
自分の火のクリーチャーがバトルに勝った時、カードを1枚引いてもよい。
龍解-自分のターンのはじめに、バトルゾーンに火のクリーチャーが2体以上あれば、このドラグハートをクリーチャー側に裏返し、アンタップしてもよい。
(ゲーム開始時、ドラグハートは自身の超次元ゾーンに置き、バトルゾーンを離れた場合、そこに戻す)
龍解後⇒《星城龍解 ダイギンガ》

ルールはサイキックとほぼ同じ。

ドラグハートを持つカードは、ゲーム開始時山札ではなく超次元ゾーンに置かれ、何らかのカード能力によってバトルゾーンに出して使う。

バトルゾーンから他のゾーンに移動する際も同様で、ドラグハート・クリーチャーとして離れる場合は、そのゾーンを経由して超次元ゾーンに戻され、それ以外のカードタイプの場合は直接超次元ゾーンに移動する。

ウエポン装備したドラグナーバトルゾーン離れる場合、そのドラグハート超次元ゾーンに戻される。この場合はどのゾーンも経由せずに超次元ゾーンに直行する。

現在、この特殊タイプを持つカードは全て、クリーチャーセル)の面とウエポンまたはフォートレスの面の計2面、あるいはこれら3つすべての面を持つ両面カードである。例外は、「《モーコリ娘選抜総選挙!》/《イチオシ! ハラグロフェスティバル!》」、および「《デュエマーランド 〜レインボー・ドリーム〜》/《デュエマーランド 〜ナイト・パレード〜》」の2枚で、すべてフォートレス面で構成される。

  • 現在の裁定ではウエポンとドラグナーは装備中も別々の存在であることが明確にされているが、『デュエル・マスターズ パーフェクト ルール BOOK』には「ウエポンは装備されている間は1体のクリーチャー」とかつての感覚的な扱いが書かれていた。
  • デザイン上の相違点としては、稲妻の代わりに鎖が描かれている点、両面がフルフレームである点、などが挙げられる。
  • サイキック・クリーチャー同様採用すると、採用していない本来通常の40枚のデッキより多いカード枚数でプレイすることになりその時点で公平ではない点、1枚でも採用すれば、高コストのクリーチャーを低コストのドラグナー能力からほぼ確定+おまけ効果付きで且つ範囲内なら状況に応じて好きなように選んで手軽にバトルゾーンに呼び出せる上、比較的サイキック・クリーチャーより簡単な条件を満たせば進化せずにカード単体で強化(龍解)される点、さらにエスケープやドラグハート・クリーチャー特有の龍回避を持っているものも多くなかなか場から離れない上、それを乗り越えて超次元ゾーンに戻したとしても再度同じドラグナー等を出すだけで場に戻せるため非常に除去に対しての耐性もあり、単なるカードパワーの押し付けになりがちな点、両面である都合上透明なスリーブを用意しなければいけない点、普段使用しないドラグハート特有のルールを把握するのが煩わしい点などから既存プレイヤー、及び新規プレイヤーの中ではドラグハート及びドラグナーの使用自体を好まない人も多い。公式及びカジュアルな場での乱用は極力控えた方がいいだろう。サイキック・クリーチャーGRクリーチャー等も同様である。

また、ドラグハートやサイキック・クリーチャー等、超次元ゾーンのカードを多用するデッキはガチデッキであることが多い。超次元ゾーンを一切使用しない通常のデッキでこれらを多用するデッキに正々堂々勝った時の爽快感はこの上無いだろう。

参考 節を編集