ドローステップ [編集]

ターン開始ステップから続く第2のステップ

プレイヤーは山札の上からカードを1枚手札に加える(ドロー)。この行動は強制である。

なお、先攻の最初のターンのみ、このステップはパスする
ゲームに慣れるまでは意外と忘れやすいので注意。

ルールに沿って山札からカードを引く事ができるのはこのステップだけである。これよりも多くの手札が欲しい場合、ドロー能力を持ったカードを使おう。

  • ちなみに、このステップに限らず「山札の最後の1枚を引いてしまった」場合、その瞬間にプレイヤーはゲームに敗北する。これをライブラリアウト(山札切れ)という。

参考 [編集]


公式Q&A

Q.自分の《海底鬼面城》が要塞化されている状況で、その能力によって自分のターンのはじめに相手が引くカードに、自分の《結晶龍 プロタゴニスト》《真実の名 サイバー・O・ホーリー》の置換効果を適用できますか?
A.いいえ、適用されません。《結晶龍 プロタゴニスト》などで引くことを置き換えられるのは、自分がこのターンはじめて引くカードです。
引用元


[1] ただし、エクストラターンを得ていた場合はこの限りではない。
[2] 先攻の最初のターンのみ、このステップは存在しない。
[3] ただし、エクストラターンを得ている場合はこの限りではない。