ナーフ [編集]

デジタルカードゲームを含む主にオンライン対戦要素を持つゲームにおいて、キャラクターやアイテムの性能が下方修正、つまり弱体化されることを意味するスラング。

デュエル・マスターズ プレイスではカードがナーフされることがある。
なお、収録の際にデュエル・マスターズカードから弱体化の変更を施される事は、比較の土台が異なってくるため厳密な意味でのナーフではない。

  • 対義語として上方修正を示すバフ(Buff)が存在する。こちらはパワーアタッカーの様な一時的な強化を示す意味の単語として用いられる事の方が多い。[2]
  • 語源はウレタン製で弾頭が樹脂のダーツと呼ばれる弾丸を発射する、ナーフ(NERF)というブランドのハズブロ社の玩具の銃から。
    とあるFPSプレイヤーが「銃がナーフガン同然になってしまった」と嘆いた事からこの様な言い回しが広まったとされる。

デュエル・マスターズ プレイスにおいて実装後、ナーフの対象となったカード一覧 [編集]

※ナーフの経緯、内容についてはカードのページを参照。

参考 [編集]


[1] ただし、能力の一部が丸々無くなったり、コストやパワーが書き換わったりした例はない
[2] そちらの意味での対義語はナーフではなくデバフ