バイオ・K(キック) [編集]

DM-23 「不死鳥編 第5弾 冥龍王帰還(ジ・エンド・オブ・ユニバース)」で初めて登場した能力語
バイオ・Tと同様、攻撃中にコスト0で使える呪文の様な効果を持つ。サボタージュ能力の一つでもある。

フレア・フュージョン・ドラグーン SR 火文明 (7)
クリーチャー:ティラノ・ドレイク 6000
バイオ・K−自分のティラノ・ドレイクが相手プレイヤーを攻撃してブロックされなかった時、このカードを自分の手札から捨ててもよい。そうした場合、相手クリーチャーをパワーの合計が3000以下になるように好きな数選び、破壊する。
W・ブレイカー

バトルゾーンにいる自分の指定種族クリーチャーが相手プレイヤー攻撃してブロックされなかった時、このカードを自分の手札から捨てることで、なんらかの効果をもたらす。

  • 事前の使用宣言は必要ないが、「ブロックされなかった時」のタイミングで手札に無いバイオ・Kは発動できない。
    よって、他のブロックされない時にトリガーする能力で手札が変わる場合は、元の手札と新たに加わった手札を分ける必要がある。
    トラブル防止のためにブロックされなかった時のタイミングで、発動するバイオ・Kをすべて宣言することが望ましい。(2018/8/6正式回答)
  • 複数のバイオ・Kを同時に使用することも可能である。
  • この能力を持ったクリーチャーはほとんどがバイオ・Kがなければ単なる弱いバニラ準バニラであり、普通に召喚することは滅多にない。
  • 癖は強いが実の所、非常に強力なギミックである。バトルゾーンにいるクリーチャーに突然能力が付加される為、奇襲性は抜群。アタック・チャンス呪文と違い、デッキ内のクリーチャー数を増やせるのも大きい。時代が違えば様々なカードが作られていただろう。たった5枚しか作られなかった事が惜しまれる。

バイオ・Kを持つ主なクリーチャー [編集]

参考 [編集]