フォーマット [編集]

デッキ構築に関する形式ルールのことで、大会で使えるカードが各フォーマットごとに決められる。

デュエル・マスターズにおいて、基本的なフォーマットは殿堂カード使用禁止カードを除いて、今までに発売されたすべてのエキスパンションと構築済みデッキのカードが使用できる「アドバンス」(通常フォーマット)がメインで、その他のフォーマットは変則的なフォーマットと認知される。

その他には、通常フォーマットからそこからさらに使用できるカードを減らしたオリジナルブロック構築などがある。詳しいルールは各ページを参照。
公認大会では通常拡張パックの発売から1か月の間、トッキュー8シールド戦なども開催されている。

基本的にアドバンスとその他の変則ルールでは、優勝者賞と参加賞は同じことが多いが、各ルールにしかもらえないプロモカードも存在する。

変則フォーマットは大会の為にデッキを組む必要がある手間がある為か、アドバンスの大会と比べると参加者が少ない傾向にある。
優勝者賞がプロモカードだった頃は、これをゲットすべく積極的に変則フォーマットに参加する人もいた。

しかし、2021年から新たに制定されるオリジナルも、メジャーなフォーマットしてチャンピオンシップ公認グランプリで大体的に開催されることが決定している。

  • 殿堂レギュレーション」は、大会に参加した大半のデッキで使用されていたカードを規制することで、デッキの多様性を確保するという意図がある。

フォーマット一覧 [編集]

期間限定フォーマット [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

非公式の変則レギュレーション [編集]

参考 [編集]