ブロック構築(こうちく) [編集]

革命編より導入された、「指定されたブロックマークの存在するカード」のみでデッキを構築する構築ルール。

指定されたブロックマークの存在するカードと同名のカードであれば、ブロックマークがついていなくても使用できる

それまでの限定戦とルールは大きく変わっていない。

  • 現時点で、大会の予選などに使われることは限定戦同様。
  • 2015年の公式大会「デュエルマ☆スターカップ」から、「店舗予選」から「エリア代表決定戦」までがブロック構築戦となる。それ以前は、「店舗予選」と「日本一決定戦」が通常の殿堂レギュレーションで行われ、限定構築戦となっていたのは「エリア代表決定戦」のみだった。
  • 革命編から新章デュエル・マスターズまでその年のシリーズ(1ブロック)で行われていたが使えるパックに差がある事、新章時の振るわないパック販売へのテコ入れとして双極篇からはその年と1年前のシリーズが使える2ブロック制に変更されることになった。(Magic:The Gatheringにおけるスタンダードに近い)
  • ブロック構築においてローテーションによりカードが使用できなくなる事を「ブロック落ち」と呼ぶ。「スタン落ち」と同義であるが、デュエル・マスターズにおいては基本的にすべてのカードが使用できるアドバンス(旧称:殿堂レギュレーション)、オリジナルが一般的である為「ブロック落ちによって価値が消滅する」といった事は少ない。
    • しかし、ブロック構築も年々需要が高まってきており、アドバンス、オリジナルではイマイチだが、ブロック構築では強力なカードはあるため、今後ブロック落ちによって価値が一気になくなるという事態は増えていくことは否定できない。
  • 古いカードが使えなくなるフォーマットはデュエプレでもNew Divisionとして実装される。

ブロック構築一覧 [編集]

+  革命編ブロック構築-DMR-17 「革命編 第1章 燃えろドギラゴン!!」
+  革命ファイナルブロック構築-DMR-21 「革命ファイナル 第1章 ハムカツ団とドギラゴン剣」
+  新章デュエル・マスターズ・双極篇ブロック構築-DMRP-01 「デュエル・マスターズ 新1弾 ジョーカーズ参上!!」
+  双極篇・超天篇ブロック構築-DMRP-01 「デュエル・マスターズ 新1弾 ジョーカーズ参上!!」

参考 [編集]