ボスバトル [編集]

デュエル・マスターズ プレイスに登場するゲームモードの1つ。2020年6月11日から実装された。
自分を含め最大3人でチームを組み、強力なボスに立ち向かう。
ボスのシールドをブレイクする度にボスポイントが加算され、その数に応じて報酬が貰える。

このモードの戦闘BGMは「t+pazolite」氏の書き下ろしである[1]

PLAY'S ARENA「切札勝舞杯」(2021年2月25日)が登場した際、「ボスバトル」と置き換わるようにボタンが配置されたため、本モードは廃止されたと思われる。

各仕様について [編集]

ゲーム [編集]

  • 3対1という構図だがいわゆる多人数戦ではなく、それぞれのプレイヤーがボスと1対1で戦い、誰かがボスにダイレクトアタックを成立させることで勝利となる。
  • ボスのシールド数以外の戦況は同期されていない。つまり、他のプレイヤーのクリーチャーをパンプアップしたり、他のプレイヤーが引き当てたボスのS・トリガーで自分のクリーチャーが破壊されたりする事はない。他のプレイヤーがブレイクしたシールドは、リアルタイムではなくターン終了時にまとめて反映される。
  • チームで勝利することができても、自分のブレイク[2]した枚数が2つ以下の場合、ボスポイントは獲得できない。
  • 先攻は必ずボスとなる。
  • ボスのマナは1ターン目から全色解放されている。色事故を起こしている内に体勢を整えるという事はできない。

ボス [編集]

  • ボスキャラクターはボスバトルのために用意された専用カードのみを使用し、その内訳は「ボスデッキ専用カード」と「ボスシールド専用カード」の2種類で完全に分かれている。恐らく、扱い的には「山札とは別にシールド用のデッキが存在し、そこから20枚をランダムに選び出してシールドとして使っている」という感じなのだろう。

実施されたボスバトル [編集]

第1回 (2020/6/11 - 2020/6/17) [編集]

ボスキャラクターはボルシャック・マハラジャ・ドラゴン
ゴールドやパックチケット、DMポイントのほかプレミアム版《時空の守護者ジル・ワーカ》が報酬に設定された。
ボスポイントを100000まで溜めた際の報酬は、称号「水無月ドラゴンブレイカー[3]
使用するボスバトル限定カード、プレイング論については下記参照。

+  当時の攻略情報

第2回 (2020/7/2 - 2020/7/8) [編集]

前回との変更点は、報酬がDMPP-04のパックチケット、プレミアム版《ピーカプのドライバー》、称号が「文月のドラゴンブレイカー」に変更された。また、《アクア・パリン》の効果でDMPP-04のカードも出るようになっている。

+  当時の攻略情報

参考 [編集]