ランダム [編集]

ゲームオリジナルカードのいくつかで使用されている処理のこと。「無作為」を意味する。(「無造作」ではないので注意)

数字がランダムで選ばれる、場のカードがランダムで選ばれるなど形式は様々。
実際のカードでは処理が面倒なものが多いのでゲームオリジナルらしい効果といえる。

  • 一応、実際のデュエル・マスターズでも「ジャンケン」というランダム要素をもたらすルールがあるが、このカード中の「ランダムに」というのはルールの処理をコンピュータが行ってくれるゲームならではの方式と言える。
    • ドギラゴン・ガチャドキンダム・ガチャもランダム要素をもたらす小道具である。
    • 実際のカードでこの処理をおこうなう場合、ランダムディスカードの要領で、選ぶカードをすべて裏向きにし、シャッフルした後にそこからカードを選ぶ方法をとれば、この効果の処理も可能。
      ただ、どのカードがタップ状態であったか、どちらのプレイヤーのカードだったかなど、さまざまな混乱が起こるのは想像に難くない。また、《ゲットのスリング》《無規律の超人》など、一部のランダム効果はこの方法でも決定できない。

参考 [編集]