ワンショット [編集]

相手のシールドを1つもブレイクしていない状態から1ターン中に全てブレイクすること。また、そのターンにダイレクトアタックで勝利する戦術を指す。
ワンショットからゲームに勝利することは「ワンショットキル」と呼ばれることが多い。

ブレイクしたシールド手札になることを考えると、その手札を使う手番を与えないワンショットキルは理にかなった戦術といえる。

  • このWikiでは、初版で利用されていたページ名が「1ショットキル」であり、その名残で数字表記されていることが根付いているが、ネット界隈ではカタカナ表記の「ワンショットキル」が一般的である。
    • キーボードで入力する際、五十音のみで書き込むのと数字を含んで書き込むのとでは前者のほうが手間が少ないためだと考えられる。
  • しばし即死コンボと混同されやすいが、ワンショットキルは「1ターンで全てのシールドをブレイクして勝利する」という意味であり、決め手は基本的に攻撃ダイレクトアタックなので妨害される可能性がある。それに対し即死コンボはあくまで「ほとんど相手の状況に左右されず、ある手が揃ったら即勝てる」ものを指す。
  • 誤用だが、ワンショットキルを「1ターンキル」と表現されることもある。1ターンキルは「1ターン目に勝利する」意味を持つ。
  • 打点丁度で殴り切って勝利することを「ジャストキル」または「ジャスキル」(just kill)と表現することもある。
  • ブレイクを受けて手札が増えることで戦術の幅が広がるのもデュエマに対戦ゲームとしての性質をもたらす要因となる。その点、相手に増えた手札を使うタイミングを与えないワンショットは、余りに蔓延するとループ程ではないが対戦ゲームの性質を損なう側面があると言える。実際のところ十王篇で公式は「『原点であるお互いのシールドをめぐる攻防』を目指す」と表明していた。

実際のゲームでは [編集]

黎明期では、序盤からシールドを積極的に割りに行くビートダウンが主体の環境でまず起こらなかった。
聖拳編《無双竜機ボルバルザーク》が登場すると、(厳密にはワンショットではなくターンを跨ぐが)【ボルバルブルー】のような事実上のワンショットデッキ(というより《無双竜機ボルバルザーク》特殊敗北デメリットから、使った側がワンショットを強要される)が成立。以降も強力なワンショットキルデッキ環境に現れては殿堂入りで弱体化・消滅を余儀なくされていった。

しかしカードプールの増大に伴い、特に革命編以降は【モルト NEXT】【赤黒ドギラゴン剣】【ジョット・ガン・ジョラゴン】といった容易に即死打点を揃える(またはダイレクトアタックまで持っていく)ことを主軸とした中速のデッキタイプが環境に入ってくることが急激に増加した。

対戦では当然相手も自分のクリーチャー除去するなどの妨害を挟むため、かつては、少しずつシールドを割りに行くしかないことが多いのが実情であった。
だが、環境が変化するにつれ1枚程度のS・トリガーでは止まらないほどクリーチャーを展開したり、そもそも相手の行動を封じて反撃をさせないカードを使ったりとビートダウンコントロール問わず安定したワンショットキルが実現できるようになった。

ワンショットキルを狙うデッキの例 [編集]

参考 [編集]