不亞(ふあ) (ゆう) [編集]

漫画「デュエル・マスターズ」の登場人物。ザキラの妹で、バケツマンの恋人。
CV:西村ちなみ
兄に似た癖の強い髪をツインテールにくくっているのが特徴。

初登場となったデュエル・マスターズ バトルアリーナ(日本大会)編においては、(全方位カードファイルVoi.1らしき)本で常に顔を隠し、時折本の向こうから不気味な目を覗かせる、という謎めいたキャラクターだった。
しかし話が進むにつれて牛次郎を「ダーリン」と呼び、サバイバーデッキ及び《シータ・トゥレイト》を与え、自らの計画(バケツマンの所有する《ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン》の奪取)のために利用し、大会の裏でジョージユーキからカードを奪ったり、黒城を倒したりと暗躍が判明。 計画遂行の上で邪魔が生じると、本から血走った眼を覗かせながらヒステリックな態度を見せる事もあった。
また、天井に逆さまに立つ、金縛りをかける、催眠をかける、足元の空間を操作して落とし穴を即座に作成する、強力な衝撃波を発生させる、髪の毛を操って縛り上げる、観客のカードを念力で奪う、呪いの様に長時間苦しめる等の超能力らしき力も使用したかと思えば、勝舞戦ではカードを細切れにしたり、投げてモニターに突き刺したりといった剣技も披露した。

実際は非情な兄に似つかない心優しい少女であり、後にこれらの行動はザキラ達に騙され、カードの覚醒という目的遂行のために悪魔になりきった故の行動であったと判明する。
大会を潰しにかかったり、黒城を襲撃したりしたのは牛次郎が誘いをかけた事もあった模様。
大会後は兄と袂を分かち、バケツマンとも復縁。不亞家に伝わる《ミラフォース・ドラゴン》を勝舞に託し、旅立ちを見送った。
「ガルド」の一員として悪事を働いたことに負い目を感じていたが、カードを勝舞に渡したことはすでに知られており、Dr.ルート達からも仲間として迎えられた。

デッキタイプは一定しない。逆に一戦ごとにコンセプトがガラリと変わるのが特徴とも言える。
バケツマン戦ではブロッカーを並べつつ《聖騎士サーベルフィーリ》を置いたり、《ホーリー・メール》《深緑の魔方陣》シールドを操作したりと、コントロールを地で行く白緑デッキ。S・トリガーを好むように見えるのは、バケツマンの《ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン》を誘い、奪うためだったが、看破されたのかサレンダーされてしまった。

ジョージ戦では《クリスタル・ジャベリン》フィニッシャーに据えたジョージの青単デッキを、《バースト・ショット》とユーキから奪い取った《銀界の守護者ル・ギラ・レシール》を含む光のクリーチャーで制圧する白赤デッキで制した。

勝舞戦では、打って変わって《奇襲兵ブルレイザー》などドラゴノイドを主軸に据えた【速攻】戦術に、《デーモン・ハンド》《バースト・ショット》などの強力なS・トリガーを満載した黒赤デッキを使用。 速攻とは言ったが《恐怖の影スクリーム・アサシン》《ボルシャック・ドラゴン》《超神龍アブゾ・ドルバ》などの重いカードも使っている。
当時の切札《超神龍アブゾ・ドルバ》。後のデュエルでは《超神龍ブラムグレール》《勇猛機動ライオン・アームズ》などを使用している。

アニメ「チャージ」では《超神龍アブゾ・ドルバ》に加え、《蛇魂王ナーガ》を切り札としたキマイラ/マーフォークデッキを使用。
アニメ「クロス」では俗にいうマッドネスデッキや、サムライナイトを中心としたデッキを使用している。

ゲームでもGBA版の2以降で登場。
どの作品でも後半で登場するキャラなだけあり強敵だが、特にGBA2では当時の環境において最強格のデッキと思われる【リーフ青単】をほぼ完全再現しており、他のNPCと比較しても構築力が群を抜いている。

関連カード [編集]

参考 [編集]